横浜国立大学ってどんなところ? | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2017年 3月 13日 横浜国立大学ってどんなところ?

こんにちは。担任助手1年の鈴木香瑠です。
この間、スナック菓子のカールを食べていたところ、なんとケロ太くんの形をしたカールが出てきました。
ネットによると、出現率は0.018%だそうです(◎o◎)
びっくりして、その日一日食べずに鑑賞していたら、翌日しけってしまいました。(笑)

そんなことはさておき、本日のテーマは「横浜国立大学ってどんなところ…?」です。
みなさんの中にも、志望している人は多いのではないでしょうか?横浜国立大学の特徴としては、大きく
学部改編
1つのキャンパス
自然が豊か

の3つがあります!それぞれ説明していきますね!

学部改編
横浜国立大学は、これまで教育人間科学部、経済学部、経営学部、理工学部の4つの学部がありました。
しかし、2017年度から、教育人間科学部が教育学部に変わり、新たに都市科学部が誕生します!!
詳しく言うと、教育人間科学部の中にある、人間文化課程が廃止となり、学校教育課程のみになります。つまり、教員になるための勉強に特化した学部に進化するのです。
そして、人文社会系と理工学部の環境・建築系を融合した、将来の社会構造を考えるための学部、都市科学部が誕生します。
どのような勉強をするのか、他学部ですがとても興味がありますね!
更に、経営学部、経済学部の中にある学科が変更し、それぞれ学科が一つになります。つまり、一つの分野について広く、深く勉強することができるようになるのです!
横浜国立大学のホームページに詳しく載っているので、ぜひ見てみて下さいね!

1つのキャンパス
横浜国立大学のキャンパスは、三ッ沢上町駅から20分ほど歩いたところにあります。
…これだけ。そう、キャンパスが1つしかないのです!
そのため、学部をまたいで授業を受けるときにキャンパスを移動することはありませんし、なにより一つのキャンパスに全学部生が揃うので、とても視野が広くなります。人脈の輪が大きくなるのも特徴の一つです。

自然が豊か
先ほど言ったように、横浜国立大学は三ッ沢上町駅から20分ほど歩いたところです。
ビルが沢山立つ横浜のど真ん中にはありません。(上京してくる子は、がっかりすることがたまにあります。笑)しかし、それゆえに自然がとても豊かです!学内のいたるところに木が茂っており、夏場は日影がすごく助かったりします。また、キャンパスの周りにも畑などが多く、都会感が全くありません。
私は志望校を決めた理由の半分をこれが占めています。とてものびのびと、リラックスできる大学だなと。実際、大学では何の負荷もなく勉強することができています!

このほかにもたくさん特徴があり、志望校の一つとしてとても胸を張ってオススメすることができる大学です!
5月に清凌祭、8月にオープンキャンパス、10月には常盤祭があるので、ぜひ雰囲気を感じに来てくださいね!

横浜国立大学教育人間科学部1年 鈴木香瑠

********************************
東進ハイスクールセンター南駅前校では、 随時体験授業や入学申込を受付中です!
校舎の熱い雰囲気と頑張れる環境を体験しに来てください!
スタッフ一同お待ちしています!!
********************************


最新記事一覧

過去の記事