大学の授業紹介!鈴木優花編 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2016年 4月 18日 大学の授業紹介!鈴木優花編

こんにちは!担任助手2年の鈴木優花です!

大学の授業が始まって2週間半ほど経ち、だんだん2年生の時間割にも慣れてきました。
 そんな私が書く今日のブログのテーマは
「大学の授業紹介!鈴木優花編」です!
みなさん、昨日の中村俊吾担任助手のパート1読みましたか?「ブラウン運動の観察」面白そうでしたね!化学を勉強していた身としては非常に興味深いです。
さて、バトンを受け取りまして今日私が紹介するのは「生活援助技術」という授業です!
 
この授業は1年生の秋学期にあり、主に演習を行います。
慶應義塾大学の看護医療学部では2年生の夏休みから実際に実習を行うようになります。
そのため、1年生のうちから基本の技術を学んでいきます。生活援助技術では、ベッドメイキング、体位変換、食事援助、排泄援助、口腔ケア、洗髪、清拭などを行います。
 
 
 
これは洗髪をしている写真です。
 
学期末には技術テストがあるので空きコマには友だちと練習します。
 
ちなみに、2年生になった今は「医療支援技術」という名前で技術演習を行っています。今年は各分野ごとテストがあり、その第1回が先日14日にあったので、先週はみんな一生懸命練習に励んでいました。
 
さて、看護学生の大学の授業が少しは分かりましたか?看護学生は期末テストや国家試験に受かるのが目的ではなく、その先、病院や国際保健の分野で活躍していくため、日々勉強しています。
今みなさんが勉強しているのは第1志望に合格するためというのが大きな理由かもしれませんが、それらは必ず5年後10年後の自分についてきます。みなさんには努力を惜しまず、頑張っていってほしいなと思います!
一緒に頑張りましょう!!
 
*******************
予備校をお探しのみなさん!
東進ハイスクールセンター南駅前校はいつでもみなさんの入学をお待ちしております。
気軽な相談でも、入学に関する相談でも、何か質問がありましたら、いつでもお電話、来校をお待ちしております。
*******************
 

慶応義塾大学看護医療学部2年 鈴木優花