ティーンも後半にさしかかりまして | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2015年 7月 12日 ティーンも後半にさしかかりまして

このようにブログを書いているだけでも汗ばむ暑い季節がやってきました。
屋外だけでなく部屋にいる時も熱中症などになることがあります。
みなさんもブログを書くときにはぜひ気をつけてください。

本日のブログを務めさせていただくのは

私、橋本です。
とはいってもこの僕は高校2年生のころの橋本です。
写真からも見て取れるように、どこかおちゃらけていて、勉強に対する意識も薄かったように思われます。

そんな今とは違って不真面目な僕をしり目に
今日のテーマはズバリ、「高1高2のみなさんへ」です!

みなさんはどんな高1高2生ですか?もしくは、でしたか?、、になりたいですか?

僕は日常的には部活のことを考えたりしていました。みなさんも日々何かしらについて考えていることと思います。
部活もそうですし友人のこと進路将来のこと、そしての目下の勉強のこと。いろいろ考えていると思います。 

地球温暖化のこと日本の学力のこと保険制度のこと
これらのことについてみなさんは日々悩んでいることと思います。
僕はそうやって考えることが大事なことだと思っています。
あらゆることに対してじっくりと考えること、これがまず一つみなさんにやってもらいたいことです。

もう一つは、野心を抱くこと、です。
高1高2生の皆さんはもうそろそろティーンも終盤にさしかかり、自発的に行動できるようになっていることと思います。
そんな中で、ただ与えられた課題などを受動的にこなすだけではもったいないと思います。
自分がやりたいと思ったことを積極的にやってください。
まだ若いのでどんなに大きいことでも成すことができるはずです。

先人の例を挙げますと、マルコポーロは17歳の時に、当時安全性など全く保障されていない船旅を決行し、アジアまで到達しました。
天草四郎は17歳で首謀者として、島原の乱を起こしました。
みなさんの年齢で大きなことは成せるのです。 

ちなみに僕(もうすぐ19歳 )の年齢だと、
「中大兄皇子が蘇我入鹿を討ち、大化の改新を始める(当時19歳)」歴史が変わります。
「マークザッカーバーグ、Facebookを創設(当時19歳)」世界が変わります。
これは自分への戒めでもありますが、若さなど関係なく大きなことは成せるのです。

今日高1高2生のみんなに伝えたいことは、
①日々の生活から、じっくり考えて悩むこと。
②野心を抱いて行動すれば、大きなことでも成せること。です。

これを頭の片隅において日々を行動してくれれば、
先人たちの項目に 

<19歳>
「中大兄皇子が蘇我入鹿を討ち、大化の改新を始める」
「マークザッカーバーグ、Facebookを創設する」
「橋本啓汰、ブログでメッセージを書き、未来の日本を担う人材を輩出する」←という項目が追加される日もそう遠くはないはずです。

 

担任助手1年 橋本啓汰