国公立を受ける君たちへ② | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2018年 2月 24日 国公立を受ける君たちへ②

もうすぐ大学3年生になってしまうことに驚きと焦りを感じています、小山田ですこんにちは。

時の流れって早すぎますよね、、、
1日30時間だったらもっといろいろできるのにな〜って思ったりもするけど、24時間だからこそ大事に過ごそうって思うのかなって。

国公立大学受験生のみなさん、試験が明日に迫ってきました。残りの時間どうやって過ごしますか?過去問を見直す?苦手な分野の問題を解く?たぶんみんなそれぞれがやったらいいって思うことをやればいいと思う。きっと間違ったことじゃないし。あと少しの時間、有意義に過ごしてほしいです。

 

今回はわたしの受験期のことを書こうと思います。(長くなっちゃうけど読んでね)
わたしは受験生のとき、国立大学志望でした。ですが今は私立大学に通ってる、つまり国立大学はダメだったんです。今でも合格発表の日のことを考えると胸がそわそわするし、目頭が熱くなります。もう少し早く受験勉強始めていたらよかった、試験開始前に問題集のあのページを見直せばよかった、いろいろと考え出したらキリがないです。

合格発表の日は自分の部屋でめちゃくちゃ泣きました。だって本番はいつもよりできた気がしてたし、その受験のためにやるべきことをやったと思っていたから。だからこそ本当に悔しかった。しかも次の日の得点開示を見たら、合格最低点とほんの数点しか変わらなくてますます悔しくなった。
受験って本当にシビアな世界だなぁって。負けたらこんなに悔しいものなんだなぁって。

周りの友達が始めているから自分も始めた受験勉強は、時には辛いものだったけれど、夢に近付く確実な歩みなんだと知らぬ間にそう思えていたから頑張れていたんだなって。
確実に歩んできたはずの道だったのに、目標に向かって努力を一日も欠かさなかったのに、あぁ私は辿り着けなかったんだ、そう思ったら涙を流すことしかできなかった。

 

でもわたしは後悔してません。もちろんさっき書いたように受験勉強をもう少し早く始めればよかったとかは思うけど、そういう後悔じゃなくて自分の努力に対する後悔はしてないってこと。
受験までにやらなきゃいけないって思ってたことはやり切ったし、プラスαでやり遂げたこともあったし、妥協することなく頑張れたし。

今は、国公立受験を経験できてよかったって心から思っています。受験科目数が多くて辛い時もあったけど、その辛さを乗り越える強さを身につけられた。どうして自分がその大学を目指したいのか、自分の将来について考える時間を取れた。

明日に受験を控えているみんなにも、挑戦してよかった、そう思えるような受験であってほしい。もちろん合格するに越したことはないし、私自身みんなに合格を勝ち取ってきてほしいって思ってます。でもそれと同時に、最後まで後悔のない受験であってほしいって思います。

今までの自分の努力を思い出してみてください。第一志望校への思いをもう一度考えてみてください。みんなは今日までがんばってきた、きっとやり切れる。後悔のない受験をできる。そう信じてます。
全力で!!やりきってこい!!!!

 

東京理科大学薬学部2年 小山田有沙

*************************************
まだ東進に通っていないキミ!
現在、東進ハイスクール センター南駅前校では、新年度特別招待講習のお申し込みを受け付けております!
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みはHPトップの画像をクリック!

 **************************************