設計! | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2017年 12月 6日 設計!

こんにちは!平田です!
12月は完全復帰の予定でしたが全く復帰してなくてすいません。猛反。
この間、オーケストラ見てきたんですけど、ムッチャ良かったです。                                    
なんとも言えない一体感、迫力などなど、終始圧倒されてました。                                       
吹奏楽部に魅力感じてます。                            
高校生に戻ったらダーツなんかしないで吹奏楽部に入りたいです。                                      
  本当に興味なくても1回くらい行ってみても損ないと思います。


あ、ちなみにtoshinの冬期合宿に行くことになりました。
高3夏期以来の!ドキドキがトマらねぇ!!!


というわけで冬は結局あんまり校舎にいれない説。謝罪の念を込めてます。陳謝


今日のブログはメインは高12向けです。高3の子は下まで飛ばして読んでください。下にメッセージ付きです。

今は高校生は何シーズンですかねー。            
冬休み前ウキウキ気分?センター前ドキドキ気分?千題テストオドオド気分?
まぁ学年がいろいろあるのでそれぞれ何かしら感情があると思います。
僕が高2の時は定期テストそわそわ期間でした笑。
本当に今となっては誇れることじゃ無いですけど、学校の勉強はほとんどしてませんでした。
テストも1週間前から勉強を始めて、理系科目は赤点の嵐でしたねーー。
きっと同じような状況の人、校舎にいっぱいいるんじゃ無いのかと思います。                    
僕も高校生の時はそうだったし、それで大丈夫だとも思ってたし、それが普通だと思ってました。

でも、今だから言えるのは                              

 やっぱりそれやめた方がいいヨ、ってこと。
コツコツ勉強しとけよ、ってこと。

学力の差は時間の差ってよく言いますけど、本当にこれ。
3-4ヶ月の勉強量の差で合格大学のランクは本当に1ランクくらい変わります


で、この勉強時間っていうのはもちろんだけど高校で勉強する時間も含まれてます。        
例えば数学なら、そこら辺の私立高校のほとんどは高1の間にⅡBまで終わるようにカリキュラムが組まれてます。でもまだⅡBなんか終わってないよ、っていう高2生もいると思います。これも「学力の差は時間の差」の1種類だと思います。別に私立がいいって言ってるわけでも公立が悪いっていうわけでもないです。

でも広く世界を見れば、自分よりもやってる人なんて腐るほどいますよ、ってこと

なんの話ししてたっけ。あ、コツコツやれよ、って話だった。そうそう。

今、自分が校舎で受けてる東進の授業を思い浮かべてください。                                              
どのくらいのレベルの授業受けてますか?                                                
例えば高2の今の時期で、何かの科目で志望校レベルの授業を受けれてたら、志望の度合いにもよるけどそんな遅れはとってないんじゃないかなって思います。                                    
逆に今、1回学校でやってるはずの復習の授業を受けてる人。
それが悪いことだとは思わないし、丁寧に1つずつ進めて行くのはいいことだと思います。                                                  でも、それをもう終えて、先に進んでる人がいることを忘れないでほしいです。                
コツコツやってきて、今はもう1つ2つ上のレベルをやっている人がいることを忘れないでほしいです。                     

全く復習せずにバンバン進んじゃうのもよくないですけど、でもトロトロやってたら遅れとります、ってこと。
今からでも遅くないです。
コツコツ、そして自分のいる位置を正確に見定めて適切なペースで勉強しましょう。
そうすればきっと後で笑うときがきます。

あ、今日はちなみに合格設計図の話をしたくてブログを書き始めたんですけど、
なぜかコツコツ路線に走ってしまってました。大幅に進路変更します。

今、高校12年生が書いてる合格設計図。        
これ、本当に守ってやっていけばしっかり合格につながるものです。                                    
 それは自分でしっかり考えよう。                    
そしてそれを丁寧に作りきり、かつ実行し切れれば受かる、っていうものを作り上げてください。

あ、伝えたいことはこれだけです。はい。

 

最後に高校3年生!こんなクソ忙しいそわそわしてる時にブログを見てくれてありがとう!
いろんな人にメッセージを送ります。
①不安なひと
本番がどんどん近づいてて、それは誰にも止められなくて何とも言えない不安がきっとみんなを襲ってくるんじゃないかと思います。
でも、不安は努力の証だと僕は今でも思ってます。
不安になる人は努力が報われない不安をしてるんだと思うんですけど、それはやっぱり努力してないとそうならない。
努力してるから、それが報われない不安に襲われるんです。
その不安を力に変えていけることができる人がきっと受かると思います。
まだまだ頑張れると思います。大丈夫だ。


②自信がない人
自信がないのは、きっともっと努力が必要になります。
自信がないことと不安なことは、全然違う。                                                            
自信がない理由はやりきれてないから、ラグビー日本代表監督だったエディジョーンズは言ってます。
僕はラグビーの日本代表監督じゃないですけど、その通りだと思います。
自信がないならつくまでやりきるべき。
余力を残して突破できるほど受験は甘くないです。
不合格が出てからじゃ遅いんです
まだまだ頑張れる。大丈夫だ。

 

まぁいろんな人がいると思いますが受験生は最後の1ヶ月が一番伸びます。                          
それはみんなが今まで受験生活をやってきたからです。
やってきて色々な成功や失敗を重ねて、
ベストな勉強方法や時間の使い方がやっと見つかって、
自分が本当に確立するのはこの冬です。                                                        

だからみんな伸びます。 例外なく伸びます。                                   
 今のみんなはきっと間違ってないです。        
今の自分を最後まで信じれば、きっと伸びます。                                                                          
自分を信じましょ。                                              

僕がみんなのこと信じてるんだから自分も自分くらい信じてあげてください。

どうしても不安なら僕にでも話してください。
割と人の話を聞くのは得意です。
微妙に定評もあります、あると信じてます。
いつでも話し聞きます、聞いて欲しかったら誰か受付の人にでも言ってください、飛んでいきます、羽生えてるので。

長くなりました。自分でも少し引いてます。
終わります。
最後に、、、ベタ中のベタですが…

 

みんながんばれ

早稲田大学教育学部2年平田諒

************************************
そしてそして、まだ東進に通っていないキミにビックなお知らせ!📢
ただ今申し込み受付中の、冬期特別招待講習では、なんとこの数学計算演習が体験できちゃいます!
ぜひこの機会に計算力を鍛えよう!
12/10までのお申し込みで3講座無料で体験できます!
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
**************************************

 

 

最新記事一覧

過去の記事