1003ホームルーム | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2020年 10月 4日 1003ホームルーム

こんにちは!佐々木です。
本当は今週のホームルームで話す予定だったんですが…
色々あって、
トップリーダーと学ぶワークショップに参加してきたので
急遽阿部担任助手に代理をしてもらいました!

ありがとう!

ということで、わたしが話す予定で阿部担任助手が話してくれた
今週のホームルームの内容について書いていきます。

 

①古きセン南を知る者から見た「受かる受験生」
生徒時代も含めると、セン南在籍歴がなんと校舎長よりも長い佐々木。
そんな私から見た「受かる受験生」とは?
歴代の成功者たちの様子を紹介しました。
苦手科目を早めから受講して、センター本番で満点を取った生徒
苦手科目の高速マスターを早期に完全修得、
得意科目は点数を安定させるために高速マスターを活用して見事合格を勝ち取った生徒

予定把握能力に優れ、もの凄い受講ペースで演習時間を確保した生徒
色んな生徒がいます。
しかし、共通していることもあります。
やるべき事をやり切っていることです。
時期や量、レベルは人によって異なります。
けれど、その人にとって最善の時期にやるべきことをやり切れている
+α 自分だけの工夫 がある人たちが「受かる受験生」だと思います!

 

②受験生の秋について
やることありすぎてパンクしそう
やっても先が見えなくて病みそう
指定校組が決まってて流されちゃう
どうしてもネガティブになりがちな時期だと思います。
個人的に受験生で1番しんどい時期な気がします。
実際わたしは辛すぎることから目を背けて、
やればなんとかなりそうな科目ばかり勉強していました。

そもそも、指定校で決まった親友と一緒になってめちゃくちゃ文化祭にかまけていました…
お陰で10月模試は悲惨でしたね。
ただ、ひたすらやっていた日本史だけは伸びました笑
いくらやっても…って感じるかもしれません。
だけど、この時期踏ん張れた部分は必ず点数になってかえってきます。
逆に踏ん張りきれないと夏の頑張りが勿体ない…っていう結果に繋がります。
がんばれ受験生!正念場だよ!

 

という話をしてもらいました。
明日からは普通に校舎にいるので、
わたしからもっと詳しく聞きたいっていう人
トップリーダーの話が知りたい人は
ぜひ受付に声をかけに来てください!

 

津田塾大学学芸学部国際関係学科4年 佐々木映

 

******************************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!

*****************************************************

お申込みはコチラ!