受講紹介part2 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2016年 10月 9日 受講紹介part2

こんにちは!羽地です!
最近は大学も秋学期に入って、新しい授業に必死こいてついていってます笑
新しく「フランス語」を学ぶことになったので、いつかパリに行ってみたいです!!っていうか将来フランスで仕事できたらいいな〜なんて思ってます!!  

さて!みなさんお馴染みの、POSにあるセンター試験まで残り〇〇日っていうやつ。もう二桁まで迫ってきましたね。。早いですね。。自分の経験から言うと、ここからセンター試験まではもっと短く感じます。えっ!!残り40日!?」「おい、まてよ笑 太郎見た?この前まで40日だったのに、もう残り10日になってるぞ。」「おーーーい笑明日かよ笑」「あっ今日じゃん!”センター試験まで残り0日”って書いてるの見たいー!ポチポチってなります。。恐ろしいほどに早いです。。
そして「センター試験から2次試験の期間」というのも、これもまた早い。最後の追い込みの時期で、自分はこの時期で凄く成長したなと思います。それは精神的に学力的にも。成長というよりかは、悟ったって言ったほうが適切かもしれませんが・・・。

「現役生は最後の最後まで伸びる」
この言葉は本当でした。自分自身もそうでした。高3生のみなさんは後悔を残さぬよう、最後まで全力で走りきってください。高1,2の皆さんも、センター試験同日本番レベル模試まで残り少ないです。今のままの勉強、今のままの勉強量で、目標点に到達しますか? 努力の天井を上げましょう。限界までやりましょう。

さて、今回のテーマは「受講紹介」です!!   

受験が終わった今、自分がとっていた授業を振り返った時に、正直どれもが自分の受験にとって重要な授業でした。その中でも「無かったら、合格していないだろうという授業」を選びたいと思います。

それは、「過去問演習講座」です!!(高1,2生も是非見てください)

おいそれは反則だろ。っていう人もいるかもしれませんが、では逆に聞きます。

「どれだけ活用できていますか?進めていますか?」

【過去問演習講座のいいところ】
1、解説授業がある
→赤本ではカバーできないほどの手厚い解説
2、添削がある
→赤本ではカバーできない添削
3、点数が出る
→赤本では配点が分からない。 

などなどですね。赤本ではカバーできないっていうところがポイントで、東進ならではの2次私大対策なので、活用しない手はないですね。自分の場合は、第一志望に小論文自由英作文日本史の論述があったのでとっても役に立ちました!! また、自分の進捗具合がひとつのページで見ることができるので、「計画的にやる」という面においても、良いですね。最終的には科目でばらつきが出ないように演習をすべきなので、”やるべき量”を1ページで俯瞰しつつ、計画的に演習してください!!

これからの勉強において大事なのは、第一志望への執着心を持つことです。その執着心が過去問の演習量を生み、質の高い分析を生みます。そしてその分析と過去問量が、自信を生み、その自信が入試の時に自分を助けてくれます。 「ごめん笑 俺慶應に行くから。」と、謎のごめんもこれからの時期は出てくるでしょう。是非、第一志望への執着心を持って、これから勉強してください!!

You can do it !

 

 

慶應義塾大学環境情報学部1年羽地孝介