尻に火が付く2秒前 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2017年 11月 30日 尻に火が付く2秒前

こんにちは、いつでも気持ちはフレッシュ、ピチピチ担任助手2年生のフレ山ピチ太郎です。本名は佐伯康太です、東京大学に通う文系ですこんばんは。

明日から12月、高3生にとっては本番までの残り日数がついに逼迫した実感を伴ってくる、そして高12生にとっては新学年となり求められることも変わってくる、それらの厳しさを煽るように空気の冷たさも鋭くなってくる時期。今年の12月は去年より寒いらしい。師走というように、あれよあれよという間に来年です。

そんなある意味節目の時期である12月を目前に控え、

いったん立ち止まる

そんな話を、特に高12生に向けてしたいと思います。

 

最近ふとしたことから部屋のインテリアを凝りたいな、と考えだしました。だからちょくちょくインテリアショップとか雑貨屋とか家具屋とか行って、うわこれたっけぇぇえ、とかぐちぐち呟いたりしてます。
色々欲しいなと思うものもあるんですが、一つも買えないまま。あ、お金がないからとかそういう意味ではなくて、自分の中に確固としたイメージとか方向性がなかったんですよ、部屋に対する。だからなかなか手が出ない。そんな状態が続きました。

だから、めんどくさいけどやるしかない、と思ってちょうどここ数日自分の部屋の大掃除しました。そうすれば何か見えるかなと思ったのもありますし、身も蓋もないことを言えばシンプルに部屋が散らかってきてたのでそろそろ潮時かなと思ったから。なかなか腰が重い割に一度上げてしまえばのめり込むタイプなのか、掃除会社からスカウト来てもおかしくないくらいちゃんと掃除しました。軽めではありますが、いわゆる断捨離かもしれません、まぁ要らないものが出る出る、私唖然棒立ち困り顔。おかげさまで部屋はスッキリしました。

いや、別にそれしたくらいで部屋の方向性が閃くわけじゃなかったですよ?でもなんか気持ちはスッキリしましたし、何したいかも明確になってきました、皆さんもなんとなく経験はあるでしょう、それです。お財布片手に家具屋に行く日も近い。

夢物語ばっか語るんじゃなくて、先が良く分からないまま目の前の物事に我武者羅に取り組むだけじゃなくて、たまにはいったん落ち着いて頭の中や身の回りを整理する、なんてのも大切かな、というわけです。

高12生なら学年が上がるということで、いろんな授業が増えたことでしょう。それをどうやってこなしていくのか、合格設計図に落とし込んでいく。週何コマ受ける、いつまでに受講修了する、その結果模試で何点取れるようになる!それを明確にするだけでも違います。でも何よりも僕が思うのは、せっかくの区切りです、ここでいったんなぜ自分は大学受験をするのかを問い直してほしい。そこに自分にとっての正義はあるかな。それを見つけ出してほしい。そういうことを考える時間が増えれば勉強する時間は減るけれど、整理された頭と心で踏み出す一歩は普段よりも大きいし、その方向にも自信が持てるし、力強さでは比べるまでもないでしょう。

だから、少し立ち止まろう。そして、走りだそう。

新学期へ向けての僕なりのエールです。

東京大学文科三類二年 佐伯康太

********************************
東進ハイスクールセンター南駅前校では、 只今冬期特別招待講習を実施しています!
12/10までのお申し込みで最大3講座無料で受講することができます!
スタッフ一同、みなさんのお申し込みをお待ちしております!
一緒に大学受験を乗り越えましょう!
気になる人は下↓のバナーをクリック!
********************************