ブログ | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ 

2018年 7月 4日 センター英語大問⑤⑥勉強法

こんにちは^^

部屋が楽器で溢れてそろそろ足の踏み場がない中村瑠です。

暑い夏。炎天下の中で部活やってる子…… お疲れ様です。

僕も音楽全力でやっているので一緒に頑張りましょう!

 

と言うことで、今回は僕が皆さんにセンター試験英語の大問5.6について話したいと思います!

 

まず、ここの二つに共通するのは 配点が高い ってことです。

つまり、最大の得点源になるってことですね。

 

しかも… 

この二つは文章がとても基本的な構造をしているので、演習するにはもってこいです^^

 

 

それでは、僕が実際に生徒時代に行ってた勉強方法を話していきたいと思います!

 

まず、

①第一段落を読んで残りの段落を推測する

 

英文を早く読めないって人はこれができてない人が多い気がします。

これは意識して演習をしていけば自然にできてくるものです!

 

たとえば第一段落がスマートフォンについてこれから話していくよ!って段落であれば、

2.3段落はスマホのメリットについて書いてあるのかな

4.5段落はデメリットについて書いてあるのかな

最後の6段落で筆者はどちらの立場をとっているんだろう?

 

みたいな感じで考えてから読んでいくと 文章を全体で捉えられるようになる し、なにより英語を読むのが楽しくなりますよ!

 

 

次は…

②段落ごとに要約を書く

 

これは各段落の横に 日本語で段落のトピックを書いてみる ってことです。

 

たとえばさっきの例で言えば、

2段落目の横に【スマホメリット①】

3段落目の横に【スマホメリット②】  

った感じで書いていきます。

 

慣れて来たらその下に、要約した内容を日本語で書きましょう

【スマホメリット①】− 持ち運びができる

みたいな(笑)

 

こんなに簡単でいいんです。これを書くことで本当に理解度が違います。

 

これを書くことで何がいいのかって言うと、同じく英文を全体で捉えることができるようになって、

文章が全部読み終わった時に 最初の方の忘れやすい段落の内容 をすぐ思い返すことができます!

 

忘れちゃったからまた英文読み直すってバカバカしいですよね(笑)

 

それと、大門6の最後の段落のトピックを選ぶ問題!間違えなくなります!

ここが苦手って人は是非やって見てください^^

 

僕はこの2つをやりながら演習して、4月模試から6月模試で30点伸びて、9割くらい取ることができました!

 

これは経験談なので、ぜひ信じてやってくれると嬉しいです^^

 

そろそろ夏本番です!

夏休みまで約1ヶ月まだまだ頑張れます!頑張りましょう!!!!!

 

青山学院大学 国際政治経済学部 国際経済学科 一年  中村瑠

 

*************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!
**************************************

 






 

2018年 7月 3日 センター英語大問③④勉強法

こんにちは!

大学に入学して今日でちょうど三か月を迎えました。柴田紗永です!

毎日校舎来て閉館まで頑張っている人、テスト勉強頑張っている人、暑い中部活も頑張っている人、本当にお疲れ様です!

夏に向けてこの調子で頑張っていきましょう!!!

 

さて、昨日の山田都葉担任助手に続いて今日のブログで話したいことは

 

 

 

 

センター試験大問➂➃!!!!!

内容は

大問3は不要分削除会話

大問4はグラフ広告

 

苦手な人が多いところですよね、、、

なんでだろう???

 

まず

理由⓵

普段、センター特有の問題に触れる機会が少ないというのが挙げられますかね。

センター試験の英語は、単語や熟語、文法こそ基本ですが、その出題形式が難しい。演習するぞってなったら、大体はストレートな長文を読みますもんね!

じゃあ、単語熟語文法は覚えたけど、グラフとか難しくて点数に繋がらないなーと思う人。

 

質の高い豊富な演習  にかかっていると思います!

演習をする意味は、スピードや正答率を上げるためだけではありません。

なるべく多くの問題に触れながら解き方を研究するためにもあります。

毎回どうやったらうまく解けるか分析し、ノートに書き留めておいたりすると、次解く時にいい方向に変わるかもしれないですね!

 

演習量については、たくさんやった者勝ちだと思います。

心理学でもある通り、一緒に過ごす時間が長い人ほど好きになるという理論があります。

と言う訳で、、(笑)

やった量は好きや得意、自信に繋がるのではないかと思います!もちろん、質が伴った前提ですよ!

 

 

あと

苦手に感じる理由として

問題を解くとき、とっても素直なのかも!

と思いました。

問題に解答するとはどういうことだと思いますか?

まずは問題で聞かれていることを理解する。

そうして初めてその問題に答えることができます。

「シンプルに、聞かれていることを文章の中から探す。そして、疑う」

一生懸命に読んでいると広告全部目を通しちゃって、多すぎる情報に惑わされちゃったり、、、なんてことがありますよね。

 

大事な事は、問題に正解すること。

沢山の情報の中から大事な部分を選び出す力は、問題を解くスピードにも関わってきますから、問題に多く触れて慣れていきたいですね!

 

自分流の解き方を発見するのが伸びるコツです。

もし点数が伸びなくて悩んだら、受付来てくださいね!!!英語には、情熱注いで生きているので、何でも相談乗ります(^^)/

 

早稲田大学国際教養学部1年 柴田紗永

 

*************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!
**************************************

 






 

2018年 7月 2日 センター英語大問①②勉強法

こんにちは!

お久しぶり感「ゼロ~♪」の早くも4日ぶりの登場、山田です!

 

最近は、定期テストが近付き学校の勉強と受験に向けた勉強の両立に悩んでいる人を多く見かけますね。

私も去年はその一人でした、その気持ち痛いほどわかります…。

もちろん、学校の勉強だって無駄になるわけではありません。全力で取り組んでください!!

ただ、今の時期にどれだけインプットを早く終え、アウトプットの練習に入れるか。ここが受験においてかなり鍵になってきます。今はとても大事な時期です

このことを認識した上で、今の自分にできる最高の努力をすることがみんなにできることではないでしょうか。

割り切って葛藤から抜け出して、全てに全力を尽くしてください!!応援しています!

 

ちなみに私の場合、学校の勉強をやりつつ、センター過去問を毎日少しずつでもやっていました。

 

「ん?センター過去問・・?」(みんなの美voice)

 

・・そう!昨日菅野担任助手が言ってくれていた通り、これから半月間、科目ごと・大問ごとの勉強法を担任助手が紹介していきます!!

テスト期間でも、少しずつならやれば出来る。少しずつの積み重ねがあとでみんなを救ってくれます(^_^)

 

ではでは、本日は英語センター分野別勉強法 大問①②ver!!

これはかなり限定的…。

ちなみに、まだ解いたことがない人向けに説明すると、大問1は「発音アクセント」大問2は「文法」問題です。

みなさん、「もう文法は完璧。なんでも答えられるから聞いて?(ドヤッ)」と胸を張って言うことが出来ますか?

よく言われる話ですが、文法が固まっていない人が長文を読むのが得意ということはあまりありません。

私立が定員を絞っている今、どれだけ早め早めに対策を進めることができるかが鍵となります。

夏明けには、2次対策に全力を注ぎたい。

そのためには今何をしておかないといけないのか。

その一つに、「文法を完璧に固めること」があるのは間違いない!

そんなあなたに、センター試験の大問1である発音アクセント、大問2である文法問題について、わたしなりの勉強法を紹介しちゃいます!

まずは、大問①の発音アクセントから。

これに関しては、私は結構特殊タイプだと思っています。

というのも、参考書で本当に一瞬だけインプットして、それ以外は特別なことは何もしませんでした。

しかし、私は発音アクセントでつまずくことはありませんでした。

その理由の一つに、音読があると思います。

自分で日頃から正しい発音をするように心がけて音読をすることによって、感覚的に発音、アクセントがわかるようになりました。

自分で話せたら、自然と分かっちゃうものです!

 

しかし、ここで注意しなければならないのは、間違えて発音している可能性があるということです。

私の場合は、単語帳をCDを使って進め、意味とともに発音やアクセントも同時に覚えました。

あとは、発音が曖昧な単語が出てきたら勘で読むのではなくしっかり調べること!!

こうした日々の積み重ねが、功を制します。コツコツが大切です。

それから、センター試験レベル模試の過去問の問1を大量に解くという方法もあります。東進生のみんなにとっては、センター試験の大問別!

2分で解いて、3分で見直しをすれば5分で終わる!!

量をこなせばこなすほど、どんな単語が出やすいのかとか、無音verとか濁音verとか、問題のパターンが見えてきてそれに当てはめて解くこよができるようになると思います。

日頃からインプットを重ね、時に過去問に触れてアウトプットの練習をする。これがオススメです。

一個2点、計14点です。あくまで私的な意見ですが、この問題だけに特化した対策に時間を割くよりは、日頃の勉強を通して自然とできるようになるっていうイメージでいたほうがいいのではないかと思います。

 

それでは続きまして、大問2の文法の勉強法の紹介。

まず、私がセンターの大問2を解けるようになったまでの過程を説明すると

 

文法の受講の内容を完璧に→②参考書→③過去問でアウトプットの練習

っていう感じでした!

まず、①について。これは、学校の授業等でもOK。参考書をやるにも、基本事項が頭に入った段階でやらなければ膨大な時間がかかってしまいます。まずは基本を抑えること。そうすることで、②でぐんと効率が上がるはずです。

 

続いて、②の参考書。

これの具体的な進め方は、まずは①の知識を元にざっと一周進めました。その時に、苦手分野を探すつもりで進めます。わからなかった問題や、覚えていない用法には印をつけ、2周目、3周目とその印を中心に見ていく。すると、自然と穴が埋まり、最終的に大枠を理解できている状態になります。

 

最後に、③について。

これは、②が終わった後というわけではなく、同時進行でやっていました。参考書は、最初の1周目はアウトプットの場、2周目以降はインプットの場に近いのではないかと思います。

参考書だけやっていても、順番を覚えてしまったり答えを覚えてしまったりしては意味がありません。

知識がしっかりと頭に入っていて、その知識を適切に使うことができるのか、演習をすることでチェックすることが大切!そこで便利なのが、センター過去問です!!

校舎で、「答えを見たら、あ~って納得した!」という話をよく聞きます。

それは完全なるアウトプット練習不足ですよお兄さんお姉さん!!

参考書をやっている人は多くいますが、その目的は、『参考書を覚える』ではなく、『本番の試験を解けるようになる』です!

アウトプットができるようになるまでがお仕事です。

 

そうは言っても、なかなか解けないよ…。

そんな声が聞こえてきます。

センター試験の問題に関しては解き方のコツがいくつかあり、それはたくさん問題を解いていく中でつかめると思います。

また、その中でも並べ替えが苦手な人が多くいると思いますが、今の内から自分の中で解説しながら解いてみることをお勧めします。

例えば、「最初主語だから次動詞だけど、二つある。でもこれ後半の部分のイディオムで使うな。じゃあこっちの動詞が次にきて、そうなると次ここに名詞で・・」という風に!

このプロセスの練習がアウトプット。かっこの中の知識の部分がインプットで補うべきところですね。

どちらも量をこなす必要があります。早いうちから、コツコツと進めて行きましょう!!

 

以上、山田流大問1、2の勉強方でした!

色々なことを紹介してきましたが、あくまで私流です。そのまま取り入れるのではなく、一度受け止めてから自分に合う形にしていってくださいね。

少しでもみんなのお役に立てたら嬉しいです。

何か質問があれば、ぜひ聞きにきてね!感想も待ってるよ!

ではまた、校舎で話しましょう(^_^)

立教大学 経済学部 1年 山田都葉

 

*************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!
**************************************

 

 

 

 

2018年 7月 1日 夏がはじまります!

こんにちは!かんのです~~~~~

 

さぁ今日は7月1日!

昨日の下林さんのブログは見ていただけましたか??

 

なんか1冊の文庫本を読んでる気分でした(笑)

途中言葉が難しくてよくわからなかったけど、深イイはなしでした、さっすが、、、

 

 

今日は月初めの日。

もう7月です。

 

みなさん最近の調子はどうですか?

 

勉強、部活、学校行事で忙しい時期ですかね、、、、

 

校舎にいると風邪ひきましたーーっていう人とかマスクしてる人とかいてちょっと心配ですね(・・;)

なんてったって先週いきなり梅雨明けするし

めっちゃ最高気温はあがるし、、、なんか30度とかでしたよね(笑)

それは体調崩しちゃいますよね、、

 

そんなこんななで夏の気温になりかけてる時期ですが

 

今日のブログでは夏休みに入る前にやるべきことというテーマに沿って学年別に話します。

 

❶高3生

いよいよ受験の天王山がせまってくる

 

こんな時期にやるべきことってなんだろう、、、

ちょっと考えて見てください、、、

 

 

 

 

 

考えは人それぞれだと思いますがわたしとしては

やっぱり

基礎固め

これにつきるのではないかな。

 

まーーたその話かって思ってる人、ちょっとまってください。もうちょっと読んでね◎

 

高3生の目の前の目標はなんだっけ????

 

 

 

(〝の〟が多いねごめんなさい、、)

 

 

 

 

 

8月26日のセンター模試でAラインマイナス10パーセント、あわよくばAライン得点をとる

 

 

 

大体の人がこれを意識しているんじゃないかなと思います。

 

じゃここで5つの質問です

 

①前回の全国統一高校生テストではAラインに比べてどれだけ取れましたか?

②帳票をみて自分はどの分野が苦手なのか掴めましたか?

③今のままでセンター本試験の演習に入れますか?

④演習できるほど基礎は固まってますか??

⑤センター本試験を演習する前にやることがあるんじゃない????

 

 

 

 

さあそれはなんだ!

 

 

 

 

 


そう!センター過去問分野別対策講座!!

 

って

こっちの話をメインにしたいわけではありません

 

 

もちろんもう基礎なんて固まってるよって人には過去問講座を利用して夏休みに入る前にどんどん分野別に詰めてほしい。

でもまだまだ基礎ができてない科目ってあるんじゃない??

って思います。

 

ってことで明日から数日間にわたって主要科目について分野別の勉強法をブログで紹介していきたいと思います~

 

 

英語→国語→数学

 

の順にとっっても細かく

とっっても細かく

 

勉強法を各担任助手の経験をもとに話してもらうのでぜひ自分の苦手なやつを中心にチェックしてくださいーーー!!

 

 

 

❷高12生

もうすぐ部活に宿題に東進にって忙しい日々がやってくる

 

 

っさあここで質問です。皆さんの一番近い目標ってどこですか?

 

8月模試??

 

うん、それも大事。でもそれよりも大きな壁がある、、

 

 

そうセンター試験同日体験模試

 

 

高12生のみんなはこの模試のことを常に頭で意識して毎日勉強に立ち向かって欲しいです。

 

 

高3生になれば自然とみんな勉強するのでなかなか差が付きません。

 

だから今のうちにどこまでライバルとの差がつけられるのか

 

そこがなんじゃないかな。

 

じゃあ今頑張れることはなに???

 

それを自分なりに考えてやってほしいです。

 

 

え、自分なりって、雑じゃないですか?

だよね、うんうん、ごめんなさい。

 

たとえば

夏休み以降に学校でやる内容を先取りして受講する。

たとえば

理系なら数学の習った分野までをひたすら演習する

文系なら社会の習った範囲の情報を整理するためにまとめたノートを作る

なりなり

いろんな方法があると思います。

 

その方法を知るためにも明日からのブログを見てみてください!!

 

きっと自分の勉強のヒントになることが見つかるはず!!!!!!

 

 

『勉強法のヒントはブログの中に、、、』

 

 

 

 

 

ちょっと長くなりましたがここで終わりにします!!

 

立教大学経済学部 1年 菅野 未来

 

 

*************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!
**************************************

 

 

 

 

2018年 6月 30日 現状に満足してしまうキミへ

こんにちは。

担任助手二年の下林です。

今回は6月の終わりということで、最近電車の中で考えてた事について少しお話しさせて頂こうかと思います。

6月の模試を終え、夏への不安が多くあることでしょう。

僕も受験生時代はそうでした。

少しでも、皆さんの役に立てれば嬉しいです。。。

 

 

 

ー「満足」は人類の中で最も警戒されるべき感情である。

 

2018年の6月の終わり。

僕は日差しがナイフの如く鋭く突き刺さる電車の中、音楽プレーヤーから投げられるメロディを感じながら、そんな事を考えていた。

不自然な程の冷気が充満する車内は、一人物思いに耽るのに最適であった。

 

ふと、高校受験の事を思い出した。

何故かは分からない。

線路沿いの高校のフットボーラーの姿に感化されたからなのかもしれないし、高校受験の時模試を受けた会場の近くを通ったからなのかもしれないし、はたまた車内に母校の制服を身に纏った少女が一人読書に興じていたからかもしれない。

僕の高校受験は成功した。

第一志望校であった川和高校に見事合格。

中3の7月の真ん中あたりまで部活しかせず、定期考査期間以外ほぼ勉強していなかったのにも関わらずである。

我ながらよく出来たものだと思う。

しかも志望理由が「家から近い」からが9割程であったのにも関わらず。

では何故僕は合格できたのだろう。

度々思う事があるが、いつも結論は一つに収束する。

満足しなかった事だ。

 

個人差はあるものの、人間誰しも限界がある。

ある程度の所までは努力が可能だが、目標・目的を達成すると一定の満足感で心が充足し、ひいてはその場で胡坐をかいてしまう事もあるかもしれない。

言うなればどうしても超えられない、これ以上は進めないという大きな壁である。

その守備力は非常に強力なもので、ほとんどの人間はそれを超えられないまま歩みを止めてしまう。

 

僕はその感情を、高校受験というものにおいて全く設けなかった。

たとえ模試で良い判定をとったり、学校や塾の先生から「お前は行けそうだ」などの声が聞こえても、全く気にする事なくただひたすらに勉強をした。

「合格」する事に満足するとしていたためだ。

過程主義ではなく、結果主義である。

しかし、満足を知らなかった僕は、高校に合格すると同時に今まで感じる事のなかった膨大なそれに心を占拠されるのであった。

 

高校受験の次は、大学受験の事を思い出した。

もうあれから一年半も経ったのか。

鮮明なようで断片的な記憶を、ジグソーパズルのように組み合わせながら一枚の絵にしていく。

僕が受験勉強を始めたのは、高校三年生になってからだった。

然りとてそれも今思えば未熟なヒヨコの戯言に過ぎなかった。

みんなが二年生の春から夏のあたりから受験勉強を始めたのとは対照的に、僕は3月も終わろうとする頃、東進に入学をした。

この時点でスタートが大幅に遅れ、もっと早く始めておけば・・・と思うこともあったが、悩むなら手を動かせという事でただひたすらに勉強をした。

1ヶ月の努力の末、4月の模試では1月に受けたセンター試験同日体験受験よりも大幅に得点を上げた。英語に至っては、60点近くである。

これは偏に東進の授業と高速マスターのおかげだ。

ここで僕は一つの過ちを犯す。

そう、満足してしまったのだ。

ほぼ勉強をしていなかったのに少ししただけで点数が上がった僕は、その柔らかい現状と言う名の布団の上で寝てしまった。

幸か不幸か、僕の高校には6月に体育祭という大きなイベントがある。

すっかり余裕をこいた僕はそれに向けた準備に力を入れてしまった。

最後の高校生活。

1秒1秒が惜しい。

その瞬間のことが、泡のように重なっては消えていく。

心に刻まんと。精一杯輝かんと。

僕自身、踊るのはとても苦手だったのだが、そんな事も忘れるくらい楽しかった。

実際、高校のイベントを楽しむことは否定しない。

むしろ一生に一度なのだから、推奨もする。

だが、それを言い訳に勉強の手を抜く。

これだけは絶対に違うしやめてほしい。

しかし僕は、心の何処かで4月の模試の得点に縋り、人生最後の体育祭という大きな正当化に身を委ねてしまった。

その結果、6月の模試は4月の模試から合計で50点ほど下がった。

6月に合格者が取っていた平均点よりも120点も低かった。

順調に伸びて、この調子なら第一志望の横浜国立大学への合格も夢じゃないと思っていた矢先の出来事である。

どん底を経験した。

今まで良いと思って委ね、縋っていた物たちにしてやられたのである。

それらを統括していたのは、紛れもない「満足」という感情であった。

このままでいいのか。

不安、焦燥、憤懣・・・。

この時、僕の心は三年ぶりに満足を淘汰した。

あの経験こそが、合格できた要因だろう。

それ以降の僕は必死だった。

時間を無駄にしたくない。

絶対に合格する。

日々の勉強に天井を設ける事無く、ただひたすらに。

結果的に、6月から8月で合計150点伸ばし、合格者平均点を13点も超えることが出来た。

そして今までの僕なら、ここに満足していただろう。

しかし、それによる失敗を6月に経験したからこそ、これをバネにより勉強に励めた。

最終的に、僕は第一志望校に合格する事ができた。

しかし、またここで多少の満足を感じてしまった。

これはいけない。

心の中で天使と悪魔が囁き合う中、僕は大学生になった。

 

満足は人の成長を止めるどころか、むしろ退化させる。

何処かでかのウォルト・ディズニーさんのこんな言葉を聞いたことがある。

「現状維持では後退するばかりである。」

自分の中に天井を設けない。

満足しない。

ディズニーが今も世界の人々を魅了し、夢を与え続けられているのは、この言葉のおかげかもしれない。

それは僕たちにも言えることで、満足する事なく、先へ先へと進んでいく。

何よりもこれが大事だろう。

ぜひ勉強を頑張っている皆んなにも、満足だけはしないでほしいと思う。

 

6月の点数が悪かった人

僕もそうだ。

先ほど述べたように、ダメダメだった。

でも、ここから頑張ればどうにかなる。

結局は自分次第だが、やりきることで合格への可能性は大きく開ける。

人は、2ヶ月で150点伸ばせることを僕が証明した。

可能だ。だからまだまだ諦めないでほしい。

むしろここで点が取れた人ほどそのあと怠ける。

ウサギとカメの様なものだ。

ここから這い上がれ。

死に物狂いでやれ。

やるしかない。

迷ったり立ち止まったりしたら、いつでも声をかけてほしい。

6月よかった人

満足するな。

君の目標は、模試で良い判定を取ることだったのか?

 

 

 

さて、考え事は済んだ。

いよいよする事を失った。

スマートフォンの中を覗いてみる。

「関東地方 梅雨明け」の文字が目に飛び込んできた。

あぁ、そろそろ蝉時雨がイヤホン越しに聞こえてくる季節なのだろう。

重い腰を上げ、僕は電車を降りた。

 

横浜国立大学 理工学部 二年 下林耕大

 

*************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!
**************************************