この時期のメンタリティ | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2018年 2月 18日 この時期のメンタリティ

みなさんこんにちは。

お久しぶりだと思います。下林です。

僕にも、いよいよ春休みが2/15より訪れました。

大学一年間がもう終わったのか…あっという間でした。時間が流れるの早すぎる。ウサインボルトより早いんじゃないのかな(意味不明)。

春休みということで、今話題の狩猟ゲームを購入しました。やり込めるだけやりこみたいです。

とか言いながらそれほどやれていないんですけどね・・・(笑)

 

さて、今日は2/18。いよいよ国公立まで一週間ほどとなりました。すでに今年のセンターが一ヶ月前です。早いものです。え、てか早スギィ!なんども言いますけど早いですねぇ。うん。

と言うことで今回は(Youtuber風)国公立受験生向けにブログを書きたいと思います。

勉強の息抜きにでも読んでいただけると嬉しいです。

かくいう僕も、横浜国立大学という国立大学に通う大学生です。自分で国立大学って名乗っているあたり、大好きです。

しかも去年は受験生だったので、この時期のことをよく覚えています。

正直、受験期一番辛かったのはいつ?と問われたら、僕は迷わず2月後半と答えます。そのくらい堪えました。

それはなぜか。

私立組の人が少しずつ受験を終えてきて、校舎からは受験生がどんどん減ってきたりして、他の友達は遊んだりもしてる。

地元の友達のラインのグループが動き始め、「今日サッカーできる人ー?」「はーい」「じゃあ、1時に集合ねー」みたいな。

いいなぁ…!でもこっちはまだ本命が残ってるのに…!

という羨ましさ、苛立ちが同時に強襲し、精神的に少し参ってました。

そこでも僕は、自分の行きたい大学の事だけを考え、今までの勉強を思い返し、第一志望への何よりも強い気持ちを持って勉強することで乗り切りました。

どれだけ残りわずかとなった時間を、第一志望に向けて拘ってやれるか。本当に大切。

あとは、終わったあとの事を考えました。

やりたいことを書き連ねまくりました。

マリノス早くいきてぇ!とか、早くモ○ハンしてぇ!とか。

苦難の先に待ち受ける希望を頼りに。

それと、同じ国公立志望の仲間、担任助手、親、など、色々な人と話して気を紛らわすことなどもしました。

話すの本当に大切です。

どんなことでも構わないです、全く受験に関係なくていいんです。他愛もない世間話、趣味の話。なんでも話してください。気分がスッキリしますよ。

 

残りわずかとなった国公立に向けて、みんなで進んでいこう!!!

校舎で応援しています。いつでも話にきてくださいね。

 

横浜国立大学 理工学部 1年 下林耕大

*************************************
まだ東進に通っていないキミ!
現在、東進ハイスクール センター南駅前校では、新年度特別招待講習のお申し込みを受け付けております!
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みはHPトップの画像をクリック!

 **************************************

 

最新記事一覧

過去の記事