国公立理系ラストスパート | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2017年 2月 23日 国公立理系ラストスパート

こんにちは~~この間風が強くて飛ばされかけました、小山田です。
最近生ぬるい風が吹くことが多いですよね。中途半端な気候が早く終わって暖かい春が来てくれないかな~ってすごく思います。

さてさて今日を入れてあと3日で国公立の前期試験ですね、、
もう2月も終わってしまうのか、とびっくりです。
国公立試験を受ける受験生のみなさんはいよいよですね!第一志望だという人がほとんどでしょう。
緊張してますか?それともあと少しだという実感がわいてないですか?
周りの受験終了ムードに少しイラついたり、、、なんていうことも少なくないと思います。

1年前、私もいろいろな感情を抱えていました。
私立の試験を2月19日に終え、国公立の試験まで1週間、高校の友達や東進での周りの受験生の多くがもうすでに受験を終えている中、自分はひたすら東進のスーパー自習室で勉強、勉強、勉強の日々。
家にこもって勉強しているわけではなかったから孤独感はあまり無かったけれど、
1日1日が過ぎていくたびに緊張が高まり、不安も高まり、みんなそれぞれだとは分かっていながらも周りの受験終了ムードにちょっと羨望の目を向けたりイラついたり、、、
それに、受かるだろうと思っていた試験の不合格通知に人生で一番落ち込んだり、、、、
なんだか心の中がせわしなかった気がします。

結果を言うと、私は第一志望だった大学には行けませんでした。
でもその年の1月の冠模試でさえ全然と言っていいほど合格ラインに振るわなかった成績が、本番では合格最低点まであとほんの数点の結果までになりました。
そう、成績は最後の最後まで伸びるのです。努力は実るのです。
特に数学。数学はやっただけ伸びると思う。私は最後の一週間、苦手な数学をなんとかしたいという一心で演習しまくって、過去問解きまくって、本番では目標点を取れました。
ただひとつ数学に関してすごく悔やまれることは、他の大学の試験で出た問題の解き直しをしなかったこと。
解けなかった問題と向き合いたくなくて解き直しをしなかったら、その問題が第一志望校でも出題されてしまい、案の定解けませんでした。
あのとき解き直しをしていたら、、もう一度あの瞬間に戻れれば、、今でもたまにそうやって思うことがあるけど、タラレバを並べたって何も始まらない。私は自分で選んだ道を後悔してません。部分部分では後悔があるけれど全体を通して後悔の無い受験をしたから。
みんなにも後悔のない受験をしてほしい。最後までやり抜いてほしい。

理系のみんな!最後まで数学を諦めちゃダメだよ!!!たとえ苦手でも!!
もう一度無機化学の暗記を確認すること!生物の記述練習すること!物理の苦手な分野や公式を見直すこと!!
やっただけ伸びます!自分との戦いに勝とう!
東大理Ⅰ、東工大4,5,7類、北大理系、東北大理、名大工、横国理工。
担当生徒のみんな、最後まで応援してます。
東進に通う国公立志望のみんな、校舎からエールを送ります。ラストスパートがんばろう。
東京理科大学薬学部1年 小山田有沙
********************************
東進ハイスクールセンター南駅前校では、 随時体験授業や入学申込を受付中です!
校舎の熱い雰囲気と頑張れる環境を体験しに来てください!
スタッフ一同お待ちしています!!
********************************


 

最新記事一覧

過去の記事