理系数学 in Summer | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2016年 7月 8日 理系数学 in Summer

 

こんにちは!担任助手一年石栄です。

最近数学の中間テストありましたがなかなか難しかったです。

学習の時間がなかなか取れず、苦戦中です・・・。

皆さんはそんなことがないよう計画立てて、しっかり勉強してください

 

  

ということでそんな自分になってほしくないので、皆さんの勉強に役立てればと思い今日は夏の間、数学をどう勉強していたかかきます。

まず12年生のころから。

学校の宿題が多かったのでその問題をひたすらといていました。

それに加えて学校から配られた演習書を1日8問というように量をきめて取り組んでいました。

2年の夏前には2Bが学校の方で終わりかけていて、少し学んだことが身についているか不安になり、復習にまわしていました。

1Aがあってこその2Bで、2Bあってこその3なので不安があれば予習よりも復習したほうがいいと思います。

1,2年生の皆さんに必要なのは、どれだけ取り組むかだと思います。

やった分だけ伸びます!

やることがたくさんある夏休みですが、上手に勉強と付き合っていきましょう

 

では3年生です。

このころはセンター過去問と演習書を自分にあったバランスで取り組んでいました。

というのは、試験がセンターの点数をほとんど考えない大学であったし、得意科目でもあったのでセンターの形式になれる程度の考えで取り組んでいました。

演習は1,2年のころと同様です。

ただ間違えてほしくないのは、数学のセンターが取れていないと本当に数学ができているのか怪しいです

なれる程度と書きましたが、苦手意識のあった図形とベクトルはセンターの問題を結構解いていました。

センターを解けば自分の苦手が見えてきます。

まずは解いてみるのが一番です。

 

 

 

後悔のない夏を!

 

東京工業大学2類一年石栄智貴

 

*******************
 予備校をお探しのみなさん!
ただいま東進ハイスクールセンター南駅前では、無料で授業を体験できる、夏期特別招待講習を受け付けております。
この機会に一度校舎にいらしてみませんか?
スタッフ一同、みなさまのお申し込み、ご来校をお待ちしております。
 *******************