シミュレーション | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2017年 12月 29日 シミュレーション

みなさんこんにちは!
絶賛冬休みの鈴木優花です(*’▽’)

2017年もあと2日で終わりですね。
みなさんの2017年はどんな1年でしたか?

 

私のこの1年はほんとに濃かった!!
2017年は今までの人生で一番将来のことを考えた気がします。来年の4月ごろには就職を希望する病院に履歴書などを送ったり面接をしたりするので、もうあと数ヶ月で自分の将来の働き場が決まります。病院のインターンに行ったり、将来のやりたいことに向けた活動を始めたり。当然授業や実習もあり、これまでよりも本格的になってそれもあって自分の興味のあることが見えてきたような気がします。

 

受験じゃ人生決まらないって言われるけど、私の場合第一志望に落ちて縁あって今の進路になったわけで、受験によって人生の方向は変わったような気がしますね。
センターまであと15日。国公立勢にとっては第一志望の試験同然の重要極まりない試験ですよね。私立勢にとっても、その後の私大の試験にどう向かうかが変わるわけだから同じく重要ですね。

私は第一志望は国公立だったので、センターへの緊張感は半端なかった…。私のセンター当日ストーリーは小説書けるかもしれないですね。冗談です。けど、センターの前にはこの話を披露したいなと思うので、また今度書きますね。

そんなセンターですが、みなさん当日ってどんなスケジュールか知っていますか?

知っとるわい!

そんな声が聞こえてくるような気がしますが(笑)
詳しい時間割などは自分で調べてもらいたいのですが、センター当日が模試と大きく違うのは、各科目の試験間に50分ほどの時間があること。模試よりは余裕もって問題冊子などの配布がされるので、50分丸々空き時間なわけではありませんが、少なくとも30分はあると考えていいと思います。

さぁ、みなさんはこの30分をどう過ごしますか?

想像してください。同じ学校の子もいれば、違う学校の全く知らない人もいるその空間を。

私が試験を受けたその教室には、40名ほどの受験生がいました。地歴公民が終わった空き時間、私は次の国語に向けて、古文単語の勉強をしていました。しかしそのわきで5人ほどの女子たちが、試験の講評をしだしました。
「あれなんて答えたー?」「私○○ー」「えー、それ違くない?」
ドキッとしました。だってその「○○」は私と同じ答えだったから。ちょっと心配な設問だったから、「落としてしまった。どうしよう。」そんな気持ちになりました。

その30分の時間の使い方は人それぞれです。上のように終わった試験の話をする人もいれば、私みたいに次の試験の勉強をする人、寝て過ごす人、いろんな人がいます。次の試験の勉強をするといっても、そんな直前の30分、やっている勉強は十人十色。

みんなはどうやって30分を過ごしますか?どんな過ごし方が自分に合っているでしょう。勉強して過ごすのであれば、どんな勉強をしますか?

みんなにぜひやってほしい。2日間かけて、センターとまったく同じ時間割で、シミュレーションしてほしい。

空き時間をどう使うか、試験の順番、朝の集中力と夕方の集中力。そのシミュレーションから感じることはいっぱいあるはずです。
それをセンター本番で初めて感じるのでは修正することもできません。

私は1週間前の土日にシミュレーションをしていたから、周りが試験の講評をしていて焦る気持ちもあるけれど、自分は自分と、シミュレーションと同じ30分の過ごし方を実践して気持ちを落ち着かせました。

 

本番、予想外のことは起きるでしょう。それに動じないようにといっても無理な範囲もあるかもしれない。けど、試験の会場で自分を信じられるかどうか、これは大きな差になると思います。
自分の決まったルーティーンというのは不安を和らげてくれるのと同じように、シミュレーションと同じことをすることだけでも不安を解消してくれるはずです。

残り15日、過ごし方を工夫して、濃い15日にしてください。

不安なこと、相談等々、いつでも待ってます。一緒に頑張りましょう!

 

慶應義塾看護医療学部3年 鈴木優花

*************************************
まだ東進に通っていないキミ!📢
ただ今センター試験同日体験受験のお申し込みを受け付けております!
今日のブログで書きましたが、シミュレーションはとっても大事。
1年ないし2年前に本番と同じ試験を同じ日に体験できるなんてこんな機会年に1度!
受験料はなんと無料!!申し込むしかない!!!
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
**************************************