私のセンター過去問大門分野別の取り組み方 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2016年 6月 17日 私のセンター過去問大門分野別の取り組み方

こんにちは、鈴木香瑠です。
ついこの間、ある小学校の体験学習の引率ボランティアに参加してきました。
現職の先生方はもちろん、子どもたちから学ぶことがたくさんあって、とても充実した楽しい時間を過ごすことができました!

さて、今回はセンター過去問大門分野別の取り組み方について話したいと思います。
プロジェクトSに参加した方は知っているかと思いますが、私は受験生の時、気が狂ったくらいセンター大門分野別をやっていました。
そんな私の取り組み方ですが、ポイントは3つあります


ストップウォッチを使う
センター試験は時間配分が高得点を取るための一番のカギといっても過言ではありません。各問題に自分がどれだけ時間がかかるのかを把握し、自分なりの時間戦略を練りましょう。

ポイントを整理する
日本史や倫理・政治経済は単語を整理し暗記することが点をとるポイントです。私は大門分野別で出てきた単語を毎度参考書などで確認し、記載されていない場合は書き込むようにしていました。

こんな風に書いておくと、本番前に確認したときに単語が整理していて便利です!自分なりの参考書を作っていきましょう。

やってやってやりまくる
本当にこれにつきます。これだけ読んでくれればもう十分です。笑
これは持論ですが、センター試験は一番失敗しやすい試験です。たくさん演習量をつんで、何かが起こっても動揺せずにしっかりと解けるようにしましょう。

本番で私は、英語の第四問に時間をとられ、自分で決めた配分時間より五分多くかかってしまいました。しかし、大量の演習量のおかげで第五問、六問を早く解け、見直しの時間もしっかり確保することができました。
今やっていることは必ず将来につながります。粘り強く取り組んでいきましょう!!

*******************
予備校をお探しのみなさん!
東進ハイスクールセンター南駅前校はいつでもみなさんの入学をお待ちしております。
気軽な相談でも、入学に関する相談でも、何か質問がありましたら、いつでもお電話、来校をお待ちしております。
 *******************

横浜国立大学教育人間科学部 1年 鈴木香瑠