受験校の絞り方 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2016年 11月 21日 受験校の絞り方

 

こんにちは‼石栄です。

皆さん受験校どこを受けようか決まりましたか?
どうしようか悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

今日は受験校の絞り方についてお話ししたいと思います。

 

①受験する大学って大体どれくらい?

自分の現状の学力よりもやや上位。第一志望校と同等レベルの大学・学部 4校程度
現状の学力でほぼ合格できるレベルの大学 3校程度
トラブルがない限り合格確実なレベルの安全な大学 2校程度
これに併せてセンター利用入試を活用

このようになってます。私立、国立、理系、文系あと学部によっても具体的な数字は変わっていきますが、基本的に難しいものほど多く受けます。

難しいところを多く受けるの?って思う人もいると思います。
これは第一志望と同等レベルの受験を増やすことで第一志望合格の可能性が高まるからです。
受験は1点を争う戦いです。
同じレベルの受験生が受け、わずかな差で合格不合格が決まるので多く受験した方が合格しやすいです。

 

②大学の日程は?

易しい大学から受験して合格をはじめにとりましょう。

入試の最初に合格をとることで心の余裕ができ、この後の受験の自信につながります。
自分も最初に合格をしたことで今後の受験の自信になっていきました‼

合格発表日をよく確認しておきましょう。

 

③特に受けた方がいいところは?

第一志望校の他学部を複数受験しましょう。

他学部の受験を通して、適応する力が付きます。
受験期間でも学力を上げるチャンスにもなります。

他学部でうけた問題が類題となって本命の学部で出たり、でなかったり・・・

国立のひとも、同じレベルの大学で受けた問題が出てきたなんてこともあるので受けた方がいいです。
東京工業大学の英語の長文が、早稲田のどこかの学部ででたとかあります。
話聞いて受けとけばよかったってめっちゃ後悔しました。

 

いろいろならべてきましたが、あくまで例です。

皆さん一人一人に受け方があると思います。

もしどうしようか困ったらご両親や担任助手に相談しましょう‼
待ってます‼

 

 東京工業大学第2類学部1年 石栄智貴

 

********************************
東進ハイスクールセンター南駅前校では、 随時体験授業や入学申込を受付中です!
校舎の熱い雰囲気と頑張れる環境を体験しに来てください!
スタッフ一同お待ちしています!!
********************************



 

 

 

最新記事一覧

過去の記事