もし模試を受けなかったら | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2017年 3月 25日 もし模試を受けなかったら

こんにちは!早稲田大学1年の亀島です。もう少しで2年生になるなんて信じられないですね!
 
今回のブログのテーマは「もし模試を受けなかったら」ということで、模試の重要性について書いていきたいと思います。
 
東進でよく受ける模試といったらセンター試験本番レベル模試ですよね?私は、センター試験本番レベル模試は2月に一度あります。勉強したらその分だけ点数が上がるのをすぐに感じられるのが良いところだと思います。
 
つまり、受けなかったら、勉強しても成果が出ているのが分からなくなってしまいます。だから、受けられるときは受けましょう!
 
ですが、みなさん、東進以外の模試も受けますよね?記述とかの練習もできますし、より難易度の高い問題に触れることができます。だから、記述、入試などの練習に受験することをおすすめします。やはり、練習って大事になるんですよね。
 
ところで、模試の復習はどれくらいできていますか?模試は3回解き直せって聞いたことありますか?3回って何?って思った人もいると思います。1回目は1週間後、2回目は1ヶ月後、3回目は半年とか好きなときに。模試のためにそれなりにお金を払っているし、1日使って受けるのでちゃんと使いきることをおすすめします。
 
そして、1週間後には解き直さなきゃいけないということは、解いたらすぐに復習をしなきゃいけないことでもあります。つまり、解いたその日、もしくは次の日に復習しきりましょう!
 
また、模試は弱点を見つけるためにも有効です。模試で解けなかったのであれば、それは苦手分野であることになります。模試で曖昧な理解なのか、完璧な理解なのか明らかにしてほしいと思います。
これまで、模試を受けるように書いてきましたが、受けすぎもよくありません。インプット、アウトプットの両方の時間をとれるようにしてください。復習の時間がしっかりとれないのなら意味がないのでそのときは模試を受けないことをおすすめします。
 
これからまた模試をどんどん受けることになると思いますが、どの模試が必要で、どの模試が必要じゃないかしっかりと判断して受けていってください。
 
早稲田大学先進理工学部1年亀島 礼美