受験を終えた今伝えたいこと 佐伯ver | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2016年 4月 25日 受験を終えた今伝えたいこと 佐伯ver

こんにちは!新担任助手の佐伯康太です。大学生活は難航しております。昨日は英語のレポートを実質徹夜で仕上げました。皆さん、こうはならないように!!やらなければならないことは先に片付けてしまいましょう。

ということで、僕はこのブログで「受験を終えた今伝えたいこと」として、いわゆるプライオリティ、優先度ということについてお話したいと思います。
皆さんは受験に必要な科目は何個有りますか?また、受験勉強の他に部活や委員会活動などをやっていますか?
僕であれば、部活こそ忙しくなかったですが、英語、国語、数学ⅠAⅡB、世界史、地理、物理基礎、地学基礎の8科目ありました。いや、多くね、、。
誰しも出来ることならば、全てを完ぺきにこなしたいと思うでしょうが、もちろんそれを成せる人もいますし、皆さんもそれを目指すべきでしょうが、現実はそうも行きません。
この春、残りの受験生活の計画を完璧に立てたとしましょう。いついつまでに理社の知識入れを終えて、いついつの模試では何点を取って、などなど。残念ながらその通りには行かないことも多いです。
あ、別に皆さんのメンタルをぶっ叩こうとしてるわけではありません。SではないですMです。いや知りません。

確かに計画立ては重要です。必ず行って下さい。
しかし、計画通りには進まなかった時皆さんの合否を分けるひとつの大きな要素が、各科目に対する優先度付け、です。
今はまだ余裕が有るかもしれませんが、夏休みが終わると残された時間の少なさに愕然とします。冬になっちゃったりなんかすると、まだやらなければならないこと、やったほうがいいことの多さに焦りを覚えます。僕はそうでした。具体的な話をしましょう。僕が残された時間の中で東大二次試験に向けて行った取捨選択です。興味なければ必ずすっ飛ばしましょう。

優先順位1
数学は得意科目でした。そして、文系にとっては得点によるアドバンテージが大きいです。しかし直前期点が取れませんでした。だから得点力の回復を図り、演習を積みました。
優先順位2
英語はかなり苦手科目でした。そして、皆がある程度取ってくる科目でもあります。なので平均点以上を安定させるため、演習を積みました。
優先順位3
地理も、学習開始時期が遅かったためかなり苦手科目でした。よって平均点に確実に到達するよう、知識の再確認と演習を積みました。
優先順位4、5
国語と世界史も別に特段得意だったというわけではないですが優先順位の問題です。あまり触れませんでした。

こうすることが本番で得点を最大化する方法だと思いました。中途半端に国語や世界史に時間を割くよりもです。
この作業を行う為に大事だと思うのは、常に自分を冷静に観察し、現状と目標の差を把握することです。
頑張ってください!

いっぱい書きましたね、、疲れました。今日も明日までに終わらせなければならない大学の課題があるのですが、ブログの方が優先度が高いわけです。犠牲はつきもの。悟りました。

東大の、 昼の校舎と夜の校舎です。

 

予備校をお探しのみなさん!
ぜひ一度校舎に足を運んでください!
いつでもお待ちしております。

東京大学文科三類1年 佐伯康太