おすすめの先生紹介〜物理編〜 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2020年 7月 7日 おすすめの先生紹介〜物理編〜

こんにちは、三好です。

僕、実は理系なんですけど、最近日本史の勉強を始めました。

といっても本当に最近です。

今古墳時代の勉強をしているくらいには最近です。

受験当時は歴史なんて理系からしたら遠い科目だと思ってたんですけど、意外とやってみて面白かったし、文系っていう選択肢もありだったなぁと感じています。

まあ、受験当時は物理に面白さを感じてたので、理系じゃなくなるなんてことはないと思うんですけどね。

 

さて、今日はその物理についてです。

昨日一昨日あたりでいろんな担任助手の方が英語や数学のおすすめの講座について話してくれてるかと思います。

ということで、僕は物理のおすすめの先生について話したいと思います。

 

 

では早速話すんですけど、僕のおすすめの先生は三宅 唯先生です!

 

僕も受験生の頃、この先生の授業を取っていました。

この先生の特徴についていくつか説明していこうと思います。

①先生が物理大好き

この先生本当に物理が好きなんだと思います。

理論や概念の話をしてる時に、とても楽しそうにお話しされてます。

気づけば僕も物理が好きになっていました。

勉強ってやるかやらないかは自分次第であるとはいえ、やっぱり楽しくやりたいですよね。

そういう意味では、もっとも授業に求められるものをみたした神授業であると言わざるを得ないですね笑。

 

②微分や積分を使った物理を教えてくれる!

学校の授業の物理って微分積分あんまり使わないと思います。

それは当たり前で、文部科学省から微積では教えないでっていう指令が入ってるからなんです。

なんですけど、個人的に物理は微積を使ったほうが圧倒的に楽だと思います!

学校とは違う見方で授業を受けることになるので、より自分の中での物理の理解が深まると思います。

 

③言い回しがかっこいい。

これはとても個人的な感想です笑

この先生、言い回しがとてもかっこいいです。

学校ではF=maという公式を運動方程式を習うと思います。

しかし、三宅先生はEOM(Equation Of Motion)と書きます。

当時の僕は英語で書くのかっこいい!と思い、模試等でもEOMと書いていました笑

また、テキストには「はじめに」というページがあり、普通このページには、この授業は〇〇という感じで始めていきますという説明が書いているんですが、この先生は散々物理の素晴らしさを語った上で、最後に「ようこそ、魔法学校へ」という文章で締め括ります。

この表現が僕に刺さりましたね。

やっぱりかっこいいなと感じました。

 

 

僕が思う三宅先生の特徴はこんな感じですかね。

僕は高校時代物理を得意科目としてたんですけど、それは間違いなくこの先生の授業を取ったからだと思ってます。

ちなみに三宅先生の授業は難関物理という授業です。

先生の特徴ではないので上には書きませんでしたが、授業の名前の通り、結構難しめの授業を担当されています。

1コマ1コマちゃんと復習しないとついていけない授業です。

しかし、頑張って何回も問題を読んで、何回も計算して、何回も挫けそうになりつつも解説を聞いた先に、本質的な理解があります。

そこに物理の面白さがあります。

みなさんにも是非その面白さを体感してほしいです。

 

興味があれば是非東進のスタッフに体験してみたいと声をかけてくださいね!

 

横浜国立大学理工学部3年 三好一輝

************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!
************************************

お申込みはコチラ!