私のセンター過去問大問別取り組み方 大渕ver | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2017年 5月 27日 私のセンター過去問大問別取り組み方 大渕ver

こんにちは!今は絶賛中間テスト中なので試験勉強に追われている大渕です(^_^;

 

みなさんの中には中間試験が終わったー!という人も多いと思いますが、受講をガンガン進めていますか?

6月末までに通期講座が終わりそうですか?その後はすぐにセンター過去問演習に取りかかれそうですか?


もうすでにセンター演習に取りかかっている人もいます!
受付の横に誰がどのくらいセンター演習を進めているのかがわかる掲示がありますよね?
まだ始めていない人もどんどん自分の名前を載せて1位を狙っていきましょう!

センターは慣れという部分もあるので演習量はもちろん重要ですがどうやって進めていくか、中身の部分も忘れちゃいけない!
ということで、
今回は私がセンター過去問大問別をどのように取り組んでいたか紹介したいと思います!

 

 ①復習ノート
これはいろいろな人から言われていると思いますが、必ず復習ノートを作成してください!
問題を貼ったり色ペンなどを使って見たときに何で間違えたのか何の知識が足りていなかったのか見てすぐにわかるノートを作成することをお勧めします。
色にこだわりすぎて時間をかけすぎないようにしてくださいね!女子には多いらしいので笑

私は復習ノートの他になかなか覚えられない公式や反応式などは全教科1冊の小さめのノートに書いて暇なときに確認するということもしていました。
よく分からなくなることはわかっていても正しいのは覚えきれていないということはありませんか?
見たことあるけどこれなんだっけ?ってよくなるものはありませんか?
毎日持ち歩いて何だっけ?となったときにすぐに確認できるので最終的には絶対に覚えています!ほんとに!

 

②時間を短く
そのままなのですが、解くときに時間を短めに設定していました。
大問別を印刷するときに設定時間が表示されています。見ていましたか?笑
その設定時間より少し短い時間をタイマーでセットして始めていました。


大問別をするときはマークの時間が含まれていなかったり、本番では焦りやすいので緊張のない環境で取り組むときは時間で焦るようにしていました。

 

③解く順番をみつける
これは特に時間が足りなくなる英語、数学、国語で必要になってきます。


みなさんはどの大問から解きますか?
なんでもかんでも大問1から解いている人はいませんか?


大問1から解いていて最後に自分の得意な分野を時間がなかったために解けなかったなんてなったらショックですよね?


だから自分に合った解く順番を見つけることが大切なんです!


以前、解く順番を模試で初めて変えてみたら失敗したという人がいました。せっかくセンター過去問演習講座をとっているのであればそこで色々試した方が良いですよね?
模試では今まで自分がやってきたことを見せつける場です。模試でお試しをするのではなくぜひ、演習中にお試しして探していってください!
人によって解く順番はかなり違いますよ!


私のセンター過去問大問別取り組み方として紹介してきましたが、みなさんも自分なりの取り組み方を見つけてみてください!

********************************
東進ハイスクールセンター南駅前校では、 随時体験授業や入学申込を受付中です!
校舎の熱い雰囲気と頑張れる環境を体験しに来てください!
スタッフ一同お待ちしています!!
********************************

最新記事一覧

過去の記事