慶應義塾大学ってどんなところ? | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2017年 3月 5日 慶應義塾大学ってどんなところ?

こんにちは!担任助手2年の石井です!

本日は私が通って2年になる慶應義塾大学を紹介したいと思います!

慶應の中でも1、2年生を日吉キャンパスで過ごすのが、法・経済・商・文・理工(文と理工は1年次のみ)学部です。

これらのどの学部も必修は決まっているものの、一般教養科目として、他学部の授業を受けることができます。

私は商学部ですが、今年は文学の授業を友達は法学の授業を受けていました。

近代思想史という授業は同じサークルの法・経済・文・商・理工の友達と受けていました!

それくらい学部間の垣根が低いというのが一つ慶應の特徴としてあげられると思います。

 

そして法・経済・商・文(文は2年次から)学部は3、4年生になると三田キャンパスになります。

私も4月から3年生になるので、順調にいけば(まだ成績が出ていないので確定ではありませんが)三田キャンパスに通うことになります。

 

三田はより専門的な研究ができる場所だというイメージがあります。

事実、法・経済・商学部は3年次より研究会(ゼミ)が始まります。(これまた結果がまだ出ていないのでわかりませんが)私も経営学・新制度派経済学を研究するゼミに行く予定です。

 

さて、話は変わって、慶應義塾大学に2年間通って思うことは、「慶應には優秀な人が多い」ということです。

将来を見据えていま自分が何をすべきなのかを考えて実行している人がたくさんいます。

慶應は就職予備校と呼ばれるほど就職に強いらしいのですが、在校生の自分でもそう呼ばれるのが分かる気がします。能力の高い人材が努力しているのです。

 

世間のイメージは、慶應はチャラいだとかお金持ちだとかそんな表面的なことしか捉えられていません。

みなさんがイメージしているよりも遥かに優秀で真面目な人材がたくさんいます。

 

慶應に進学が決定した高校3年生、慶應入学を目指す高校12年生。

慶應には優秀な人がたくさん集まっています。

 

大学でも友達と切磋琢磨して勉強していきたい人はぜひ目指してみてください!

 

慶應義塾大学商学部 2年 石井 諒


最新記事一覧

過去の記事