精神論 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2016年 8月 13日 精神論

こんにちは!最近刑事裁判の本をちまちま読み始めました。やっぱり法学部楽しいなあと思います、長久保です。夏も盛りで外にいるだけで汗がにじむ毎日ですね。受験生は外の暑さに触れる時間が殆ど無いぐらいに朝早くから夜遅くまで教室で机に向かっていますね。

去年の自分もこんなんだったかな…としみじみ懐かしくもあり、またひとつのことを精一杯やっている姿を見て誇らしい気持ちになります。

自分も親に引かれるほどに、必死こいててカッコ悪いんじゃないかなと思うぐらい受験勉強したあの頃をふりかえると逆に必死になれるほどがんばれていたことがカッコいいなと思います。

皆さんは今「必死こいて」できていますか?

でも、一生懸命になるってただやろうと思って行動できるものじゃないです。明日のテストのために集中して勉強しよう!!なんて思ったところでお腹は空いてくるしそれでご飯を食べてたら眠くなるし。友達と一緒だったら食べながらおしゃべりにキリが見えなくなって、気づいたら携帯触ってて、、、結局全然できませんでしたー!なんてのはあるあるです。経験がある人も多いかもしれません。私もあります。笑

どうやって自分を保つの!!!眠気・空腹・テレビ(丁度今オリンピックだったり。)や携帯などの誘惑に勝つためにどうしたらいいか、、、私がどうやっていたかちょっと紹介します!

①志望校に受かったら手に入るわくわくを思い出す。

定番です。負けそうになったら大好きなあのキャンパスに通って、毎日興味のあることが勉強できて、バイトもして、好きなもの買ったて遊んでー!みたいな。めっちゃベタですが妄想が一番の薬になってました。とにかく受かったら、の妄想です。笑

②自分よりもやっている人を見る。

ライバルは全国にいるのにこの小さい校舎の中で負けてたら落ちる。というか校舎で頑張ってる人として認められたかったという気持ちもあり自分よりもやってる人、点が取れる人がいるのが悔しかったのをバネにしていました。あの人たちに点数で負けてても努力量で負けたくない!とか。その人たちの志望校なんて全く関係なし!

③集中が切れたらの対処法確立

とにかく眠い→立って音読 空腹→おにぎりとかチョコ持ってくる。でも中途半端にお腹にもの入れるよりちょっと我慢しつづけたあとのほうが意外と集中できるものです。 その他誘惑→周りの人への監視要請 などなど!

 

受験は全国区の戦いだけれど、受験生活を紐解いてみればその多くを占めているのは自分との戦い連続です。意外と。

高校を卒業したその春に、悔いを残すか残さないかは今の自分がしている行動選択のひとつひとつにかかっています。

 

***************

東進ハイスクールセンター南駅前校では、 随時体験授業や入学申込を受付中です! 校舎の熱い雰囲気と頑張れる環境を体験しに来てください! お待ちしています!!

***************

法政大学法学部1年 長久保みらい