ブログ | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ 

2013年 5月 23日 大学生活 理系ver

こんにちは、部活中に左腕の筋膜がよじれてギブスで固定するハメになった菅田です。

他の人が大学生活の話を書いているので、僕も書こうかなと思います。

理系の人の大学生活って気になりませんか??理系の人は忙しそうというイメージだけで詳しいことはあんまり分からないですよね?

僕は横浜国立大学 理工学部 で物理工学を専攻しています。
なんじゃそりゃ?と思っている人がいるはずなので、簡単に説明しておきます。

物理工学っていうのは物理学を勉強しつつ、物理を利用して色んな現象を調べてみよう、色々なものを作ってみようというものです。

物理は応用すれば出来ることは多岐にわたります。
なので授業でやることも様々です。

量子力学や電磁気学など机に座って勉強する授業から、実験を行って得たデータをパソコンを使って解析したり、ソニーやパナソニックなどの一流企業の人が先端技術について話をしに来てくれたりします。僕は今年から個人的に、Macを使ってアイフォンアプリを作る授業を取ってたりもします。(これがなかなか面白いです)

その中でも僕が「めっっちゃ面白いわーーー!」って最近思ってる授業について話したいと思います。

その授業は・・・「CG(コンピューターグラフィック)」です!!

何をする授業かというと、3次元空間に「モノ」を表示してそれを動かすためのプログラムを組もうというものです。

なかなかうまくいかない時もありますが、プログラムを作りかえると結果がどう変化したかがすぐに分かるので、試行錯誤のしがいがあります。 うまくいかない理由を友達とあーでもないこーどもないと一緒に考えたりして、時間経つのを忘れちゃう位夢中になります。そういう時間がすごい楽しいです。

この前なんかは昼頃から図書館が閉まる時間まで、ずっと図書館の中にあるパソコン室に友達と籠ってCGの時計を作っていました。いかにクオリティ―を高めて、オシャレにするかで議論してましたね(笑)

そして思い通りに動いた時はとても大きな喜びがあります!!
これが理系の醍醐味だと思います。

皆さんも大学生になって自分が夢中になれるものを見つけられるといいですね!!

では、失礼します!

 

2013年 5月 22日 大学生活について 教職編

こんばんは。久しぶりのブログ担当になりました、藤 渕です。

今日は、簡単にではありますが、私の大学生活について話したいと思います。
私にしか話せない大学のことって何だろう…。
そこで思いついたのが、「教職」です。

 

「教職」というのは、大学等で専門的に勉強をすることで取得できる資格課程。
簡単に言えば、学校の先生になる勉強のことです。

みなさんがよく知る「資格」といえば、漢字検定や英語検定でしょうか?
こうした資格は、誰もが受験でき、定期的に行われる試験に合格すれば手に入れられます。

でも、教員(先生)になるためには、特別な勉強が必要です。
教員とは、医者や弁護士と同じように、国家資格が必要な職業だからです。
これらの職業に就くためには、
まず試験を受ける資格を得るために勉強が必要なのです。

前置きが長くなりましたが、
この「教員の受験資格を得るために必須の勉強」が教職課程です。

 

私は今大学で、この教職課程を履修していて、社会科の教員資格の取得を目指しています。

皆さんの中にも、教師になりたい!、教員免許は持っていたい!
と思っている人がいるかもしれません。
そこで、「教職」という独特の勉強課程について、一部を紹介します。

①教職科目
→教科に関係なく、学校現場で働く教師として知っておかなければならない事を学ぶ。
例えば「心理とカウンセリング」「学校安全論」「教育法」などの授業があります。
教える教科に関係なく授業を受けるので、色々な人と仲良くなれます。

②専門教科科目
→その人が教えたい教科について勉強する科目。
私の場合は「社会科」に当たります。この「社会科」は地理・歴史・公民の全分野をカバーします。
だから、実は今でも受験の時に使った参考書を使って、勉強を続けているんです。
具体的には、「日本史概説」「世界史概説」「日本地理」「世界地理」「倫理学概論」・・・キリが無いほどいっぱい。深い勉強が出来ます。

③介護体験
福祉施設と特別養護学校に、計1週間行きます。
色々な立場の人と触れ合うことも、教員には必須の社会勉強です。

④教育実習
→実際に、学校の教壇に立って授業をする実践演習。
皆さんの学校にも、OB・OGなど実習生が来たことがあるかもしれません。
これも必修。事前・事後指導で、先輩の教師や大学の先生からフォローが受けられます。

ここまで書いて、やっと一息。
「教職」と一口に言っても、実はけっこう細かいんです。

教育学部に入学している人は、この教職課程を終えることが、卒業の要件になることがほとんどです。
しかし、その他の学部学科で別の専門を勉強している人にとっては、教職科目は別途履修をしなければいけないので、授業数が倍増します。

私も後者のタイプなので、同級生の3倍以上授業を取ることになりました。
確かに大変でしたが、自分の勉強したいことを思う存分、追究できるのはすごく楽しいこと!
だと、既にほとんどの単位を取り終えた今となっては感じられます。

以上、「教職」の紹介でした。少しでも皆さんの参考になれば嬉しいです。
書ききれなかったことも多いので、興味がある人は、ぜひ話を聞きに来てください!!

 

 

2013年 5月 21日 高校の周りの人達が勉強していない・・・やる気が出ない・・・そんなあなたに

こんにちは!

大学4年生の稲田です!

 

ブログ担当になったんですが、

何を書こうかなと考えた結果、

今日は学校の周りの人が勉強に向かっていなくてモチベーションをどうあげればいいか分からない

そんな人に向けて書こうと思います!

 

自分自身は神奈川県立元石川高校でした。

自分の高校は大学受験する人が全然いない。

大学受験する人でも本気になっている人はほとんどいない。

行事は楽しいし、学校生活は最高!

勉強なんかやってられるか!

そんな人達がほぼ占めている高校でした。

 

自分自身は高校では成績が周りより取れるほうで、

大学受験もこのままいけば大丈夫だろうと考えていました。

 

しかし!!!

高2の冬に東進の学力診断テストを受けてみると

なんと数学0点。

 

愕然としました。

周りが勉強していないことは分かっていたけども、

自分の実力がここまでとは・・・

 

明青立法中には絶対行きたい。

けど自分自身の成績がまだまだ足りないと言うことが高2の冬になって初めて思い知らされました。

 

 

そこからは誰よりも勉強していきました。

高2の冬休みまで受験勉強をしていなかった自分自身。

だけど東進に来てみて自分の現状を知り、

こんな自分が明青立法中に受かるなら死ぬほど勉強しなきゃいけない。

そんな思いで受験勉強していきました。

 

何が言いたいかって、

まず周りの勉強量が有名大に合格するための勉強量だと思ったら大間違いかもしれないと言うことです!

自分も井の中の蛙状態で周りの現状を全然知りませんでした。

 

自分の現状を知る指標として、

まずはセンター試験本番レベル模試!

 

次回は6月16日にあります!

http://www.toshin.com/hs/event/center_pr/

高3生は結果を意識しなきゃいけない時期。

高2生は周りと差を付けるために点数をとっておきたい模試!

 

そして周りの同じ志望校の人がどれくらい勉強をしているのかを知る部分として

毎週のグループ面談や

面談ランキングがあります!

 

東進での第一志望合格率は他の塾と比べて群を抜いて高いんですよ!

高校では周りが全然やってないけど、東進では周りはやってる。

どっちを平均として捉えるか。

東進での周りの人達です!

 

東進で周りとの勉強量を意識して、

高校の周りがやっていないことは目に止めず、

受験勉強をしていきましょー!!!

 

今まで勉強が出来ないからって東進で一番勉強していけば、

自分の行きたいところに行くための一番の近道です!

 

自分の勉強量で不安に思った人はまずは東進で一番勉強している人と比べてみましょう!

高校があまり勉強に力を入れていなくて不安に思ったならテストを受けてみましょう!

2013年 5月 20日 部活生のみなさん!

みなさんおひさしぶりです(^_^)/

担任助手3年の川合優里香です♪

久しぶりのブログ登場となってしまいましたが、覚えていますか?

 

最近は3年生になって学校のゼミ活動が忙しくて

毎日課題に追われています(-_-)

ちなみに、日本経済のゼミです!為替や貿易の勉強をしています。

 

いきなりですが!!!みなさん部活はやっていますか?

ほとんどのみんなが部活動に燃えていると思います!

私も高校生のときは軽音楽部に所属していました。

軽音楽部・・・!?楽ちんじゃないか!!と思う人もいると思いますが

文化祭などの学校行事で披露するために結構真剣に毎日練習に励んでいました。

 

19時まで部活をやっていたので、本来予備校なら授業が始まっているところ

東進だと最終の授業が20時15分~なので

部活が終わっても毎日東進に来て授業を受けていました!

 

ちょっとこれを見て下さい!!!

 難関大合格者の高校3年生時の1日の学校外での平均学習時間は6時間2分!!!!
ちなみに、夏期や直前は除いています★

それに比べ・・・・・

関大不合格者の1日の平均学習時間は・・・・・5時間35分!!!!

 

合格者と不合格者の差は  たったの27分!!!!!

受験までの1日1日が大切なことが良くわかりますよね?

 

ちなみに難関大現役合格者のうち部活生は77.3%を占めます!

活生は引退してからも時間の使い方をより工夫して学習時間を生み出しているのです!!

 

そんな部活生を応援するべく、

高校3年生の最後のチャンスとして・・・・

高校3年生 部活生限定!

部活生招待講習 受付中!

1講座→90分×5コマ

の講座を無料で受けられます!!!

 センター南駅前校では、部活を頑張る高校生を応援します♪

部活と両立して難関大に見事合格した、先輩の話も聞けますよ!

お申込はこちら

http://www.toshin.com/tokubetsu_shotai/bukatsu/

部活の仲間と一緒にセンター南駅前校で頑張りましょう。

是非ライバルを連れて来てね!!

 

2013年 5月 19日 東進で得たもの

こんにちは!!(*^▽^*)

大学1年の入野です!!

 

今日は東進に入って私が得た一番大きなものを話したいと思います。

それは東進の友達です!

 

受験生活の中で私はこの東進の友達が大きな支えになってくれました。

 

10時まで勉強した後に駅までの少しの時間でおしゃべりしたり、お弁当のときに勉強の愚痴を言ったり数えだしたらきりがないです!

私の合格には喜んでくれて、わたしもみんなの合格が嬉しかったです。

 

受験が終わった今でも一緒に受験を乗り越えたという関係は貴重なものになります(・▽・)

 

みなさんにも一緒に切磋琢磨できる存在をつくって欲しいなと思います!!

 

 

短いですが今日はこの辺で失礼しますっ!!