大学の、その先へ | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2018年 2月 22日 大学の、その先へ

みなさーん!つい昨日インドネシアより帰国しました鈴木優花です(`・ω・´)シャキーン

これはインドネシアで実際にプロジェクトを行っている様子!たくさんの子どもたちが話を聴いてくれてます!

さて、私はどこにいるでしょーか!

こっこでーす!ここ、ここー!!黄色のTシャツを着ているのが私です!

3度目のインドネシアは、今までよりちょっと違った渡航になりました。

それはコミュニケーション!

受験生時代、英語が足を引っ張りまくっていた私にとって、英会話なんぞ以ての外。湿疹でちゃう。。。は言いすぎですけど、英語への恐れは大きいのです。

とはいえ!!!今は小学生から英語を学ぶ時代。大学受験も次の高校1年生から4技能が求められるそうで・・・。時代も変わっていきますね。
ゆとりだなんて言われて、こいつ英語も出来ないのかよ、なんて後輩に思われたらやだ!!!
私も英語出来るようになりたい!!!

というわけで、大学に入ってからも英語の勉強を続けています。
その甲斐あって、TOEICも点数上昇!!まだまだ足りないですが、頑張ります!

話は戻ってインドネシアですが、スラスラ英語が話せることも大事なのですが、インドネシアの経験で学んだのは「伝えたい気持ち」が大事だということ。
そう、ノンバーバルコミュニケーションです。

ノンバーバルコミュニケーションとは、
「表情」「声」「行動」などの情報を用いた方法で、相手の気持ちを「目で見る」「耳で聞く」「体で感じる」という、人間の五感を多用したコミュニケーション方法です。

メラビアンの法則によると、
   視覚情報…見た目、身だしなみ、表情(視線)など…55%
   聴覚情報…声の質・大きさ・速さ(テンポ)…38%
   言語情報…話す言葉そのものの意味…7%
とあるように、言語による情報は1割にも満たないのです。

だから、たとえ英語が苦手でも、ジェスチャーとか、表情とか、話のテンポを工夫するだけで全然伝わります。

でもこれをいきなりやれったってすぐには出来ません。

何度も挑戦することが大事なのです。

私は3回インドネシアに行って挑戦することでやっと手応えを掴めるようになってきました。

さて、大学受験を終えたみなさん、もうすぐで終わりそうなみなさん。

今身についてる英語力、放っておいたらもったいなくないですか?

是非その力をもっともっと、大学のその先へ向けて、伸ばしていきませんか?

世界に羽ばたき活躍する人財になるためには、大学4年間の過ごし方がとっても重要です。

それは英語だけの話ではなく、他にも様々な要素があります。

是非、受験後の担当の先生との総括面談で大学のその先の話をしてみてください!

*********************

東進ハイスクールでは、卒業したみんなにむけて、様々なイベントが開かれています!

①ビジネススクール招待講習2018
日時:2/13(火)~3/23(金)の平日11:00~13:00または15:00~17:00
場所:ナガセ西新宿ビル
内容:ビジネス英語を無料で体験できる唯一のチャンス!ビジネス英語は今様々な企業で活用されていたり、TOEICの得点アップやスピーキング力アップの実績を残してきたり、受験を終えたみんなにとってとっても有用なツールです。授業を受けるだけではなく、実際にスカイプで英会話をすることもできるので、とっても効率的に学習することが出来ます!

 

②安河内先生ビジネス英語特別セミナー
日時:2/25(日)14:00~16:00、3/18(日)14:00~16:00
会場:ナガセ西新宿ビル
内容:英語での発信力を高める方法や、大学生活をより有意義に過ごすコツを安河内先生が伝授してくださいます!毎年参加者からは「英語を話せるよになりたいと思った!」「先生から気合をもらってやる気がでた!」「純粋に楽しい」などの感想があり、たくさんの先輩たちがここから新たな目標に向かって努力を続けています!

③クラス分けテスト対策会
日時:3/5(月)~3/11(日)14:00~16:00、18:00~20:00
内容:ほとんどの大学で入学時に行われる、英語のクラス分けテスト。スタートは肝心です。みなさん対策は十分ですか?ここでは初めに1時間模擬試験を解いて、その後その解説とアドバイスがあります。快調なスタートを切るために、ぜひ対策会に参加しましょう!!

 

様々なイベントがありますが、申し込みたい人はぜひ校舎でスタッフにお知らせください!!

受験後の担当の先生との総括面談でもお知らせしますので、わからないことがあれば聞いてください!

みなさんのお申込み、お待ちしています!

*********************

 

慶應義塾大学看護医療学部3年 鈴木優花