自信をつけるために | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2015年 12月 6日 自信をつけるために

みなさんこんにちは。福田です。
本日は自信をつけるために、ということで紹介したいと思います。

自分は昔、ある取材に対応したコンサルティングをしている人の記事を見つけました。
その記事の題名は
”自分に自信がない人が、100%できる「自信のつけ方」”

「これは興味深いな!」
たしか大学1年生だった頃でした。福田君はそう思ったわけです。

彼曰く、自信がない人に共通する点として

1)やるべきことを、やっていない

2)やるべきことを、やるのが遅い

3)やるべきことを、やり続けていない

ということを挙げていました。

よって、以上の3点を意識し行動しこれらに当てはまらないよう日々生活を送ることが大事だということです。
ただ、それは結構大変ですよね。
一番困難なのが3番の”続ける”こと、だと言っていました。
これに関しては自分も同意です。

一念発起してやろうと決めたけど、継続できなかった。そんな経験をした人も多いと思います。
自分もあります。

自分が一番この記事を読んで響いたのは、

誰もがやろうと思えばできることをやり続ける、
そのことこそが、ほとんどの人ができないこと、困難なことなのです。
それを続ける歴史は多くの人の尊敬の念を集め、
自分を信頼できるようになる礎(いしずえ)となってくれるでしょう

という発言です。

「これは間違いないよなぁ…」
そう自分は思わされました。

よく東進生のみなさんに
「自信をつけるにはどうすればいいですか?」
と聞かれることがあります。

これを読んで以来、
「何でもいいから継続できるものを探して、継続しなさい。」
そうアドバイスしています。

「高速マスターを毎日30分は触れる」
「毎日寝る前に15分は音読する」

「毎日問題集を3ページ解く」

そんなに大きなことのように思えないかもしれませんが十分自信につながると思います。

実際自分が高校生の頃を今振り返ると、
何かを継続して頑張れた時に自信は持てていました。
しかも自信を持てると成績も比例して伸びていました。

正直、成績が伸びるまでには多少時間はかかりました。

要は継続力。

自分に自信がない人へ。
何か継続できるものを探すところから始めてみてはいかがでしょうか。

担任助手 2年 福田千翔