受験期変わった怖ーい話(第5話) | 東進ハイスクール センター南駅前校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2021年 7月 18日 受験期変わった怖ーい話(第5話)

こんにちは!菅です

そろそろ夏休みですね、、。

梅雨明けもしたということでどんどん暑くなってきました。

夏バテに注意して頑張っていきましょう!

 

今回のテーマは「受験期に変わった話」です!

受験生になった!と思ってもなかなかエンジン入れるって難しいですよね、、。

ということで変わったきっかけになった話をしていきます。

 

①同級生の勉強時間を見る

自分の勉強時間を記録できるアプリを受験期の時を使っていたのですが、友達追加した人の記録も見れるようになっています。

高校の友達や同じGMの友達を友達追加していたのですが、、。

みんな自分より勉強していることに気が付きました。

単純なことですが結構怖いです。

1日1時間違うだけで1か月では30時間違ってきます。

30時間あればどれくらい勉強できるでしょうか。

私立の場合であれば過去問8年分ができます。

1か月でそれほどの違いが生まれるわけです。

これを受験の最後までと考えてみてください。かなりの差ですよね、、。

他の人のことを気にしすぎるのもよくないですが、やらなければという気持ちになります。

自分の勉強の振り返りもしやすいのでアプリで記録するのはおすすめです!

②時計がない話

勉強へのやる気、というか模試を解いているときに怖かった話ですが、、。

6月模試を受けいったときの話です。

それまではコロナウイルスの影響もあり、あまり塾ではない場所で模試を受けに行ったことはありませんでした。

会場にいったら時計はなく、周りの人をみて腕時計が必要なことを知りました。

その時まであまり意識したことはなかったですが、時間が分からないとかなり不安です。

特に時間が足りないことが多い英語などはいつ終わるのか、とどきどきしながら解いていました。

時間が気になると問題に対する集中力がかなり落ちます

もちろん毎回腕時計もっているよ、という人はいいのですが、普段時計を持ち歩かない人は注意しましょう!

 

以上が受験期怖かった話、になります。

もしなにか気になることがあれば受付まで質問にきてください!

早稲田大学文学部1年 菅美咲

************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!

************************************

お申込みはコチラ!