第一志望校の決め方 | 東進ハイスクール センター南駅前校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2021年 10月 14日 第一志望校の決め方

 

今回は第1志望校の決め方!というテーマで書かせていただきます。

皆さん、志望校は決まっていますか??

模試の志望校登録の時、「これだ!」とすぐに特定の大学を書けていますか?

 

高校2年生は、もう決まっている方も多いかもしれません。

高校1年生、中学生も含め、多くの人は模試の際、

「名前を知っている大学を書いてる〜」

「なんとなく!○○大学かな」

なんて方のほうが多いのではないでしょうか?

 

そして皆さんは、

「志望校は早いうちから決めておけ!」

「自分のやりたいことができる大学に行くべき!!」

などと、様々な場所で言われることが多いと思います。

 

無数にある大学の中から、自分にあった大学を選ぶのって簡単なことではないですよね。

それから、そもそもなんで志望校を早く設定しないといけないの?

という疑問もありませんか?

 

ここからは、これらの疑問に答えつつ私の考えを話していきます!

①志望校を早く設定しておくべき理由

志望校を早く設定していると、

☆自分と志望校の間の差が分かるため、どのくらいの学習量が必要なのかが分かる!☆

これが大きな理由かなと思います。

 

決して、志望校は1つに絞る必要はありません。

いくつか候補があったとして、それらの試験で使う科目などが分かると、

まずは優先的に勉強していくべき科目や、目指すべきレベルが分かります。

(例1.国立文系の学部と、私立文系の学部が候補に含まれていたとしたら、いずれにしても使用する「英語」「国語」は優先順位が高い。)

(例2.早稲田大学と、法政大学が候補に含まれていたとしたら、両方受かるには早稲田レベルに仕上げなければならない。早稲田を目指すための勉強をするべき。)

 

学校の定期テストは、10科目くらいありますよね…

全ての科目で高得点をとるのはなかなか難しいですよね。

でも、自分の志望校が決まっていると、ある程度、自分が頑張らなければならない科目が分かります。

それらの科目を重視して、優先的に勉強することで、その結果が受験勉強につながるのです。

全部の科目を同じように頑張るよりは、優先順位をつけて頑張る方が、効率的です!!

 

さらに、志望校があることで、モチベーションが変わってくることも間違いありません!

受験がまだまだ先のように思えてしまいがちな、低学年の方は、

「自分がなんのために勉強をしているのか」を見失ってしまうことはありませんか?

ですが、志望校が決まっていると、自分の勉強の意義が見出せ、よりやる気が出ると思います。

 

②大学の選び方

まず、大学選びに必要な要素は

・学びたいことが学べる学部

・大学のレベル(偏差値)

・アクセス(一人暮らし可ならエリア広がる)

・文理&国公立か私立か

 

まず、この4つの要素に、自分の考えを当てはめてみてください。

学部などは複数出てきてしまうと思いますが、全然良いです!

 

あとは、これに当てはまる大学をさがしていきます。

ネットが便利ですが、

私は、よく東進の大学偏差値ランキングというHPを使って大学を絞っていました!

これで、目指したい大学がどのくらいのレベルなのかが分かります!

 

それから、気になる大学のパンフレットを手にいれるというのは、かなり大学のイメージが湧く手段です!

学部の「カリキュラム」などに注目してみて下さい!どのようなことが学べて、どのような授業が行われているのかということが分かるはずです!

私も、気になった大学のものはすぐに取り寄せて、家に大量にありました^o^

 

 

こんな感じですかね!

みなさんが、「行きたい!!」と思える大学と出会えることを願っています!

上智大学 総合人間科学部2年 木村若葉

 

 

************************************

お申込みはコチラ!