前向KING | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2015年 6月 17日 前向KING

こんにちは!
梅雨に入りジメジメしてきましたねー!
今日の雨もすごい勢いでしたが、
外でのフットサルが終わった直後に降り始めました
どうもラッキーボーイの中村です。

さて、テーマの「前向KING」これは受験生時代の僕のことでございます。
(今もそのつもりです) 
そんな僕の受験生時代のことを今日は書いてみようと思います。
ぜひ参考に! 

2年前、つまり僕が高校3年生だったころ。
きっとこのブログを読んでいる人と同様、
僕も志望校の合格ラインからはほど遠い位置にいる受験生でした。
学校の誰も僕が第一志望の東工大に受かるなんて思ってなかったし
担任助手になってから酒井さんに
「あの位置から普通は受かんないよ」と言われるくらいです。

模試の自己採点をするたびに、ああまたイマイチ点数のびなかったなぁという感じでした。
でも一つだけ決めていたことがあってそれは「凹んでも30分まで」ということ。

なぜなら凹んで立ち止まっている時間に僕の成績は伸びないからです。
他のライバルが「今回成績イマイチだった。。どうしよう」って話している間に勉強するしか
勝つ方法はないと思いました。
なかなか成績は伸びなかったですが、
だからこそ前向きに取り組むしか道はないと信じてやっていましたね。

そして秋の終わりごろから急激に成績を伸ばし始めたわけですが
この伸びを実現させた要因毎日の勉強の捉え方にあります。

ある脳科学者の言葉で
「人はイメージした事しか出来ない」 というのがあります。
なので「勉強してもなかなかできないなぁ」という後ろ向きなイメージを持つより
「これを覚えれば点が取れるところが増える!」という前向きなイメージを持つ事が大事なんですね

毎日帰り道で「今日はこれが出来るようになった」というものを浮かべながら帰るんです
こうするだけでだいぶ成績の伸び率は変わりました。ぜひお試しを!!

ここまで受験生時代の僕の考え方について書いてきました。
最後に、前向きでいることはそう簡単じゃありません。
僕自身も何度も折れそうになりました。
それでも辛い中でもなんとか気持ちを前向きにして
ひたむきに頑張ることが出来た人が最後の最後で勝つ
そう信じているし、僕が最後に東工大に合格できたのはこれに限ると思います。

困難なことを成し遂げるのに
前向きにそしてひたむきに取り組んでいくしかないですよ!

みんなも前向KING になって最後に笑ってやりましょう!

担任助手2年 中村俊吾

そろそろ受験勉強始めた方がいいかなぁと考えているそこのあなた
考えるよりも行動する事から始めてみましょう!
東進では無料で公開授業、招待講習を受け付けています!
下のバナーから申し込めます!
ぜひ受験勉強を始めるきっかけにして下さい! 

✧西きょうじ先生の特別公開授業✧あと5日!
6月22日(月)19:30~21:30 
お申込みはこちらをクリック↓
 

✧夏期特別招待講習✧
今なら東進の授業を最大4講座(90分×授業5回+講座修了判定テスト×4講座)
無料で体験することが出来ます。
お申込みはコチラをクリック↓