最大限の努力を | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2018年 3月 17日 最大限の努力を

こんにちは!羽地です!

最近は、絶賛春休み中ですが何かといつも通り忙しい日々を送っています@ー@

春休みに入ってからはサークルの練習が週4回に増え、朝からわざわざ湘南台まで行きサッカーを2時間して帰ってくるのが習慣です笑
2月末に「慶應カップ」という学内1位を決める大会の予選があったのですが、なんとか決勝トーナメントに行くことができたので、3月末に行われる決勝トーナメントに向けて必死です@ー@
慶應で1位になると、各大学の1位同士が招集された大会があるのでそれに出てみたいです!!

研究会の活動も春休みは活発で、というのも3月中旬に日本橋に「離島キッチン」という店舗がオープンされるのですが、4月一ヶ月間の経営を慶應義塾大学の代表として自分達の研究会が任されることになり、半年前くらいから準備してたのですが、まもなく4月になるので最期の詰めの作業をしている感じです。

皆さん、少々高いですが、日本橋付近で用事がある際などぜひ足を運んでください!!「東京で”離島”を体験できる」飲食店になっています。離島の食材を、現地から直接配送しメニューとなって出て来ます。そして店の内装から物販まで”離島”で埋め尽くされています。
大学生がプロデュースする飲食店…興味があればぜひ来てください!!


島の食材を東京に配送するために、島の人と食材提供の交渉そして値段・数量の交渉をし、一緒に食材を取りに行きます。その行程を3月に一週間、口永良部島という鹿児島県屋久島町にある離島に行ってきました。
口永良部島は長谷部葉子研究会のフィールドワーク先になって8年が経ちました。そのため、現地の方との関係性があり、島の人も離島キッチンプロジェクトを応援してくれました。島の人の期待に沿うためにも、頑張って行きます。

と、久しぶりに近況報告をしたのですが、こんな長々と書いたのは本来のテーマに繋げたかったからです。笑(後々わかります)

今回のテーマは、「最大限の努力を」ということで、高校は期末テストが終わり、4月上旬まで春休みの期間に入るでしょう。その期間、センター南駅前校は8:30から開館して、みんなが朝から勉強できる環境を整えています。

2019年度の試験は、最も難しい試験になります。2015年から文部科学省の指令で、大学の受け入れ人数削減が行われています。2019年度までに受け入れ人数削減を完遂することが条件であるため、2019年度の入試はかなり難しい試験になっていきます。

そしてはっきり言って、今年の受験結果はかなり厳しいものになっていました。皆が要求されていることは、「受かってきた先輩達の努力量を超えなければならない。もちろん担任助手の努力も。」ということです。より早期から、より一生懸命に、より効率良くやらなければなりません。

もうこの事実に気づいてスイッチを入れている受験生はたくさんいるでしょう。ある意味、春休みの自分の努力が大学受験の運命を分ける、もっと言うと今後の数十年間の人生を変えることでしょう。

しかし、ただ「頑張れ」とは言いません。頑張らないといけないことなんて誰しも分かっているから。そして多くのセン南校の生徒は頑張っています。

だからここでは、「最大限の努力をする意義」について言及しようかなと思います。

このブログで自分の近況について長々と述べた(特に研究会)のは、「大学生になっても、社会人になっても、”一生懸命に努力する人”・”しない人”」で分かれていくということを伝えたかったからです。まぁ、自分は頑張っている大学生の1人であり、こんな風に頑張っている人もいるんだなってことを知って欲しかったからです。笑

大学生になったら分かるけど、遊んでばかりの人もたくさんいます。しかし、大学受験で培った忍耐力・自己統制力を発揮して、努力を続けている人はいます。

そして考えてみてください。同じ会社に入った新入社員、数年後には立場に差が分かれてきます。大学でどんな経験をしたかなどの差はあるにしても、社会人としては基本的によーいスタートで始まるわけです。どこで昇格・維持が分かれるのか、その一つは間違いなく、「目の前の仕事に対して真摯に一生懸命向き合うということをやり続けられるか」ということがあります。

ここで言いたいことは、「高校時代に本気になって一生懸命努力した経験」を持っている人と持っていない人では、大学受験後に大きな差が生まれるということです。

将来の自分に胸を張れるような””を過ごしましょう。将来の自分に”ありがとう”と言われる””を過ごしましょう。

結局何を言われたって、何をするのも、自分次第です。高校時代、どう過ごすのか、時間を作ってしっかりと考えてください。
考えることっていうのはとっても重要です。自分と向き合うことで、「軸」ができます。軸が出来て腰を据えて努力する人はとても強いです。

と、固めなブログになりましたが、それほど受験生にとって大事な時期だからです。熱く応援してくれる人が、東進にはいます。1人で戦うわけじゃないんだから、前を向いて楽しく全力でやってやろう!

また校舎でお話ししましょう^ー^

 

慶應義塾大学環境情報学部2年羽地孝介

*************************************
まだ東進に通っていないキミ!
現在、東進ハイスクール センター南駅前校では、新年度特別招待講習のお申し込みを受け付けております!
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下の画像をクリック!

**************************************

 

 

最新記事一覧

過去の記事