今日は難関大・有名大模試当日です! | 東進ハイスクール センター南駅前校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2021年 11月 21日 今日は難関大・有名大模試当日です!

こんにちは、常峰です^_^

最近、鎌倉に行ったり、歴史映画を見たりしたことで、日本史を思い出す機会が何回かあったのですが、受験生のときに覚えた知識が見事になくなってしまっていて、すごく悲しいです。歴史ある街に行く際や映画を見たり、本を読んだりするときに歴史を知っているだけで100倍くらい楽しめると思っているので頑張って思い出す作業をしようと思います!(笑)

 

さてさて!

今日は、難関大・有名大記述模試ですね。

今まで模試の前に何回かブログを書いてきましたが、今回は「模試の臨み方~本番直前ver.~」というテーマで書きたいと思います!

受験生のみなさんは、これまでたくさん模試で経験を積んできたと思うので、そんなん知ってるよ!と思う人もいると思いますが、気軽な気持ちで読んでみてください。

 

まず1番伝えたいことは、「模試は本番のように」です。

言葉にすると当たり前のことですが、みなさんは本当に本番と同じような気持ち、姿勢で模試にのぞめていますか?

正直言うと、私も受験生のときは模試の日を本番のようには過ごせていなかったと思います。

でも受験本番を経験した身から、受験当日の経験を踏まえて、こういう風に過ごせばよかったなということをお伝えします。

大きく3つあります。

①見直しは必ず行う!

これは既にできている人が多いのではないでしょうか?

本番は、”1点”が運命をわける試験なので、時間があまったら見直しを行います。模試も同じように1点でも多く得点できるように(特に今回のような記述模試では1点でも高く得点できるような答案をつくれるように!)時間を使ってほしいです!

②試験と試験の間の時間の使い方を考える!

これめちゃめちゃ大事です。本番も科目間で少し時間があきます。こういう少しの時間に勉強していたことがたまたま試験に出たり、、なんてこともよくあるので、最後まで高得点にこだわって時間を使ってほしいです。

記述模試は校舎実施なので、周りには友達がいたりするかもしれませんが、自分は自分!と割り切って、勉強することに時間を使える人が強いと思います。ぜひみなさんもその一人になってください。

おすすめは暗記物です。試験の間に見るところはあらかじめ決めておけると、いざ始めるときにどこを勉強するか迷わないと思います。

③復習はその日のうちに!

これも大事です。

特に私立大学の入試シーズンは、2・3日連続で試験に行かないといけないなんてことがよくあります。試験に出た問題・知識をその都度自分のものにできるかはすごく大事なことです。これの積み重ねによって、入試シーズンもどんどん新たな知識を増やすことができます。

なので、復習はその日中に終らせる癖をつけてほしいです。国公立志望の人は模試が終わる時間も遅い、かつ、復習すべき科目も多いと思うので大変だと思いますが、復習すべき科目・分野を絞って優先順位をつけて復習できるといいと思います!

 

以上3点が私が伝えたいことです。本番を想定してイメージトレーニングを積んでいきましょう!

それでは、皆さんのいつも通りの力を十分に発揮してきてください!

 

 

早稲田大学社会科学部2年 常峰菜生

************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!

************************************

お申込みはコチラ!