ブログ | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ 

2019年 10月 23日 法政大学を紹介!

こんにちは!この前東京で東進の講師の先生を見かけた後、某若手俳優の弟さん(この方もモデル?か何かやってる方です)を見かけて喜んでしまった宍戸です。人生で1日に二人も有名人を見たのが初めてだったのでびっくりしました笑

お話ししたい近況が他にないので早速本題に入りますね笑

 

連日ブログを読んでくださっている方はお察しかもしれませんが今日は、、、!

私が通っている、、、法政大学について紹介します、、、!!!

 

法政大学のここがすごい①

キャンパスの立地がとってもいいです(※ただし本キャンに限る)

本キャンパスは東京の市ヶ谷という場所にあります。駅から近いし、都会で栄えてるし、そびえ立つボアソナードタワーの迫力がすごいです。私は多摩キャンパスという自然たっぷりなキャンパスなので市ヶ谷に通っているわけではありませんが、私が受験した大学のなかで受験会場が一番綺麗だった印象があります。

 

法政大学のここがすごい②

文化祭がすごい

多摩キャンパスの文化祭はこの前の土日に開催されていました!

毎年お笑い芸人、アイドル、バンドを呼んでいて、結構有名な人たちがたくさんきてくれます。

あとは動物もたくさんきます笑

最後には打ち上げ花火も上がります、田舎キャンパスだからこそできることですね笑

 

法政大学のここがすごい③

 

授業が面白い。

私は社会学部のメディア社会学科に通っているので、その中で面白かった授業を紹介します!

 

*プログラミング

過去のブログでも何回か書いているので知っている方もいるかもしれませんが、1年生の頃から必修でプログラミングの授業がありました。先生は理系の方だったのですが、文系の学生にもわかりやすく教えてくれます。

プログラミングで絵を描く→その絵を動かす→ゲームを作る

ということをしていました!簡単なゲームなら作れちゃいます。

2年生の前期ではHTMLで結構本格的なホームページを作っていました!

今まで自分が全く挑戦したことのない分野を必修で学べたのが楽しかったです。

 

*メディア社会入門

これも過去のブログで紹介してしまった気がするので軽く行きます笑

これは入門の授業なので、メディア社会ってなに?という話が主です。

その中で、実際にメディア関係の仕事(新聞社、広告会社、メディアアートなど)をしている方々がゲスト講師としてお話をしてくださいました。どんな仕事なのか、実際に現場にいる方がたの話を聞ける貴重な機会だったので毎週楽しみにしていました!

 

*消費者行動論

商学部とか経済学部とかの人の方が詳しくやっていそうですね、、でも、社会学部でも学べます!笑

この授業では広告、CMなどが人々の購買意欲にどう関係しているか、心理学的な面も含めて学びました。

後期はこの授業の続きで消費者行動モデリングという授業をやっています。どんな商品が売れているのか、どうしたら売れるようになるのか、を分析する授業です。回帰分析とか重回帰分析とか、毎週難しい単語が増えていくのでついていくのが大変ですが、これも自分では絶対に関わることのなかった分野なので楽しく学んでいます😄

 

法政大学の社会学部、田舎キャンパスだからやだ!と言われてしまうこともありますが、授業は楽しいし、キャンパスライフも割と充実してます。

機会があったら遊びに来てください!笑

 

他にもいいところたくさんあるので、きになる人は聞きに来てね☺️

 

法政大学社会学部2年 宍戸桜子

**************************************

2019年 10月 22日 立教大学紹介!

こんにちは、しまむらです!

 

最近は1週間に一つ、楽しみを作っています!それを作ることで、リフレッシュにもなるし、色々頑張れます!ちなみに今週は、部活の練習まえに友達とカフェの新作飲みにいきます!楽しみ😊

楽しみつくる、息抜きって大事ですよ。

 

今回は私の通っている立教大学について紹介します!みなさんは立教大学をどのくらい知っていますか?今回は、私が思う立教大学のいいところ、をあげて紹介していきます!

 

いいところ①

自分の好きなことが学べる!

立教大学は池袋にある池袋キャンパスと、埼玉にある新座キャンパスがあります!ちなみに学部は

池袋キャンパス

文学部、異文化コミュニケーション学部、経済学部、経営学部、理学部、社会学部、法学部

新座キャンパス

観光学部、コミュニティ福祉学部、現代心理学部

の10学部です。さらに学部の中で学科が分かれていて、合計27学科あります!とっても豊富!!

 

私は文学部を専攻しているのですが、立教では他の学部の授業を1学期につき3つまでとることが出来るんです。ちなみに私は春は経営学部の授業を取っていました。文学部では学べない企業の仕組みなどを学べてとても新鮮でした!そう、つまり自分の専攻している学部だけでないことを学べるので、その時興味を持った授業をとって、視野を広げることができるんです!

 

好きなところ②

とにかくおしゃれ!

みなさん、立教大学の校舎を知っていますか?こちら!!

 

赤レンガの建物に、緑あふれるキャンパスなんです!!

高校生のとき、初めてこの校舎とキャンパスをみて一目惚れして、ここに通いたい!!!と強く思いました。実際立教生になっても、風情があってきれいなこの校舎がとっても好きです!ちなみに、これは1号館なのですが、中はこうなっています。

 

 

英語の授業はここで受けています!夢の1号館での授業で毎週ワクワクです。

ちなみにクリスマスはこんな感じです

 

今年はやっと直接みれるので、楽しみです。

毎日通う校舎、素敵で自分が好きな校舎だとワクワクします。大事です。

ちなみに立教生はとてもおしゃれです。そのおかげもあって、おしゃれな大学生、頑張って意識するようになりました笑

 

好きなところ③

英語のカリキュラムが

しっかりしている

立教は「Rikkyo Global 24」というのを掲げていて2024年の創立150周年に向けて国際化を推進しています。つまり、留学制度、英語教育に力を入れています。

一年次には、ディスカッション、R&W(リーディング&ライティング)、プレゼンテーションが必修であります。ディスカッションでは、1クラス8人ほどで、英語でディスカッションし合います。私も、英語を話すのはとても苦手だったのですが、必然的にこういう機会が与えられていると、話す力が自然と身についてきます。ちなみに8人で半学期一緒に頑張るので、違う学科の友達もできます!

 

ディスカッションの議題は、環境問題や人間関係、国際関係や、文化など毎週違う議題で様々です。英語で話す機会って自分で作らないとなかなかないので、必修の授業でそれが学べるのはとてもいいなと思います。

 

おまけのいいところ

ほかにもいいところは沢山あります!部活やサークルが盛んだったり、食堂のメニューが豊富だったり(ちなみに私は9号館の食堂を推します笑今週のメニューはカルボナーラうどん、回鍋肉丼、鶏そぼろのネギ塩旨辛うどんetc美味しいメニューが週替わりであります。)、池袋駅から近かったり、古舘伊知郎さん、池上彰さんなどの著名人の授業が受けれたり、、、などなどです!

 

ぜひ、機会があれば立教大学に足を運んで欲しいです!あの校舎に一目惚れするはずです。

 

立教大学文学部 1年 島村菜々海

 

 

2019年 10月 21日 早稲田大学のココがスゴイ!

こんにちは、最近プログラミングの学習にはまっている永島純平です

7月くらいから学習を始めたのですが、自分で何かを作り上げていくというのはとても楽しいです👍👍

今の目標としてはフルリモートでも物価の低い場所ならギリ生活できるくらいの額を稼げるようなスキルを身につけることです。

プログラミング興味ある人はぜひお話ししましょう。

 

 

さて、今日のブログのお題は

早稲田大学のココがスゴイ!」です!

あれ、この台詞どこかで聞いたことがあるな〜

なんて気もしますが、まあいいでしょう

今日は、永島純平が通っている早稲田大学の「ココがスゴイ!」ベスト3を発表していきます👏

 

 

ココがスゴイ!①:グローバル化がスゴイ!

まず、留学生の人数がめちゃくちゃ多いです。

日本学生支援機構(JASSO)という機関が2018年に発表した調査によると、平成29年度5月1日時点で最も外国人留学生受け入れ人数が多かったのは早稲田大学でした。その数なんと、5042人!!ちなみに、ライバルK大学は2103人だそうです。(←バカにしてはないですよ!)

まあ留学生の人数が多いというのは単純に日本人学生が外国人留学生と交流する機会も増えると思うので、良いことなんじゃないかなと思います。

また、早稲田大学は現在「WASEDA VISION 150」というキャンペーンをやっているらしいんですけど、なんとこのキャンペーンでは、2032年までに日本人全員が留学するようなカリキュラムにすることを目指しているらしいです!(ホンマかいな)

まあ、全員が全員留学すれば良いというわけでもないような気もしますが、それだけ心意気が高いんだよってことでしょう。

ちなみになんですけど、早稲田は中国での知名度がめちゃくちゃ高いです。世界史に出てくる陳独秀や李大釗など中国政治の中枢を担ってきたお偉いさん達が早稲田出身であることなどに起因するみたいですね。早稲田というだけでスーパーエリートみたいに思われるみたいです

「世界中にお友達を作りたい!」「中国人にチヤホヤされたい!」という人たちにはオススメですね!

 

 

ココがスゴイ!②:イベントが盛りだくさん

早稲田大学には3大イベントというのがあります。100キロハイク早慶戦早稲田祭です。

順に紹介していきましょう

1つ目の100キロハイクというのは、その名の通りみんなで100キロ歩きましょう(!?)というイベントです。一見すると頭がおかしいように思えますが、実際は頭おかしいです。なぜ100キロ歩くのか。それは誰にも分からない。。。

 

2つ目はみなさんおなじみ早慶戦です。僕は行ったことがないんですけど、毎年めちゃくちゃ白熱した戦いが繰り広げられています。特に野球の早慶戦なんかは有名ですよね。

ちなみに船を漕いでスピードを競うレガッタというスポーツにも早慶戦があるらしいんですけど、これは「オックスフォード対ケンブリッジ」、「ハーバード対イエール」と並んで世界3大レガッタなんて呼ばれているらしいです。世界屈指の大学と比べられるなんて、恐れ多いような気さえしてきます。

 

3つ目は早稲田祭です。ここで宣伝なんですけど、来たる11/2と11/3、早稲田祭が開催されます!👏

僕は多分結構暇していると思うので、「来るよ〜」って方はぜひお声がけください。案内します!

実は僕は早稲田祭にはとても思い入れがあって、去年の今頃ちょうど僕がみなさんと同じくらいの時期に早稲田祭に行っていました。日曜のファイナルに、玉置担任助手と、隣にいたおじさん達と肩を組んで歌った「紺碧の空」は今でも忘れられません。早稲田志望は絶対に行っておくべきだと思います。モチベ爆上がり間違いなしです。

 

 ↑早稲田祭ではしゃぐ玉置さん

 

 

ココがスゴイ!③:学部がたくさんある

ラスト、早稲田の良さは何と言っても学部がたくさんあることだと思います。

みなさん、早稲田には学部がいくつあるか知っていますか?

正解は13学部です!(政治経済学部、法学部、文化構想学部、文学部、教育学部、商学部、基幹理工学部、創造理工学部、先進理工学部、社会科学部、人間科学部、スポーツ科学部、国際教養学部)

これだけたくさんの学部があったら、勉強嫌いな方でも一つくらいは自分の興味のある分野が見つかるのではないのでしょうか?

各学部の紹介は避けるので、各自HP等で調べてみてください!

また、早稲田には他学部の授業を取ることができる制度もあるので、一つの分野に縛られることなく自分の好きな分野を履修することが出来ます。(ちなみに、僕は秋学期に商学部と社会科学部の授業を一つずつ取っています)

「将来どんな職種につくか決まっていない」「興味のある分野がたくさんある」という人たちにはもってこいなんじゃないかと思います😄

 

 

以上、永島純平による「早稲田大学のココがスゴイ!」でした!

受験生のみなさん、ここからはメンタルが命です。

最後の最後まで諦めずに頑張っていれば、きっと大隈重信は微笑んでくれるはずです(大隈重信の漢字書けるようにしておいてください。入試に出るので)

後悔のないよう頑張るのみです。

 

 

早稲田大学 国際教養学部 1年 永島純平

 

 

2019年 10月 20日 併願校の過去問を解こう

最近寒くなってきましたね。寒暖差に体が順応しないこの時期は毎回喉を痛めます。佐藤です。

受験生は体調管理の方も抜け目なく(笑)

今回のテーマは併願校の過去問を解こうです。最初に断っておきますが、僕は文系なので理系の生徒の方々は少し参考にならないかもしれません。

では早速本題に入りましょう。まずは文系国公立志望の生徒へのアドバイスです。なぜ併願校の過去問を今の時期から解く必要があるのかと考える人もいると思います。今からその質問に答えていきます。

まず、早い時期に問題を知ることと直前になって問題を知ること、どちらが良いですか?

この答えはもちろん早い方が良いですね。

自分も受験生の時は国公立の問題を解ければ私立の問題は解けると考えていました。なぜなら国公立の多くは記述型であるから。これは記述型の方が選択型よりも難しいという考えに基づいています。(ただこれは同じ問題をどちらで解くかという場合に限られます。)

実際は違います。例えば英語。国公立の問題は文章が難しいというより答案をまとめる所に難しさがあります。なので時間に押し潰されることはあまり無いと思います。一方で私立の問題は選択肢型なのでその分文章が難しい傾向にあります。また問題数が多いため時間との勝負であるとも言えます。

これらを一言でまとめると、国公立の問題は精読さが、私立の問題はスピードさが問われていると僕は考えます。

求められるものが異なるため対策が必要なことは明らかでしょう。

他の科目(国語、社会、数学)も国公立、私立で形式が違うため練習は必要と考えます。

以上をまとめると、まずは1度併願校の過去問をやってみることをオススメします。この時期に自分に足りないことが分かれば、それを克服することは不可能ではありません。

最後に念押ししておきますが、早ければ早いほどいいということですね。

次に私立文系の生徒に向けてです。校舎でも何人かの生徒は第1志望校(正しくは学部ですかね)以外の過去問を解いています。まぁ解く1番の理由としては国公立で述べたことと変わらないでしょう。それぞれの大学、学部に異なった問題傾向が見られるからです。

また異なった問題傾向を知れる一方で、似た問題の大学、学部を発見することができます。例えば、早稲田大学の文化構想学部と文学部の英語は似ているそうです。(永島純平担任助手情報)

私立文系の生徒は時間に余裕があると言ったら間違いですが、国公立の子よりは確実に時間があります。なので併願の対策も十分にして欲しいと考えています。

過去問を解くことは大変なことだと思いますが、11回本番のつもりで無駄のない演習をしましょう!

一橋大学商学部1佐藤大洋

2019年 10月 18日 二次過去問の復習の仕方

こんにちは!最近電磁気学にハマっている阿部です。

なぜ電磁気学にハマっているのかというと、高校では求められなかったような電場や電位を、大学では機械的な計算で求められてしまうからです!

これは大変素晴らしいことで、より多くの現象を数学で記述できるようになるので非常にためになります!

しかし、新しいことを学ぶ際にもやっぱり基本は大事で、大学の内容を理解するにはやはり高校の内容くらいは完璧にしないといけません。そのための受験勉強と考えれば、勉強する気持ちはすこし楽になるのではないでしょうか?

さて、本題の今回のテーマは2次試験の過去問の復習の仕方です!

10月に入ってから自分の志望校の過去問を解いている人も多いと思いますが、しっかり復習は出来ていますか?

「復習はしてるけど本当に理解できてるからわからない」とか「そもそも復習って何をやればいいの?」と感じている人に向けて、今回は僕が受験生の頃にしていた復習方法を伝えようかなと思います!

まず、簡単に2次試験とはどういうものなのでしょうか?

2次試験は大学の中でもトップである教授たちが何人も集まって、長い時間をかけて問題作成しています。なので、単に難しいだけではなくその難しさには必ず奥深い背景が潜んでいます。

また、教授たちも自分たちの大学にはこういう人が来て欲しい!という願望がありますから、そうした願望が問題の傾向として顕著に現れてきます!

そんな2次試験は、やはり曲者で今まで解いてきたであろうセンター試験とは段違いの難易度を誇ります。なので復習にはかなり時間がかかってしまいます。

そんな大変な復習を出来るだけ効率よく進めるために僕が使っていたのが、東進の過去問解説授業です!

普通なら赤本で過去問を解いて、解説を読んで、出来なかった問題を理解していくというのが一つの流れだと思いますが、先程も述べた通り問題が難しいだけに、なかなか解説を読んだだけでも理解出来ないことが多々あります。

しかし、解説授業では解説を読むのではなく、先生が実際に授業をしてくれるので理解がしやすいです!また、問題によってはその問題の背景を詳しく解説してくれたりするので、授業を聞いていて「あ、そういうことだったのか!」となることが僕はよくありました!先生によっては冒頭でも述べた大学の範囲にも軽く踏み入って講義をしてくれる先生もいるので普通に受けていても楽しいです笑

ただ、やはり授業なだけあって全て見ていると時間がかかってしまうのですが、そこは臨機応変に、過去問を解いて、出来た問題は解説を見る程度で終わらせたり、解説がよく分かんない問題や背景が気になる問題等を見るなどすれば時間は短縮することができます!そういうことが出来るのが映像授業のメリットですね!

例えば僕の場合、数学は出来る問題が多かったり、解説を読んで理解出来ることが比較的多かったため、数学の解説授業を見るのは控えめにしていました。物理は過去問の出来不出来に関わらず、先生が新しい知識(それこそ冒頭の大学の知識です笑)を提供してくれるので見ていました。

このように過去問解説授業は過去問を受けて、復習をする際には非常に役に立ちます!是非上手く活用して志望校合格を勝ち取りましょう!

東京工業大学工学院1年 阿部椋太郎

 

**************************************