ここから点数を伸ばすために | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2015年 12月 9日 ここから点数を伸ばすために

こんにちは!中村俊吾です!

受験生は12月になり、本番が近くなって焦っている生徒も多いでしょう。
そこで今日のブログは誰もが知りたいだろう
ここから点数を伸ばすために
というテーマでお送りします。

僕が生徒だったとき、この時期は過去問を10年分の1周を終わらせたころでした。
しかし困った事に10年分やっても成績は思うように伸びず、どの年の過去問も合格最低点に届かず、
しかも科目の中で一番いい点数を集めても合格最低点には行きませんでした。

ではそんな自分がなぜ合格できたのか。

理由はこの12月からの爆裂な伸びがあったからです。
そしてその伸びの原因が
①過去問研究で見つけた課題を徹底的に潰したこと
②武器を研ぎまくったこと 
③伸びることを感じながら勉強できた

①僕の場合は凡ミスや数学での応用力がないこと
それぞれ工夫して対策して改善していました!
特に凡ミスはだいぶ減りましたね!
これに関しては毎週GMで配布している今週の伝達事項の裏面に記しておきましたので要チェック!
課題を見つけ、改善への努力と工夫をすること!

②武器とは「使える知識」の事です。頻出分野の例題は繰り返しているうちに、問題文まで覚えて紙一枚で勉強できるようになってしまいました。
試験で使えるのは秒で出てくる知識だけです。
知ってるのに曖昧さが原因で得点できないのは最も悔いが残るので、
秒で出てくるまでやりました。

③結構大事なのがこれ。点数を上げる事は難しいようで意外とシンプルです。
知っているもの確実に使えるものが増えてそれがすぐ解答に表せれば、得点になります。
「○○を使えるようになれば、今度出たら解けるな」
そんなことを考えながら勉強が出来るようになってから
成績はグンと伸びました。
人間はビジョンがたったことしか実現できません。
少しでも点数が伸びるイメージを掴めると実現に近づくのは間違いないです!
だから、先日のブログで中村優花担任助手が言っていたように、
帰り道に今日は○○が出来るようになった。
と考えることは点数を伸ばす上で大事な事です。
伸びるビジョンをもつ!

以上三点を書きました。
復習や過去問研究はしているけど、なんだか要点掴めてるかわからないなどあったら、すぐに担任助手に相談すること!
君たちがこの秋にやってきた過去問演習&研究が試験で使える力=得点になるのはこれからです!
不安を前に立ち止まるのではなく、走りきる事!

担任助手2年 中村俊吾

予備校を検討している高12生の皆さん!
ただいま東進では冬期特別招待講習を無料で受け付けています!
3講座締切は明日です!
申し込みはお早めに! 
下のバナーで申し込めます☆