センター過去問演習講座の魅力 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2015年 4月 23日 センター過去問演習講座の魅力

こんにちは!
大学1年の鈴木です!
最近、片道1時間の電車の中で、受験生のころを思い出しながら医療英単語を覚えています。
皆さんも通学時間有効利用していますか?

さて、今日のテーマは「センター過去問演習講座の魅力」です!
20~22日にプロジェクトSに参加してくれた子は、この講座について少しは分かってもらえたのではないでしょうか?
出来るだけ多くの皆さんにこの講座を取りたいと思ってもらえるように、ブログでも魅力をお話ししたいと思います。

皆さん、8月のセンター試験本番レベル模試でどれくらいの点数を取ればいいか知っていますか?
そう、Aラインの-10%です!
あと4か月でそこまで点数を伸ばせそうですか?不安な人も多いと思います。そんな皆さんにオススメなのが、センター過去問演習講座です!

この講座には、各科目本試10年分の問題(解説授業付き)と、50年分の分野別問題が含まれています。これだけの量をこなすことで、アウトプットが鍛えられ、基礎の定着苦手の克服ができ、自然と点数も伸びていくでしょう。

ただ、今は通期講座や学校で忙しい人も多いと思います。そういう人は、分野別問題を中心に解きましょう!分野別は過去のセンター試験レベル模試の問題が大問ごとになっています。大問ごとで差はありますが、各問題5~25分あれば解けるので、スキマ時間を利用して効率良く勉強できます。

実際私は、東進で問題を印刷して次の日学校に持っていき、朝礼前の時間に解いていました!その結果、6月・8月の模試ではしっかり点数を伸ばすことが出来ました。
やった分だけ点数が伸びるのがセンター試験です!

皆さん、この講座の良さを分かっていただけましたか?センター試験レベルの問題を解けることは、国立志望の人にとっても私立志望の人にとっても大切なことです。秋以降、二次試験・個別試験の対策を進めるうえで必要な基礎知識となります。
この講座を有効活用して量と質の高い勉強をしましょう!

担任助手1年 鈴木優花