ブログ | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ 

2021年 6月 20日 過去問の受け方・復習の仕方 数学編

こんにちは、2年担任助手の西村です!

最近、大学の体育でバドミントンをやっています。

バドミントンやっているとき、たくさん走って、大汗かいて、無我夢中に大暴れできるので最高です。

(暴れすぎて、膝や肘に擦り傷ができてしまいましたが…笑)

皆さんも、熱中できるものを探してみてはどうでしょうか。

 

 

さて、本題に移ります。

今回のテーマは、過去問の受け方・復習の仕方 数学編 です。

実際に僕がやっていたことを紹介していきたいと思うので、

少しでも良いなと感じたらぜひ取り入れてみてください!

共通テスト対策と2次私大対策の過去問がありますが、

若干意識していたことが異なっていた点もあったので、

そこの説明もしていきたいと思います!

 

 

①過去問の受け方について

意識していたのは、テスト開始時の行動です。

・共通テスト対策

⇒各大問の時間配分内で、絶対取り切れる問題はどのあたりまでかを確認する

・二次私大対策

⇒どの大問が解きやすそうかを見て、解く順番を決める

 

具体的に説明します。

・共通テスト対策

短い時間内で得点を取ることが求められています。

そして得点を稼ぐには、

各大問でバランス良く得点を取ることが大事だと僕は考えています。

そのためには、各大問どの問題までは確実に確保するのかを、

考えるということをしていました。

 

例えば微分積分の大問であれば、

最後の一問で面積・体積を求めることが多く、

その一問にかなり時間を必要とする傾向が多々あります。

そして、その一問でわずか2点など、

配点が小さい傾向もあります。

なので、その一問は後回しにして、

その前の問題までを確実に取りに行けるように意識していました!

 

そうすることで、解けない時はある問題に止まりすぎることなく、

つぎにいこう!とできやすくなりました。

ある問題に留まりすぎないということが大事です!

配点に対して必要な時間が多すぎる問題がどういう傾向にあるかを、

見分ける練習もできると良いですね!

 

・2次私大対策

解ける問題から始め、確実に得点を取るということが大切だと考えています。

なので、過去問を解き始める前に、

どの問題から解くのかといった順番を決めていました。

僕は、

自分の得意な分野や、典型問題から解き進めよう!

逆に苦手な範囲や難しそうな問題は後回しにしよう!

この2点を意識していました。

 

実際解き始めると難しい…ということがあると思います。

そのために、解き始めてから5分経っても前進しなかった時は、飛ばす!

というようにしていました!

 

あとは、見極めの練習をすることも大切です!

この問題は周りの人も確実に解いてくるだろうといったり、

逆にみんな解けないだろうといった問題の区別ができるとなお良いと思います!

 

②過去問の復習の仕方について

これは共通テスト・2次私大対策で同じようなことをしていました。

徹底していたのは、

解説の理解です!

どういう解法を使っているのかを確認し、

その解法自体や途中計算で分からないところがないように、

理解に努めていました。

そして分からない・忘れていた解法があれば、

受講のテキストや参考書に戻りチェックするということを徹底していました。

自分が頼れる何かのツールに戻って、

解放をチェックするということが大事です!

 

長くなりすぎましたね、このくらいにしておきます。

まだまだ細かいポイントもあるので、

気になる人は校舎でぜひ声かけてください。

少しでも参考になったら良いなと思います!

 

東京理科大学 工学部工業化学科 二年 西村英太郎

************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!

************************************

お申込みはコチラ!

2021年 6月 19日 過去問演習・復習の仕方【国語編】


こんにちは!常峰です^_^

最近ジメジメしてますね…梅雨入り…!!

雨が降るとやっぱり気持ちがパッとしなくなるので、はやく晴れが続く夏が来て欲しい…!と切実に思います!

そしてそして、6月も中旬になりましたね。

受験生はいつでもやることいっぱいですが、特にこの時期は、受講、過去問、二次試験・私大試験に向けての応用知識のインプットなど、やるべきことが多岐にわたるので、大変だと思います。

共通テスト過去問を解き始めている人も大勢いると思います◎

そこで今日は、過去問演習の仕方、復習の仕方について話したいと思います。

もうすでに何人か書いてくれてますね。

私からは国語にフォーカスしてお伝えしたいと思います! 

実はこの私、国語に関しては大の苦手科目だったのですが、過去問の復習の仕方で点数を大幅に伸ばすことができました◎

では私なりのポイントを2つ紹介します。

 

①過去問を解くときは本番と同じ状況で!

過去問を解くときは、当たり前ですが一年分通して解きます。たまに今日は現代文だけやって、明日古文漢文やる、という人がいるみたいですが、私は一年分解くことをお勧めします。

また、国語は特に時間配分が厳しく感じる人も多いと思うので、制限時間を測って、プレッシャーのある状態で解くようにしましょう。

解法などの解くときに意識することは、人それぞれだと思うので、ここでは割愛します。

 

②過去問は復習が命!

圧倒的にこれです。

国語は、社会のように過去問と同じ問題が入試本番で出ることがほとんどないと言えるので、復習をおろそかにすると、過去問を解く意味が半減してしまいます。

大事なのは、その問題を間違えた原因や正しい解法などを抽象化し、他の問題を解くときに正しい解法を転用することです。

少し難しく聞こえると思いますが、私もこれは初めからできたわけではありません!

皆さんにやってほしくないのは、ある問題でしか通用しない復習の仕方です。

どういうことかわからない人も多いと思うので説明します笑

 

例えば、筆者の主張を問う問題を間違えたとします。復習の時に、

 「この問題はここに××と書いていて、ここにも××と書いてあるから、答えは①になる!」

てところで終わってしまう復習の仕方です。

これではその問題にしか通用しない力になりかねません。

上記のように終わってしまうのではなく、一歩俯瞰してその問題を見てみます

すると、他の問題に転用できるようになります。

 

「この問題は、ここに××と書いてあって、ここにも××と書いてあるな。使う表現は違うけど、筆者は文章中で一貫して同じ××のことを主張しているな。

→全く同じ表現じゃないけど、同じ内容・価値観のことを幾度が伝えている→筆者の主張になりやすい。」

みたいな感じです!(文面で伝えるのとても難しいです…伝わりましたか…?)

 

過去問演習は、週に2.3年分など解く週とあると思うので、復習がおろそかになりがちですが、復習が大事です!!

解くことが目的にならないように、一回の過去問で必ず一つは収穫を得て、次の過去問はうつるようにしましょう!

今回は、少し伝わりにくい内容だったかもしれないです。申し訳ないです。

ぜひ校舎で聞いてくれると嬉しいです!

こっから本格的に過去問演習をしていく上で、自分なりの復習の仕方を見つけてみてください!

 

早稲田大学社会科学部2年 常峰菜生

************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!

************************************

お申込みはコチラ!

 

2021年 6月 17日 過去問(英語)

 

こんにちは!大形です

 

だいぶ暑くなりましたね、、

夏はあまり好きではないのですが、夏休みにやりたいことを考えて少しわくわくもしています

 

今日は英語の過去問についてです

 

高3のみなさん、共通テスト・二次私大の過去問解き始めていますか??

 

おそらくまだ手をつけてないという方もいると思います

 

それはもったいないです!

 

過去問を解くのは、

自分の実力がどのくらいかを知って、求められている学力までもっていくのにどう勉強していくのかを考えるためだと思っています

 

点数がとれないんじゃないかとかそういうことは気にせず、どんどん受けてみましょう!

 

 

今日のブログのテーマは、過去問(英語)ということで、私がどのように過去問を使っていて、どのように復習していたのかを話したいと思います!

 

【共通テスト】

→年度別

 

私は、年度別の英語を10年分を2周ほど解きました!

 

解いた時期としては、夏休みまでに一周。

あとは模試の前に一年分は必ず解いて、そのほかは二次私大の勉強を中心的にしている8月中旬から12月末、ウォーミングアップ的な感じで解いたり、共通テストの感覚を忘れないようにするために解いたりしていました。

 

 

私の代から共通テストになったということで、問題形式が変わったので慣れるためにもたくさん解きました。

 

 

そうしたことで、だんだん読むスピードが速くなっていったし、得意な大問や苦手な大問がはっきりし時間の使い方も考えるようになりました

 

復習では

1、わからない単語はノートにまとめて何度も見る

共通テストレベルの単語はたくさん出てくるから完璧にするべき

 

2、和訳を見ながら、わからない文の構文をとる

 

は必ずしていました

 

 

 

【二次私大】

→第一志望過去問講座、赤本、過去問データベース

 

とりあえず8月末までに10年分ときましたが、1週目はボロボロでした

 

本当にボロボロで何度か泣きそうにはなりましたが、まあみんなこんなもんだと自分を励まし、2次私大もほぼ2周解きました

 

2周目を解いたのは、共通テストが終わってからです(その前も何年分かは解いてます)

 

復習方法としては、共通テストと大体一緒ですが、

1、わからない単語をノートにまとめて何度も見直す

 

2、解説を見た後に、もう一度考え直してみる

 

3、苦手な大問は過去問データベースで印刷して、10年以上解く

 

をしていました

 

 

 

私が過去問を解いておいてよかったなと思うのは、

自分なりの解き方を見つけられたということです。

 

早稲田大学国際教養学部の試験の英語は結構独特なので、私は5年ぐらい解いても、時間は足りないし、間違ってしまうことが多く、3分の1ぐらいの点数しか取れていませんでした。

 

しかし、たくさんの量をこなしたことで、長文での印の付け方だったり、問題の解き方だったり自分なりの解き方を見つけられました。

 

それが1番合格に直結したのかなと思っています!

 

 

過去問は最高の教材だと思っています

 

たくさん解いて、たくさん復習して、全部自分のものにしてください!

 

まずは共通テスト10年分頑張ろう!

 

早稲田大学国際教養学部1年 大形真菜

 

************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!

************************************

お申込みはコチラ!

 

2021年 6月 16日 共通テストについて

こんにちは! 1年担任助手の冨澤です~

突然ですが、あと共通テストまで何日か知っていますか??

正解は213日です!

まだまだ時間はあると思った人も、時間がないと焦る人もいると思います。

 

今回のテーマは共通テストについてです!

共通テストってなんなの? 何で受けるの?と疑問に思っている人は少なくないでしょう!

このブログを読み終わった後には共通テストの重要性について理解できるでしょう!

 

では、まず共通テストとはどんなテストでしょう

正式名称は大学入学共通テストといいます。

2020年までは共通テストの前身のセンター試験というテストがありましたが、2021年1月からは新たに共通テストが実施されることとなりました。

第一回の共通テストでは53万人が出願しましたこれは、全体の受験生の56%が出願していることになります。

 

センター試験と共通テストでは具体的に何が違うのでしょうか

 

それは、まず、目的として思考力・判断力・表現力をより一層重視した評価ができるよう、作問や出題形式が見直されました。

問題は全科目でグラフ、地図、写真、文章など読み取る資料の分量が増加しました。

 

英語ではリスニングとリーディングの点数が同じになりました。また、リーディングはセンター試験のようにアクセントや文法穴埋めのなどの問題がなくなり、すべての問題が文章や資料の読み取り問題になりました。リスニングもセンター試験ではすべて2回同じ音声が流されていましたが、1度しか流されない問題も出題されるようになりました。

 

数学1Aは試験時間が60分から70分に変わりました。

 

などなどすべての科目でこれまでのセンター試験とは多くの変更された点があります。

したがって、これまでのセンター試験のための勉強とは違う勉強が求められるのです。

 

次に、共通テストは何のために受けるのか、その重要性について

共通テスト利用入試というものがあります。その中にも共通テスト併用型と単独型があります。

共通テスト利用入試というのは共通テストの得点を試験の合否に利用するというもので、多くの大学入試で利用されています。

併用型では、大学独自のテストや小論文、面接などに共通テストの結果を合わせて合否を決めます。

単独型では、共通テストの点数のみで合否を決めます。

 

共通テスト利用入試のメリットは単独型では、多くが一般選抜と併願できてチャンスが増えたり、共通テストだけで様々な大学を受験できるのでテストを受ける手間がなかったり、共通テストの点数のみで合否が出るので心の安定剤になったり、一般入試より安く受験できるなどの利点があります。

 

また、国公立の受験ではほとんどが共通テストの結果を利用します。

 

共通テストについて理解できたでしょうか?

共通テストは重要な試験です。いい結果を残せるようにしっかり対策しましょう!!

 

東京工業大学 生命理工学院1年冨澤慶太

************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!

************************************

お申込みはコチラ!

 

2021年 6月 15日 休憩の使い方

 

 

 

 

 

こんにちは、坂井です。

 

最近地味に中間のレポートが講義によって出てきたり

出てこなかったり。

なんかいっそのことこの講義は出すとかこの講義は出さないよ

とかじゃなくて

全講義統一して出すのか出さないのかはっきりして欲しいなとか

思ってしまったりします。

まあ自分がきちんと追っていけばいい話なんですよね。

はい、すいませんでした。

 

さっさと本題に入りたいと思います。

 

 

 

今回は”休憩の使い方”

です。

みなさんどうですかね。

うまいこと休憩できていますか??

 

休憩なんてしなくて24時間ぶっ通しで勉強できる人間なんていないので

必ず全然休憩しないよって人でも

寝たり食事を取ったり、いろんな形で休憩を取っていると思います。

自分は休憩完璧な方法で取れてるぜって人いますかね。

正直あまりいないと思います。

そんな人たちに向けて自分が思う”休憩”に対する向き合い方というのを書いてみようと思います。

 

 

 

①携帯は見るな

これは自分が考えて実行していた唯一のタブーです。

SNSをちょっとチェック〜

とか

一瞬で終わるゲームをちょっとだけ〜

とか

無理です。

絶対に長引きます。

その時間が無駄です。

しかもゲームに至っては集中してやるのがほとんどだと思うので

そんなところでも集中していたら勉強の時に集中できなくなります。

なので自分は時計を見たり、ストップウォッチとかを起動する時以外は

基本勉強の時は見ないようにしていました。

 

 

②寝るのは悪じゃない

休憩で寝るのはちょっと、、

って思っている人多いと思います。

でも

そこで我慢してうとうとしながら勉強やって果たして本当にきちんと頭の中に入っているのでしょうか。

頭に入っていたとしてもそんなやり方をしていたらすぐに抜けていってしまいます。

勉強の効率を考えたら、

そこは思い切って15分でも10分でもいいので仮眠を取るべきです。

そしたら頭もスッキリしてまるで別人かのように勉強できます。

ここで注意して欲しいのが寝過ぎないことです。

必ず目覚ましでタイマーを設定して、机などで寝ること。

布団で目覚ましもかけずに大体10分くらいしたら起きる!

って寝たら確実に起き上がる頃には夜が開けてます絶対に。

なので寝方には気をつけましょう。

 

 

 

なんとなく自分の思う休憩において大事なことを伝えたつもりです。

自分は部活をやっていたので休憩の重要性が身に染みてわかっています。

なので困ったらいつでも聞きにきてください。

残された時間で効率できに勉強をして最大限の結果が残せるようにがんばりましょう!!

 

 

青山学院大学 経済学部経済学科2年 坂井孝綺

************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!

************************************

お申込みはコチラ!

 

最新記事一覧

過去の記事