エビングハウスと昨日の自分からのメッセージ | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2015年 6月 3日 エビングハウスと昨日の自分からのメッセージ

ラーメン博物館に行ってきました。大学生活にもなれてきて自分の時間を作ることもできるようになってきて、とても楽しいです。心躍らせながら自転車をとばしていきました。
いろんなお店があるのでしっかりと見定めて、いきたいお店を選びました。ついに待ちに待ったラーメンが出てきたときに僕はあることに気づきました。

それは「口内炎があること」です。
完全に忘れていました。。。
獲物がそこにあるのに食べれません。
テンションが瞬く間にのびていきました。
最近物忘れが顕著になってきた自分に腹が立って仕方がありません!!
 

、、、名乗ることを忘れていました。担任助手1年の橋本です。

今日のブログのテーマは高速マスターの重要性です。
というよりも高速マスター「毎日やること」重要性です。

どうして毎日やることが重要なのか、こちらの図をみてください。 

見たことある人もいると思いますが、「エビングハウスの忘却曲線」といって人が覚えたものをどれくらいの時間でどのくらいの量を忘れるかをグラフにしたものです。
みなさんも経験あると思います。
英単語18ステージ終わり、修得テストにむけて序盤のステージをやってみたら、「もう?」
英文法に神経注いでるときに英熟語を久々に開いてみたら、「うそでしょ」
それはエビングハウスに言わせてみればデショウネなのです。 
覚えてからおよそ30分後にはもう半分のことを忘れてしまうのです。
僕についてもエビングハウスに言わせてみれば、口内炎に日々ダメージを与えて、痛みを感じていないから忘れるのだ、と。
まあもっともそれでは口内炎は治らないんですけどね汗

今日出来たものは明日、明後日と毎日出来て初めて完成するのです。
毎日復習すると 
 

こうなります。
忘れきる前にもう一度思い起こして持ち上げる、それが大事なのです。
高速マスターはスキマ時間でもできるツールなので毎日やっていくことにうってつけだと思います。

エビングハウスいわく「高速マスターは基礎の基礎、これからセンター過去問演習など応用をやっていく中で、単語や計算などはどうしても後回しになりがちだけど、支えとなる部分だから毎日やるべきダネ」僕もそう思います。
昨日の自分も言っています。
 「昨日覚えたことを忘れないために今日もやる」ことを忘れないで!! と。

 

西きょうじ先生の公開授業まで残り19日!!今日覚えたことも西きょうじ先生の公開授業まで復習をしないとおよそ20%しか覚えてないです。
それじゃもったいない!!エブリディ高速マスター!!

担任助手1年 橋本啓汰