英語が苦手な人へ | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2020年 9月 10日 英語が苦手な人へ

こんにちは!中山です!

久々の登場ですかね。
私は9月に入ってから本を2冊読んだんですけど、やっぱり読書っていいなと思いました。
昨年までは通学時間が長かったのでそこで沢山本を読んでいたのですが、今年は大学がオンラインということもあり、本を読む機会が減っていました。
下半期はもっと読んでいきたいです!!
 
 
今回のブログは英語が嫌い・苦手な人向けに私のやっていた勉強法を紹介します。
 
 
知ってる人もいるかもしれませが、私は英語がいっっっっちばん苦手です。
本当に苦手でした。
当時の担任、担当だった人も私の英語の苦手加減にだいぶ苦労されたことと思います。
英語という科目は他の科目に比べ、将来に役立つ人が多いと思います。
もちろん私もその1人に入る訳ですが、教員になることが夢の私はあまり将来的にも英語を使う機会が少ないです。
そいういうこともあってか、より英語の勉強のモチベを保つのが大変でした。
 
 
そんな私が何とか英語嫌いを克服するためにやっていたことを紹介します!!
 
 
 
①毎日1時間は単語、熟語をやる
基本的に単語や熟語が拾えれば、ある程度文章の意味を読み取ることができます。
あと、ここで大事なのは毎日1時間という部分です。
毎日やることでどんなに嫌いでも、苦手でもだんだんと慣れてきます
また、時間で区切ることで必ず終わりが来ます。
単語などをやる時に「」単語覚えるまで」としてしまうと、終わりが見えなくて嫌になって途中で辞めてしまったり、完璧に覚えているかは正直曖昧です。
なので時間で区切るのをおすすめします!!
高速基礎マスターでももちろんいいですし、単語帳でもいいと思います!
難関大学を目指す場合はいくら英語が苦手だとしても高いレベルが求められます。
単語は英検準1級程度は必要になってくるのでそこまで見据えて進めていきましょう!!!
 
 
 
②毎日ひとつ長文を読む
単語や熟語と一緒に長文の読解も毎日やることをおすすめします。
理由としては、覚えた単語のアウトプットができるからです!
また、模試などでいきなり長文を6個読むことになっても、集中しきれなかったりすることってありませんか??
それって慣れてないからだと思うんですよね。
毎日長文をひとつ読んでいれば、文章を読みきる体力もつきます。
英語が苦手な人に関しては、どれだけ最後まで集中して諦めずに解けるかってすごく大事なポイントだと思うので、毎日英語に触れていきましょう。
私は長文速読トレーニングや大問分野別演習などのコンテンツを使っていました。
 
 
 
最後に!!
英語が苦手な人ってたくさんいると思います。
ぶっちゃけ英語得意にならなくてもいいです。
合格に必要な最低限の点数が取れれば十分だと思います。
私も英語に関してはセンター試験で7-8割を目標にしていました。
でもこの戦略で合格を勝ち取るなら、必ず別の得意教科が必要です。
私の場合は数学でした。
志望学部にもよりますが、みんながみんな英語を武器に受験に挑む必要はないです。
だから、これを最後まで読んでくれた英語が苦手なみんなは、必ず英語以外で得意教科を作ってください。
逆に英語以外で得意教科がない場合は合格がかなり厳しくなってきます。
自分がどういう戦略で合格を勝ち取っていくのか。
第1志望校の配点などを調べ、考えてみましょう!!! 
 
 
英語好き・得意にならなくてもいいから、嫌い・苦手から脱出しようね!!!

 

日本大学理工学部 2年 中山小春

***********************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!

************************************

お申込みはコチラ!