オススメの参考書 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2019年 11月 21日 オススメの参考書

こんにちは!加藤です。

最近の加藤はですね、12/2112/22のダンス公演に向けて日々頑張っております。

その影響で校舎に行ける日は少ないんですけど、みんなと話したいので、見かけたらたくさん話しかけてください。

全然話したことないのに急に話しかけるかもしれませんが、そこはみんなの広い心で受け止めてください。

そんな加藤のブログのテーマですが、

今日は『おすすめの参考書』です。

受験期を思い出しますね。

私は結構要らないものはすぐに捨てるタイプなので、受験が終わった日にもう使わないであろう参考書をほとんど捨ててしまったのです。

今思うと担任助手として捨てなきゃよかったなあって後悔しております。

そんな加藤ですが、特に印象に残っている

参考書は、、、

『漢文ゴロゴ』です。

こちらです。

東進でも有名な板野先生の参考書なのですが、これは受験生のときにお世話になっていた担任助手におすすめされて使い始めました。

私は私立文系型で志望校も漢文が必要だったのですが、高校3年生の夏休みになるまでろくに勉強しておらず、いつも模試で悪い点数をたたきだしてました。

そこで漢文の勉強法を聞いたところ、こちらの参考書を勧められました。

この参考書の良い点を3つほど挙げていきます。

①語呂形式なので覚えやすい

参考書の名前の通り漢文ゴロゴというだけあって、漢文の句形を語呂形式で教えてくれます。漢文の句形ってただ覚えようとしても結構難しいのでこれは私的にありがたい点でした。

②漢文の重要点を一冊で網羅できる

漢文の覚えることといったら句形が主なんですが、それ以外にも例えば漢文によく使われる単語とか、漢字の読みとかも問われることがあります。漢文ゴロゴには付録で覚えるべき重要単語や漢字の読みなども搭載されているのでこれ一冊を完璧にするだけで漢文の力がとてもつきます。

⓷板野先生の映像講義が見れる

スマートフォンで参考書に搭載されているURLを読み込めば、板野先生によるこの漢文ゴロゴの映像授業を見ることができます。斬新ですね。実際に見てみたのですが、文章で解説されるよりも頭に印象が残りやすくていいと思いました。あと、スマートフォンで参考書をダウンロードできるので、参考書忘れた!というときに、携帯で見れるのがよかったです。

 

以上漢文ゴロゴの良い点3つでした。

漢文の勉強これさえやっとけば大丈夫!といえるくらい特典もりだくさんな参考書なので、是非漢文の勉強法に困っている人は使ってみてくださいね。

 

ご精読ありがとうございました。

青山学院大学総合文化政策学部1年 加藤秀香