東進に入った理由 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2015年 3月 18日 東進に入った理由

担任助手の岡田です。
いよいよ暖かくなり、新学期も近づいてきましたね。
季節の変わり目に体調を崩さないように十分に気をつけて下さい。

今日は「東進に入った理由」というテーマを頂いたので、
それについて書いていきたいと思います。

僕が東進に入学したのは高2の夏のおわり頃でした。
きっかけは夏の特別招待講習を受けたことでしたね。
安河内先生の関係詞を扱った授業を5コマ受けただけで
受験の終わりまで関係詞の問題で困ることが無かったのをよく覚えています。

なぜ特別招待講習に申し込んだのかもよく覚えています。
それは学校の成績が悪すぎたからです(泣)

所属していたサッカー部のルールで、
成績の悪い部員はグラウンド整備を毎日やらされました。
その対象者は僕だけで当時、
勉強とは無縁だった僕でもさすがに危機を感じ、予備校探しを始めました。

入学直後は受験に対してまっすぐ向き合うことはなく、目標も低かったです。
しかし、受検を終えた今思うのは
「もう少し本気になる時期が早ければ結果は変えられたのではないか。」
ということです。
振り返れば、「あの頃はあの頃でいろんなことに必死だったのだから仕方ない」
と思う部分もありますが、悔いは残りますね。

何気なく書いてみたブログですが、
これを読んで同じ失敗をするようでは本当に勿体の無いことですよ。
ぜひ、何らかの形で普段の学習への心構え活かしていただければと思います。

担任助手 岡田大毅