8月模試の意味(低学年) | 東進ハイスクール センター南駅前校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2021年 8月 17日 8月模試の意味(低学年)

 

みなさん、こんにちは!

田中です!

 

ところで、私は横国のアカペラサークルに入っているのですが、

先日、某テレビ番組のアカペラリーグで、先輩方が準優勝しました!!!

おめでとうございます!!!!!

昔からアカペラが大好きなので、大興奮でした!!!

アカペラは人間の声だけで音楽を奏でるので、聞いていて心地の良い素敵な音楽です。

是非皆さんもよかったら聴いてみてください(^^)/

 

さて、今回のブログテーマは「8月模試の意味(低学年)」です。

今週末  8月22日(日)は、共通テスト本番レベル模試ですね。

皆さんこれを見据えて勉強できているでしょうか?

これからどんな心構えで受けるとよいのかお話していきたいと思います!

8月模試が低学年の皆さんにとってどのような位置づけになるかという部分に着目しましょう!

 

①夏休みの成果を発揮するチャンス

この模試が8月末、つまり夏休みの終わりに設置されているということは……

夏休みの勉強成果を発揮する場だということですね。

この夏は、夏休み前面談で予定を組んだり、ひまわり特訓のイベントを実施したりと、皆さんの夏の勉強が捗るように応援してきたつもりです。

部活や宿題等はあったかと思いますが、普段よりは時間に余裕があったことでしょう。

受講や高マス、弱点補強等に上手く時間を割けたでしょうか?

自分なりの目標を達成できたでしょうか?

それに向けて頑張ってきたのなら、おのずと結果に表れてくるはずです

そうしたら、かなり自分の自信に繋がると思います

まずい…と思っている人がもしいれば、せめてでも今週中はラストスパートかけましょう!!

 

②問題形式への慣れと立ち位置の確認

項目2つやないかい!って感じになってしまいました、すみません。

これは共通テスト本番レベル模試、毎回毎回に言えることですね。

‘’本番レベル‘’ とついているだけあって、問題形式は実際本番で出題されるものと似せて作られています

形式に慣れるだけでも格段に解きやすくなります!

そして、本番レベルだからこそ、比較的正確に立ち位置も分かります

志望校のAライン得点との距離を確認する良い機会です

しかも、皆さんは夏休み中に沢山大学や学部についての調査をしてくれていて、志望校についてもじっくり考えたと思います。

それを是非志望校記入のところに反映させてみてください!

その結果が秋からの勉強計画を立てるときの指針にもなると思います。

 

こんなところでしょうか!

とにかく、あと数日できるだけのことはして、当日一生懸命受験してきてください!

応援しています。

 

横浜国立大学経営学部1年 田中帆風

************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!

************************************

お申込みはコチラ!

<img src="https://www.toshin-centerminami.com/wordpress/wp-content/uploads/ac5e6748492f8d2a84e31365b7ee1f1a-300×123.png" alt="" width="600" height="246" cl

過去の記事