天王山へ向けて | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2017年 6月 7日 天王山へ向けて

こんにちは羽地です!
最近は英語の勉強を1から勉強やり直してます。笑 皆さん大学合格後も英語は継続的に勉強するのを勧めます・・。笑 これマジメなんですけど、英語の“得点”が取れるようになるのが「英語力が上がる」って言いますけど、listeningwritingができることもぜひ目指してみてください。それが結果的に一番「英語力が上がって、得点の大幅向上」につながると思います。


音読が伸びるって言われるのも、「英語脳をつくる」(英語を英語のまま理解する)とか、声に出すことで「speaking能力向上」が見込まれてるから伸びるって言われてるんだと思います。

基礎事項のインプットlistening/writing/speakingの筋トレバランス良くするとめちゃくちゃ伸びるんじゃないかって考えてます! 

最近自分はlistening能力を高めるためにTED talksのプレゼンを「日本語字幕→英語字幕」っていう流れで繰り返し見てます@—@

早稲田の国際教養に合格した友達も、受験期にTED talksのプレゼン丸暗記をしたりしてたらしいし、オススメの勉強です!!笑

なにより!!英語っていうのは海外の人とコミュニケーションが取れるようになる超楽しいツールです!!笑 受験のための英語勉強っていう視野を広げて楽しく勉強出来たら何より強いです!

 

さて!!本日のテーマはと言うとーーー

「天王山へ向けて」です!!!!!

 

受験生対象の夏期生徒説明会(前編)(後編)でも言いましたが、「1学期から夏休み終わりまでの頑張りで勝負が決まる」ということです!受験生の夏は天王山であるということを今日は噛み砕いて話していきたいと思います。

 

皆さんは二次・私大入試で勝ち抜くために今勉強していると思います。あの大学にいきたい・・・!という気持ちで。では、その大学に行けるために必要なことをシンプルに言います。「入試問題レベルのインプット」「大学・学部別対策」「圧倒的過去問量」の3つです。入試を解けるだけのインプットができていること、それを大学・学部別に柔軟に問題を解けること、ハイレベルな正解率を出すことがシンプルな合格メソッドです。

一口に大学入試と言っても、大学・学部によって傾向が全く違います。自由英作文・和文英訳・長文穴埋め問題・語形変形問題・誤文訂正問題・内容一致問題….などなど。自分が受験する大学の傾向に対策を施さなければなりません。しかも合格点を安定して越えていかなければならない・・・!本当の勝負はそこからだと思います。

ではいつからすればいいのか?

それが「夏休み終わり」です。つまり9月から。新たな大学別対策講座や記述対策講座を取得したり、過去問をたくさんやったり・・・。

それでも間に合うか、間に合わないかの世界です。9月から本気で2次・私大対策をするためにも…

8月までにセンターレベル程度は完成させなければならない!!!!!

その基準を明確にしたものが、

第四回8月センター試験本番レベル模試 志望校Aライン−10%」です。

皆さんの最初の正念場です。つまり今日からその模試までの約3ヶ月間の努力が皆さんの勝敗を分けます。

じゃあ実際にAライン−10%を取るために必要なことってなんなのか?

 それは、「自分がすべきことが明確で、それを実行しきるだけのモチベーションと忍耐力を持つこと」です。
自分がすべきことが分かってない・・・という人は必ず担任助手に相談に来てください!!モチベーションが無い人・・・僕のところに来てください笑 真剣に答えます!

自分がすべきことが明確と言いましたが、現時点の高校三年生全員に言えるのは、「受講」ですよね。様々な勉強がありますが、受講が残っている人はしっかり受けきることが第一優先事項です。成績を伸ばしたいと思ったら、まずは受講の内容を完全に理解してください。受講の内容をインプットしてください。基本です!!

今日は以上にしようと思います。最後にみんなに一言!!

弱い自分に勝て!!

^@^

(落としどころがわからず急に終わってごめんなさい。今日のブログは最初から最後まで全部大事な事です)

慶応義塾大学環境情報学部2年羽地孝介

 

最新記事一覧

過去の記事