ブログ | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ 

2020年 7月 4日 おすすめの先生紹介〜英語編〜

皆さまごきげんよう、かいさんです。

みんなはさ、受験するために東進入ってさ、勉強をしているわけだよね。

中には、勉強”させられている”と感じている人もいるはず。

そういうみんなはさ、もしかしたら、自由がない、自由が欲しい、

そんな気持ちを少なくとも一回くらいは抱いたりしたことがあるんじゃないかな、と思う。

それは至って単純明快な論理で、誰しもが考え得る。

じゃあ自由って何でしょうね。

みんなが自由だぁと感じる時とは。

今頭に浮かんだ人のほとんどは決して自由ではありません。

自由を受容したと感じる人のほとんどは奴隷と同義です。

自由を開拓すれば、自ずと自由がついてくる。それが自由です。

つまり自由を手にするプロセスに意識は内在し得ないということ。

ちなみに僕はとてつもなく不自由です。不自由な幸せを享受し始めています。

 

そういえば、今日は皆さんにもう一つ伝えることがありまして、それは、

おすすめの先生紹介です。

今日は英語編

宮崎尊先生です。

 

おすすめの講座を紹介してしまうと、皆さんの先入観を僕が形成してしまい、自発的な勉強の疎外になりかねないと僕は考えるので、先生の特徴をお話します。

 

英語を英語で解釈

一つ言っておきますが、英語が解けるならどんな解き方でも勉強方法でも、何も言いません。

しかしこれは僕がおすすめする回なので、僕流の英語習得方法に依拠して書きますね。

僕は、英語が喋れるようになるのが先でしたので、尊先生の、英語を日本語に介さず英語そのままで捉えていく手法がぴったりでした。

長文を読むときに、日本語にいちいち変えていたら時間が足りなくなりますから(足りる人は変える必要はありません)、英語そのままで認識したい人は尊先生の授業がおすすめです。

 

英語の自由性をもとに

 

英語というのは、日本語と同じく言語ですから、日々変化しています。

例えば、foolish。これあんま使いません。stupidとかbadとかが今では使われます。

みたいな感じです。日本でも、極論、「それな」とかそういった類の日本語は変化した今の日本語じゃないですか。

他には、英語というのは様々な言い方で同じ意味の事を伝えられます。しかし、日本では一通りでしかおよそ教わりません。

尊先生の授業では、その英語の自由性という特徴をしっかり教えてくれます。

なので特に、英作文の授業はおすすめします。

 

以上になりますかねぇ。

はい、ここまで読んだ人は、今日のブログ全体を通しての奇妙さとその面白さに気づく人もいるのではないでしょうか。

それではまた。

 

慶應義塾大学 総合政策学部 2年 福島 魁

************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!
************************************

お申込みはコチラ!

2020年 7月 3日 7月になりました!低学年のみんなへ

こんにちは!中山です。

毎月ご飯に行く同じ大学の人との予定が近づくと
 
あ、もう1ヶ月経つのか
 
と思わされます。
 
最近は雨ばかりで気持ちも下がりがちですが、そういう予定があるだけで日々の生活が少し軽くなる気がします。
 
 
もう、7月ですね。
 
今日は低学年の皆さんに向けてのブログになります。
 
6月模試の結果も出て、今はモチベーションが高い状態にある人が比較的多いのではないでしょうか??
 
私は、今から頑張るか頑張らないかが皆さんの今後を左右すると思います。
 
受験の結果が良かった時、思い浮かぶのは頑張った自分です。
 
あんなに頑張ってよかったとか、あの時我慢して頑張ったからだとか、自分が頑張っていた時間が1番に頭に浮かぶと思います。
 
 
でも結果が悪かった時、頑張っていた時間はたくさんあるかもしれないけれど、思い浮かぶのは怠惰していた自分です。
 
なんで低学年の時もっと勉強しなかったんだろう、あの時なんで途中で逃げたんだろう、そういう風に後悔ばかりが募ります。
 
特に低学年の頃を思い返すことが多い気がします。
 
 
低学年の皆さんは、受験勉強以外にもやりたいこともやらなくちゃいけないこともたくさんあると思います。
 
学校も始まってきて、部活も始まってきて、友達との時間だって大事にしたい。
 
とってもわかります。
 
でも、だからといって受験勉強をしなくていい理由にはなりません
 
全部頑張りましょう!
 
そのためには計画立てが大切です。
 
模試を踏まえ、自分自身の勉強について1度見つめ直してみましょう。
 
そして8月模試に向けての計画を立てましょう!!
 
ただやみくもにやりたい時にやる、では合格できるペースではないかもしれません。
 
と言うより、その可能性の方が高いですよね。
 
しっかりとゴールから逆算していきましょう!
 
みなさんが直近掲げる1番の目標は同日での点数です!!
 
しっかりとそこから逆算して予定立てしていきましょうね◎
 
 
具体的にこの時期の皆さんにやってほしいことは、英数国をしっかり固めること。
 
余裕があれば、理社を始めることです。
 
英語は特に単語・熟語・文法です。
 
高速基礎マスター三冠してますか??
 
8月模試までに今取り組んでるものは完全修得しましょう!!
 
三冠してるよって人は上級に取り組みましょうね。
 
数学は数Ⅲや数ⅡBの先取りをしながら、その前の部分の問題をたくさん解きましょう。
 
数学は問題を解いた分だけ、演習量の分だけ点数が上がる科目です。
 
ここまであんまり問題演習してこなかったなって人は、たくさん問題を解く夏にしましょう!
 
国語は、私は理系なので現代文とかはわかりませんが、古文は間違いなく古文単語です。
 
最終的に文系の人は細かいところまで古文単語を詰めていくと思うので、今から基礎はしっかり頭に入れておきましょう!
 
英数国がしっかりと夏に固まれば、それこそ理社に使える時間が増え、高3になった時に過去問演習に早く入ることができます。
 
まずは、8月模試で英数国でしっかり結果を残せるように頑張っていきましょう!!!
 
 
 
今年は夏休みが短くなったりと、だいぶ大変な夏になると思います。
 
だからこそ人によって差が出やすいです!!
 
困ったら担任助手に相談してください。
 
一緒に頑張っていきましょうね(^^)
 
 
日本大学理工学部 2年 中山小春
 
************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!
************************************

お申込みはコチラ!

 

 

 

 

 

2020年 7月 2日 もう7月

こんにちは、坂井です。

 

僕がこの担任助手というものを始めてから3ヶ月を過ぎようとしています。

月日が流れるのはとても早いですね。

恐ろしいです。

学校のオンライン授業にも慣れてきて

余計に時が過ぎるのが早く感じられます。

 

 

中高生の皆さんの中にも

少なからずこんなことを感じているひともいると思います。

 

 

ここで現れてくるのが

受験までの勉強時間が少しづつ減っていってるという

“危機感”

です。

 

こいつはとても厄介ですが、ありがたい存在でもあります。

 

 

 

 

僕は去年のこのころ

勉強よりも部活や部活に関することを考える時間のほうが多いような

「受験生」

というよりは

「部活生(受験生)」 でした。

 

 

そのため

刻一刻と受験までの時間が短くなってゆくのを人一倍実感していました。

それに

・模試での志望大学の判定はひどすぎる

・国語の点数もセンターレベルでさえ5,6割

・学校の成績もぼろぼろで指定校推薦なんて夢のまた夢

みたいな感じで

果たして大学に行けるのか??

とすら思うようになっていました。

そのため、僕は

“危機感まみれで勉強にも自信がない”

状態でした。

 

勉強なんか止めてなんにもしたくない!!

なんて思ったこともありました。

 

 

しかし、

これからの将来のことや現在の状況を冷静に考えて見つめ直してみたとき

 

こんな成績の自分にもほんの少しの可能性を信じて投資して

この塾に入れてくれた親の思い・お金を無駄にしてはいけない

という思いと

 

9月ごろまで部活をやって

現時点の学力で負けているやつよりも偏差値の高い大学に入ってやる

という思いを抱き

特に前者の気持ちが僕の勉強のスイッチを強く押しました。

 

 

 

ちょうどこの7月ごろも

部活があったため、普通の受験生よりも自分は特に

時間の使い方・勉強の質 を意識しました。

 

 

例としてあげると

・通学中の電車では単語帳しか見ない

・眠くなったら我慢せずに5分程度の仮眠を挟み、集中の質を決して落とさない

・どんなに疲れていても机には必ず向かう

などです。

 

このコロナ禍で

部活でめちゃくちゃ忙しくて勉強あんまできない~ていう人は

あまりいないと思いますが、

このご時世でも

忙しくて勉強時間の確保が難しいというひとがいたとしたら

今回の話は少しは役に立ったと思います。

もっと具体的な勉強法が知りたいなと思ったら

いつでも気軽にご相談ください!!

 

 

青山学院大学 経済学部経済学科 1年 坂井 孝綺

************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!
************************************

お申込みはコチラ!

 

 

 

 

 

2020年 7月 1日 もう夏がやってくる🏄‍♀️

皆さまごきげんよう、かいさんです。

ちょっと、今、かいさんは、大きな岐路に立っています。

自分の研究についてです。好きなことを追究する価値の創造も悪くないです。

それゆえ、選択の重荷を自ら付与してしまう。これはまぁよく陥ることですね。

 

皆さんもそんな時ありますか?

ないか。

まぁでも皆さん、今まで生きてきて、

選択する

瞬間は何度もあったと思います。

人生は選択です。取って、同時に捨てる、それが生きるということ。

 

皆さんは、受験をする、という選択をしたわけです。もっと言えば、東進に通うという選択。通おうかな、と思ってHPを見るという選択。

 

でも、それって同時に他の選択肢を自分の手で消す、という選択をしています。

勉強している時間で、もしかしたら歌手になれたかもしれない、ダンサーになれたかもしれない、ピアニストになれたかもしれない、起業とかもできたかもしれない、YouTuberとして現役高校生の“morning routine”がバズっていたかもしれない。

 

そんな豊かで素敵な選択肢を捨ててまで受験をしようとしているわけですよね皆さんは。

いやいや、そこまで考えてやっていないよ。何となく大学行くのが普通じゃね?的な感じで。

的な感じな人が多いんじゃないかな。

でも、選択するということはその選択に責任が付随します。

つまり意図のない受験は、やる意味がないということです。加えてそれは自分自身にのしかかっていた責任から逃れ、自分を裏切る行動であることをよく覚えておいてください。

 

僕はしっかり自分と向き合って、自分のため、あるいはそれをもとに誰かのために受験というチョイスをする、そんな皆さんを全力でこれからも応援しようと思います。

 

受験生の皆さんは、もう7月ですね。

これから受験生になるための準備をしている皆さんは、今の夏を頑張っておいたほうがいいですよ。

では。

 

慶應義塾大学 総合政策学部 2年 福島 魁

************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!
************************************

お申込みはコチラ!

2020年 6月 30日 やる気を出す方法 木村ver.

こんにちは!木村です。午前中に髪を切りに行きました。オンライン授業の合間に緑道をゆっくり音楽を聴きながら歩いて美容院に…。きもちいいい〜

ちょうど去年の今頃は部活を引退して、受験勉強にむけた心機一転!ってことでショートカットにしました。あれからもう1年…!はやすぎる…

 

さて、今日のテーマは常峰・西村とつづきまして、

やる気の出し方について

みなさん久しぶりに学校に行き、かなり疲れていますよね?放課後、勉強しなきゃいけないのは分かっていても、やっぱりどうしてもやる気がでない…。

私も、高校3年間でかなり自分との戦いに苦しんできました。ただ、貴重な勉強時間を有意義に使うためにたっくさんなんとか勉強するための方法を試していました。今日は私の試したものの、特によかったもの3つを順位づけて紹介します!

1位ガムをかむ

これは本当に効果を感じました!口を動かすことで脳が活性化されます!ガムを口に入れ、ペンを持ちはじめ、気付いたら勉強モード入ってる〜てなってました!勉強のし始めだけではなく、実際に暗記物がいつもより頭に入っている感覚があったり、受講が早く終わったりと集中力が持続しました!

 

2位散歩をする

高3の秋は、なんだか良い結果が出ないし、そもそも勉強に対してやる気がでなくなってしまって苦しい時期でした。その日解いた過去問の結果が悪くて「もう今から何もやりたくないよ〜」て時にはよく、東進を出て、元気がでるような曲を聴いて歩き回っていました。曲の歌詞に励まされて「やるしかない!」と意気込んでまた東進に戻っていました。15分程度の疲れない散歩がちょうどいいです!ただ、夏の暑い中の散歩はお勧めしません…疲れます…。

 

3位前日の夜にやることリストを作っておく

部活で疲れている放課後や昼食後の眠気に襲われている時の「このまま寝るか、勉強するか」の葛藤。これ苦しいですよね…。そんな時、「今は勉強しろ!やらなきゃいけないことがあるぞ!」と教えてくれるのは、自分でたてたスケジュールでした。前日の夜に、小さいメモに明日やることを考えて書いておく。次の日、できたものから線をバッと引いて消していき、だんだん増えていく線が気持ち良かったです。やる気が起きない時にこのメモを見て「まだやることがあるじゃん、やらなきゃ」と、昨日の自分を裏切らないよう、がんばれました!

以上が特に私がおすすめするやる気の出し方です。すぐに実践できることばかりだと思います!私も今から、課題をガムをかみながらやります〜

 

上智大学 総合人間科学部1年 木村若葉

 

************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!
************************************

お申込みはコチラ!