国公立文系ラストスパート | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2017年 2月 24日 国公立文系ラストスパート

こんにちは!前回からあまり期間開けずの登場です担任助手一年の佐伯と申しますこんにちは。

いま、けっこうしんみりしてます。懐古してます。明日明後日はもう国公立の受験日なんですね。
僕が東大を受験したのも一年前らしい笑

すこし、一年前の受験期の思い出話をさせてください。

受験生活を振り返ってどうだった?、とよく聞かれます。それに簡単に答えるなら僕は、楽しかった、になります。それは結果がうまくいったゆえの結果論だろ、って大体返されます笑。もちろん、成績が伸び悩んだ時期だって、それだけじゃなくて勉強はしているはずなのに成績が落ちていった時期だって、たくさんありました。ありましたけど、そうやって試行錯誤しながら、周りと競ったりもしながら、がむしゃらに勉強していた生活はある意味楽しかったです。

ただ、仮に他のすべての時期を楽しかった、でまとめることが出来るとしても、一つだけ、楽しかった、とは言えない時期がありました。

それが、この時期、です。

国公立志望の受験生なら頷いてくれる人も多少はいるんじゃないかな。というか、これ国公立志望の受験生向けに書いてます。

併願校である私立の受験もほぼ終わり、残すは国公立本番のみ。私立の結果はまだ出ていなくて、センター利用とかを取っていなければまだ一つも合格大学がない、なんて人も少なくはないのかなと思います。だんだんと周りの受験生は受験が終わって、校舎で勉強している同期の数も減っていく。いつのまにか、春めいた暖かい日も交じるようになってくる。そんな中、毎日毎日朝から夜まで受験勉強。ひたすら過去問を解いたり解きなおしたりいままで散々やってきた参考書や問題集を見直したりする日々。春や夏の頃のような目に見えて何かが新しく出来るようになるという成長は感じにくい。ひたすら自分の苦手なところを見つけては地道に潰していく。そんなことの繰り返し。

自分自身との孤独な闘い。この時期、みんなが向き合っているのはきっとこれだと思います。

僕も同じだった、と思います。ただ僕の場合は少し特殊かもしれません。2月に入ってから、慶應商学部の受験をしに行く以外、あまり外に出ず校舎にも行かず家にこもって朝から晩まで勉強したっていうのもあって、ほんとに、朝早く起きて勉強してご飯食べて寝て、の単調な繰り返し。他人と会話する機会もあまりなかったです。

辛いかもしれません。でも、これに耐えてこそだよね、と思います。

いままで、レベルのとても高い国公立大学を目指して、他人の何倍もの想いを秘めて他人の何倍もの努力をしてきたのなら、ここから残り数日、いま自分が自分に出来ると考えている限界の何倍もの努力をしてみてほしいと思います。ここで失速したら過去の自分が報われなくないですか?過去の自分は、受験直前期の自分が不安に押しつぶされてしまうような状況を思い描いていましたか?

自分を超える。この時期、みんなが成し遂げるべきなのはきっとこれだと思います。

正真正銘のラストスパートを見せてほしいと思います。きっと、次に繋がります。

っていう、精神論をつらつらと書かせてもらいました笑。まぁ口で言うのは誰だって言えるんです。でもみんななら行動で示してくれるんじゃないかなぁ、って思ったり。
タイトルにあるように文系向けの内容にしようかと思っていたんですけど、気づいたら違ってました笑。

僕がいま担当させてもらっている受験生の生徒はみんな国公立文系志望です。ちょっと、文系向け感出します。

東大文Ⅲ、一橋商、一橋社会、京大教育、阪大法、必ず受かってこい!!

以上です。

東京大学文科三類一年 佐伯康太

 

最新記事一覧

過去の記事