12月 | 2019 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ 2019年12月の記事一覧

2019年 12月 24日 永島からのクリスマスプレゼント

こんにちは、永島純平です。今日は何の日か知っていますか?そう、「」です。僕気になるんですけど、普通ならクリスマスである25日に祝えばよいのにどうして前日の24日に祝うんですかね?みなさんの代わりに調べてみました。キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では、現代の暦とは異なり日没を一日の境目としているらしいです。つまり、教会暦本来のクリスマスは厳密には「1224日の日没から1225日の日没まで」となっています。なので、24日にクリスマスを祝うのはこれの名残なんですね。ぜひ覚えておいてください。

 

さて、今日の題名は「永島からのクリスマスプレゼント」となっています。高3生はいよいよ受験が始まるということで、僕から「受験のとき持って行ってよかったものリスト」をプレゼントしたいと思います!

 

受験のとき持って行ってよかったものリスト

1カイロ

2薬(胃腸薬など)

3使い込んだ参考書

 

1カイロ

言わずもがな冬なのでめちゃくちゃ寒いです。手が凍えて上手く字が書けないなんてことがあったら最悪なので、万全の態勢で試験に臨めるようカイロを持って行った方が良いと思います。ちなみに、会場によっては暖房が利きすぎていて暑かったり、逆に暖房がこわれていてめちゃくちゃ寒かったりすることもあるので、温度調節をできるような服装でいくのがベストです。

 

2薬(胃腸薬など)

普段は健康な人でも、受験のような極度の緊張状態に陥ると体調を崩してしまうことがあります。特に、お腹壊してしまう人が多いです。普段は健康な人でもまんがいちにそなえて薬等は常備しておくと安心ですね。

 

3使い込んだ参考書

これを持って行くのには2つの理由があります。一つ目は、自分が一番使ってきた参考書を見ることによって自身が湧いてくるという事です。やっぱり、一ヶ月前に買ったばかりの参考書を直前に見るよりもずっと使ってきた参考書を直前に見る方が精神的な安心感が違ったように思います。また、ボロボロになった参考書を机の上においておくことによって周りの人をビビらすことができます。想像してみてください。受験会場に着いて、自分が取り出した一問一答よりも隣の人が持っている一問一答の方が圧倒的にVintage感がはいっているときのことを。気持ちの面で圧倒されてしまいますよね?くだらないように思えるかもしれませんが意外とこんな小さなことで受験生の心は乱されてしまいます。

 

以上、永島純平が考える「受験のとき持って行ってよかったものリスト」三選でした。これはあくまで僕個人の主観に基づくものなので参考程度にしていただければなと思います。

 

We Wish You a Merry Christmas!(ちなみに←の文章は第四文型です。覚えておきましょう)

 

早稲田大学国際教養学部 1年 永島純平

 

2019年 12月 23日 冬休みイベントが始まるよ

こんにちは、宍戸です。

大学もだいぶ落ち着いてきて、そろそろ冬休みに入ろうとしています。

ということで早速色々なところに遊びに行っているのですが、先日はライブハウスに行ってきました!
高校のとき軽音部だったのですが、高校生ぶりにライブハウスで演奏が聴けて楽しかったです!

 

皆さんもそろそろ冬休みが始まりましたかね?

冬休みどう勉強するか大事だよ!!!ということを何回かお伝えしていると思いますが、どういう風に過ごすかの予定は立てられましたか?

実は頑張るみんなにさらに頑張ってほしいなあということであるイベントを開催します。

題して

Winterを制すWinnerは誰だ!?

です👏略してWinWinですね👏

 

掲示だけはすでに貼ってあったのでなんだこれは???と思っている人もいたかもしれません。

簡単に内容を説明しますと、グループミーティング対抗向上得点登校日数を競うものです。

なんでこの二つを競うのかというと、向上得点=努力量だからです。

例えば受講の修了判定テストに向け、たくさん復習をして一発SS合格する人、あまり復習せずいい判定が取れない人、どちらがより学力を伸ばせると思いますか?

当然、復習を頑張って一発でSS判定を取った人だと思います。この二人の努力量の差でもらえる向上得点にも差が出ますよね。(修了判定テストは受けるまでの期間や判定によってもらえる点数が異なります!)

さらに、向上得点の1点=模試の1点と言われています。

みんなが努力した分を数値化して目に見える形にしたものが向上得点です。

なのでこの冬、どれだけ自分の努力量をあげられるかにこだわってほしい、という気持ちで向上得点を競ってもらうことにしました!

 

そして登校日数です。登校日数なら受講や高速基礎マスターが終わっている人でも関係ないですよね?

みんなが高みを目指せるところだと思います。ぜひ毎日登校する勢いで頑張ってほしいです!

冬休みどれだけ勉強できるか、量的な部分を増やしてほしいからたくさん登校してほしい!という気持ちもありますが、

この冬休みにたくさん東進にきた、努力できた!となれば、今後勉強する上での自信にも繋がると思います。

 

そしてこのイベントのさらにスペシャルなところは、

都立大校・自由が丘校・武蔵小杉校・二子玉川校・青葉台校・たまプラーザ校

と合同で行うことです!

センター南駅前校とも近い校舎なので、みんなの学校のお友達が通ってる校舎も多いのではないでしょうか。

向上得点と登校日数を基準に作られたランキングが校舎に掲示されますが、センター南駅前校だけではなく、近隣校舎が混ざってのランキングになります。

セン南校はどのくらいランクインできるでしょうか、、、(笑)

楽しみですね!

ぜひ今週のグループミーティングでみんなと戦略を立てて

このWinterを制すWinnerになってください!!

 

頑張っていきましょう☺️

 

法政大学社会学部2年 宍戸桜子

************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!

************************************

お申込みはコチラ!

2019年 12月 21日 模試を分析して、冬休みの勉強に活かそう!

こんにちは!中山です。

最近、大学の友達と本を交換しあい小説をたくさん読んでいます。

もともと月に2冊は本を買って読むようにしているのですが、今月はすでに6冊読んでいます。

理工学部ということもあり周りに本を読む人が少ないので、その友達と仲良くなれてとっても嬉しいです(^^)

 

さて、今日のテーマは

模試を分析して、冬休みの勉強に生かそう!

です。

みなさん1215日に模試がありましたね。

後日受験の人も今日で終わったと思います。

おつかれさまでした!

みなさん、模試の復習はもう終わりましたか?

え?してない?

いやいや、そんな人いないと信じたいですが、模試は受けるだけでは意味がありません。

言ってしまえば自分の学力を伸ばすためには受けたあとのほうが重要です。

そこで大切になるのが模試の分析です!

どこがあっているのか

何で正解できたのか

どういう勉強が点数につながったのか

どこを間違えてしまったのか

何で間違えてしまったのか

どうしたら次は間違えないか

ここを押さえて模試の振り返りをしてみてください。

今の自分に足りないものや今後の勉強方針を自分で考えることが出来るはずです!

例えば英語だったら

単語や熟語がわからないから間違えるのか

内容はある程度掴めているのに間違えるのか

ひとつの不正解もどちらであるかで全く今後の勉強が違うのは明らかだと思います。

前者であればまずは単語や熟語を覚えるところから

後者であれば構文だったり、長文を読む量を増やして慣れることを

といった感じです。

 

まずは上にあげた部分を振り返った上で、自分がこれからやるべきことを具体的に考えましょう。

単語や熟語を覚える数、問題集は何ページずつのペースで進めるのか、、、

具体的な数値に落として計画を立てましょう。

まずは1週間立てた予定をやってみる。

キツキツすぎてできない予定を立ててしまっていたら、1週間やって見た感じを踏まえて予定を組みなおす。

こういった様に計画を1週間ずつ修正して立てられるとうまく勉強が進むのではないかと思います。

でも、ここで気をつけてほしいのはいつまでに終わらせなければいけないのかを明確化してそこから逆算することです。

1週間ずつ計画を立てると目先のことばかりに目が行きがちですが、みなさんのゴールは1週間先でも2週間先でもありません。

もう少し先のはずです。

合格するためにはいつまでに終わらせなければいけないのかを意識しましょう。

例えば受講だったら高35月末、高速基礎マスターだったら高33月末までに英文法までといった感じです。

問題集だったらいつまでに何周終わらせたいのかを先に決めましょう!

 

模試の分析をして、そこから勉強計画を立て、有意義な冬休みにしましょう!!

困ったら声をかけてください!

一緒に考えていきましょう!

日本大学理工学部 1年 中山小春

************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!

************************************

お申込みはコチラ!

2019年 12月 20日 体調管理を徹底しよう

こんにちは、玉置です。僕が通っている慶應義塾大学文学部は2年生からそれぞれ17の専攻に分かれていくんですけど、先日自分の希望の専攻を決めエントリーしました。数ある専攻の中で人間科学専攻と倫理学専攻で非常に迷ったのですが、考え抜いた末に倫理学専攻を希望することに決めました。専攻が決まると3年間その分野を勉強していくことになります。自分で決めた道なので妥協せず突き進んでいきたいです。みなさんも自分が勉強したいと思える学問を探してみてはいかがでしょうか。

今日のテーマは”体調管理を徹底しよう”です。

センターまであと28日、すでに1か月を切っています。みなさんは体調管理しっかりできているでしょうか?

この時期は焦りと不安からついつい無理をしてしまいますが、それは禁物です。せっかく今まで必死に勉強してきたのにコンディションが悪いせいで自分の本来の力がだせない、なんてことがあると本当に元も子もありません。ふっと息を吐いて落ち着いて自分に余裕を持ちましょう。自分の体と心のケアを最優先に考えてくださいね

ということで、担任助手に受験前の体調管理法を教えてもらいました。トップバッターは…福島魁君です!!

玉置:福島君は受験前体調管理で気を付けていたことはありますか?

福島:う~ん、そうだな…マスクをつけるとか手洗いうがいはもちろんだけど、やっぱり睡眠時間の確保は一番大切なんじゃないかな

玉置:なるほど。福島君はいつも何時くらいに寝ていたんですか?

福島:センター1か月前くらいからは必ず12時前に寝ることは意識していました。早いときは11時くらいに寝てましたね。当たり前ですがやはり次の日の頭のパフォーマンスが最高ですね。ついでに朝の時間を活用することも増えました。

玉置:やっぱり睡眠は大切だよね。とくに模試や受験日前は無理に詰めるのではなくしっかりと寝て次の日に備えることが重要ですね。 福島君インタビューありがとうございました!

さて次の方は….佐藤大洋君です!!

玉置:どうも大洋君こんにちは。どのように体調管理してましたか?

大洋:僕が意識していたのは食事です。試験が近づいてきたら基本的には外食はしないようにしていました。もしそれで体調を崩しても責任問えないですし、やりきれませんからね。

玉置:そうですよね。言い訳できませんしね。食事の内容ではなにかありますか?

大洋:普通なんですけど必ず一日三食食べること。あとは生ものを食べるのを控えました。刺身とかそこらへんですね。

玉置:なるほど~。さっきのインタビューでも思ったんですけど当たり前のことをしっかりやっていくことが大事なんですね。大洋君ありがとうございました!!

いかがだったでしょうか。少しでも参考になったら幸いです。みなさんも体調には気を付けてこれからも頑張っていきましょう。

慶應義塾大学文学部 1年 玉置晃太郎

************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!

************************************

お申込みはコチラ!

2019年 12月 19日 朝型にシフトしよう

こんにちは、佐藤です。

春休みにプラハに行くことが決まりましたっ!チェコの首都ですね。

本当に楽しみで仕方ありません。

時間があったら調べてみてください。

写真見るだけでテンション上がること間違いないでしょう。

では、本題に入りましょう。

今日のテーマは、『朝型にシフトしよう』です。

高校3年生の皆さんはいよいよ受験も近付いてきて、毎日努力していると思います。

ただ、自分を追い込みすぎて、日をまたいで勉強してしまっていることもあるのではないでしょうか?

それは注意が必要です!

なぜか、理由は大きく二つあります。

ひとつは体調面の問題ですね。

夜遅くまで起きているのはシンプルに体調面に悪い影響を与えますよね。

夜遅くまで勉強するくらいなら朝早起きして勉強するのが良いでしょう。

もう一つの理由は、受験本番の行程を考えれば分かります。

基本的に受験は朝から、センター試験の場合は8:30から試験が始まります。

脳が働くのは起きてから2,3時間程というのを聞いたことはありますか?

これに則るならば、早起きすることはとても大事となってきます。

本番頭が回らなくて本来の力を出せなかったと言っても元も子もありません。

また、本番直前になったら早寝早起き型にすればいいやと考えている人は危険です。

体が慣れるのには時間がかかるので、今のうちから朝型にシフトしましょう。

疲れた夜に追い込むより、フレッシュな状態の朝に勉強した方が質も上がることは間違いないでしょう。

センター試験までラスト1ヶ月、このことを頭に入れて頑張っていきましょう!!

一橋大学商学部 1年  佐藤大洋

*************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!

*************************************

お申込みはコチラ!