セン南校大解剖:グループ長会議 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2017年 1月 24日 セン南校大解剖:グループ長会議

こんにちは羽地です!
今日は湘南藤沢市民マラソン大会に参加してきました!筋肉痛が”尋常じゃない”です。江ノ島が舞台で、規模は1万人くらいでした。ゲストにつるの剛士が来てました!!
印象は、1に金髪、2にワックス。3にワックスです。
受験生にとって英語は1に単語、2に単語、3に単語です。(何いきなりぶっこんでんだよ)

受験生時代、英語に自信があったけど、今思えば語彙力で他の受験生に負けないと思ってたからです。
語彙力 leads to your confidence!

ってつるの剛士も言ってました。 

「単語や熟語を覚える」っていうのは受験終わるまでずっと続く作業って思ってほしいです!!

さて今回のテーマは
グループ長会議
です!! 

セン南校大解剖ということで、センター南駅前校をまだ完全に知っていないんじゃないか?!!という仮説から、

新高校2年生や新高校3年生にむけてセン南校のことを存分に知ってもらおうという企画です。

まずグループ長会議というのは、東進ハイスクール全87校舎で行なわれている会議なんです。
セン南校では、「2014年12月28日」から始まりました。約2年前ですね〜。現担任助手である平田担任助手長久保担任助手も元グループ長会議参加者です。
じゃあ実際にどんなことすんねん!!っていう話ですが、簡潔に言います。

グループ長会議を通して
1グループ長は「”勉強”の基準が高くなる。努力の天井が上がる。
2グループ長は「将来を見据えたリーダーシップ的能力が身につく。

ということです!! 僕は一応グループ長会議を担当しているんで、伝えられる限り魅力を伝えていきますね(笑)

ちなみに!他にグループ長会議を担当している担任助手は、橋本啓汰さん(横浜国立大学)、石栄智貴(東京工業大学)、挾間彬(慶應義塾大学)です。この4人が、「大学で学んだ知識」「読書によって得た知識」「受験を通して得た知見」をグループ長におしみもなく与えます。

しかし、これだけではない!
グループ長会議に参加する生徒は「有志」であるため、「成績を上げたい」「モチベーションを上げたい」「新たな視点を持てるようになりたい」という”向上心の高い生徒”が集まります。
そして、Discussionなどを通して、意見をぶつけ合うのです。 何が言いたいのかというと、「僕らの発信だけじゃない。なんならグループ長会議は生徒が主役である。」ということです!
生徒to生徒の情報発信は、僕らの発信の威力を超えます。圧倒的に。それをつくづくと感じさせられます。
 

グループ長会議、もっと知りたいよ〜〜〜!(歌のお姉さんvoice)って方、上記の3人もしくは僕に話を聞きに来てください!有志っていうことを僕らは大事にしているので、無理に入らせようとはしませんので!
 

 最後にグループ長会議開催日時をお伝えします!

[ 毎月第一土曜日・第三土曜日、20:30〜 ]

です!お待ちしております^ー^

慶應義塾大学環境情報学部1年羽地孝介 

最新記事一覧

過去の記事