自分解体新書 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2016年 9月 2日 自分解体新書

どうも挾間です! :-D再登場です! 😆
9月になりましたがまだまだ暑いですね…毎日アイス食べてばっかです。
今週から自分のサークルでは慶應義塾大学の文化祭である三田祭それから日吉で行われる矢上祭に向けてのダンスの練習が始まり毎日振り付けを覚えるので頭がパンクしそうです。ちなみに公演は三田祭が11月、矢上祭が10月にあるのでよかったら来てくださいね!(3年生は来ちゃダメだよ)

イベントの告知はこのくらいにしておきまして、、

本日のブログテーマは「自分解体新書」
…ん??なんだなんだ??って感じですよね

日本史選択の方は解体新書という言葉には何度かお会いしたこともあるかと思いますしワンオク好きな人はデビューシングルとして馴染み深いあの曲のタイトルにも似てますしそっちに気がいってますよね?

今回は自分についての解説書という意味で使いたいと思います。
そうです。「過去問研究ノート」についてのお話です!

センター試験用の過去問研究ノートを作っていた方はその調子でこれからは二次私大用の過去問研究ノートも作っていってください。 
まだ過去問研究ノートなんて作っていないよ!って方。二次私大は過去問研究をしっかりしてそれを書きとめておいたほうが良いですよ!合否に直結する可能性も高いです !

過去問研究ノートに何を書くかは人それぞれ違うと思います。
復習用のノートとしてここを間違えたみたいなことを書く人もいるかと思います。

自分は過去問研究ノートに解いた過去問の年度と配点及びだいたいの自分の得点、それから合格のために必要な点数を書いていてモチベーションの維持に役立てることができました。 
過去問を解くことで新たに気づかされる部分が やはり多い(意外と自分文法できてないなとか)のでそこらへんも書いておくと良いと思います。

みんなのこれからの分析力に期待しています。
Analysis can reveal everything.
自分は過去問研究ノートの表紙にこう書いていました。(ダサとか言わない)

慶應義塾大学経済学部1年 挾間 彬