理系の文系 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2017年 9月 4日 理系の文系

アンニョンハセヨ〜〜(^o^)韓国なうの小山田です!今日は韓国から東進ブログをお届けします!!

ブログの題名を見て「???」って思った人いるはず。そんな今日のテーマは、、

理系文系

リケジョの小山田による、文系科目を勉強している理系のみなさんのためのブログです。

 

理系選択にとって少し遠ざけがちな文系科目。みなさんはしっかり勉強できていますか?

センターまであと130日ほどとなりましたが、秋からはしばらく二次対策メインになります。国公立志望の人やセンター利用のために文系科目を使う人も、二次対策に入ると文系科目をないがしろにしがちです。二次対策ばかりしていて気付いたらセンター直前、なんてことよくあります。そんな状況は考えただけでも震えるくらい恐ろしい、、、

それを避けるために!!秋からも今まで同様文系科目の勉強をしなきゃいけないのです!

 

今回はわたしなりの文系科目の勉強法を書いていきたいと思います^^よかったら参考にしてください。

 

まずは国語

秋からはやはり英語と理系科目に力を入れたいですよね、なのでわたしは国語は1週間に一回だけ知識の確認でセンター過去問や大問別を解く時間を設けていました。

演習問題を解くのは1週間に一回ですが、古文単語や漢文の句法など暗記が大事なものは通学時間を使ってほぼ毎日やっていました。

この時期までに古文単語をかなり暗記できている人はその調子で今後も続けていけばいいですが、全然覚えられてないよ〜( ; ; )って人はある程度山を張ることも大切だとわたしは思います。

要するに、頻出単語や句法だけをやって、その代わり頻出のものはどういう風な活用になっていてもわかるように完璧にする、とか。

単語を覚えるときは、動詞の場合はその場で活用も一緒に覚えるべきです!!唱えながらやると覚えられますよ〜〜

現代文の勉強は難しいですよね〜´д` ; 現代文はとにかく大問別や過去問の量をこなすことが速読力や読解力に繋がると信じてやっていたので、1週間に一度の演習時間はかなり集中して臨んでいた気がします。

 

次は社会

ここで言うのもアレなのですが、、わたしは、社会に限っては正直最後の最後まで身を入れて勉強してませんでした……

12月の最終模試で50点も取れず、これはやばいなと思ってやっとしっかり時間を取って勉強し始めたんです。センター当日までの一ヶ月弱、めちゃくちゃ集中して社会の勉強をした結果、約50点くらいから約80点まで伸ばせました!!!!!!

この経験から理系のみなさんに何が言いたいかというとですね、前もってしっかり社会の勉強をしろってことです。

一ヶ月弱しか真面目にやらなかったわたしでも30点くらい伸ばせたってことは、コツコツやっている人ならもっと良い成績を期待できるってことです。

でも国語と同様に社会のために割ける時間は限られています。1週間に一度でもいいんです。社会科目と向き合う時間を定期的に設けることが大切だと思います。そしてその限られた時間でどれだけ覚えられるか。この時間内で絶対に覚えるんだ、という気持ちを持って勉強してください。

これは単なる自論なのですが、社会は演習やその復習を多くやるよりも教科書や参考書に触れる時間を多く取った方がいいですたぶん!!!わたしはその方が知識が定着しました!

 

ここまでかなり長くいろいろ書いてきました。秋からは二次対策に加えて、たまにセンター対策もしなければならないので夏よりもやることが多くなるかもしれません。

夏休み頑張りきれた人はこのまま秋冬も乗り越えられるはず。夏休み頑張りきれなかった人は今すぐ切り替えればまだ間に合うはず。

わたしはいつでも皆さんをサポートします!何かあれば相談しにきてください(^o^)

 

東京理科大学薬学部2年 小山田有沙

********************************
東進ハイスクールセンター南駅前校では、 随時体験授業や入学申込を受付中です!
校舎の熱い雰囲気と頑張れる環境を体験しに来てください!
スタッフ一同お待ちしています!!
********************************