ほんのちょっと | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2017年 1月 18日 ほんのちょっと

 

みなさんこんにちは、担任助手2年の橋本です。
受験生の皆さんセンター試験お疲れさまでした。
実力を発揮できた人、思うようにいかなかった人、様々だと思います。

受験生のみなさんに伝えたいことがあります。

 

【センター試験の結果に納得している人へ】

伝えたいことが1つあります。
「慢心をしないこと」です。

よく「センター試験ダメだったけど、2次で挽回できた」なんてことを耳にします。それはつまり、“センター試験はよくできたけど、2次で抜かされてしまった人がいる”ということの裏返しです。そのことを忘れずに、どうかそのような人にならないように、そのまま努力を怠らないで行ってください。それだけです。

 

 

【センター試験が思うようにいかなかった人へ】

 

僕自身大学受験の時にセンター試験の結果がそのまま合否に直結する割合が高く、センター試験に対しての思い入れが強かったので、この日に懸けてきたみんなの思いはわかっているつもりです。正直な所、合否への不安があるのもわかります。僕と同じ境遇の人で、最も焦るのは「センター試験に懸けてきたから、その後の対策で後れを取っている」というものです。しかし、僕は今のみんなを見てそうは思いません。センター試験で使い捨てるような汎用性の低い力を養ってきたわけではないと思っているからです。みんなが培ってきた根本にあるものはどんな試験でも通用するもの。決して“センターのためだけの知識”ではない。だから、どんな試験を受けようともその培った知識とともに闘ってください。また、2次の方がウェイトが大きい人は今まで積み重ねてきた対策を信じること。自分の土俵の番が回ってくること。悔しい思いをぶつける準備を今はすべきです。まだ心がセンター試験に残っているなら体だけでも先に、過去問を解くなりして引っ張ってきて覚ますことを第一に。

 

“改善しなければ失敗した意味が無い”

失敗は結果でなく途中です。挽回できるチャンスが残っている今、最後まで闘わなかったらそれこそ悔いが残ると思う。

 

前に進む覚悟が持てないでいる人がいたら、ほんのちょっとでもいいから校舎に来て話をしよう。背中を押す最大限のサポートを全力でするから。

 

 

それぞれの思いはセンター試験においてきて、また闘っていきましょう。

 

 

横浜国立大学教育人間科学部 担任助手2年 橋本啓汰