《他己紹介〜福島編〜》 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2019年 9月 14日 《他己紹介〜福島編〜》

 

こんにちは!永島純平です

僕は今ベトナムにいます。南部の都市、ホーチミンから北に向かって鉄道でガタンゴトン揺れています。ベトナムはいわゆる発展途上国で、経済の発展が著しい国です。世界史の勉強をしている方は知っていると思いますが、20世紀後半にベトナム戦争というものがありました。資本主義であるアメリカ軍と、ソ連がバックについている社会主義国家ベトナムとの戦争です。皆さんご存知の通り、この戦争ではアメリカ軍の猛攻により多くのベトナム人兵が死亡しました。そのため、今のベトナムでは高齢の方が少なく、若者の数が多いという日本と逆の構造が出来ています。経済が発展していくのも頷けますな。ここは今、かつての高度経済成長期のような状態です。これから、いわゆる先進国と言われる日本のような国が少しずつ落ちていき、東南アジアを中心とした発展途上国が経済の中心となっていく、みたいな話はよく聞くと思うんですけど、自分の目でそのような国を今のうちに見ておくことはとても大切なことだと思います!ぜひ受験が終わったら東南アジアに足を運んでみてください
 
さて、本題に戻りましょう。
 
今日のブログは《他己紹介〜福島編〜》です!
「かいさん」の名称で親しまれている福島かい担任助手の魅力を、語っていきます!彼とは高2のGMで一緒になって以来の友達で、日々いろいろ学ばせてもらってます。約2年間の付き合いの中で、僕がみなさんに伝えたいかいくんの魅力ベスト3です!
 
①自信を持っている
これは簡単そうに見えて、とても凄いことですね。僕は友達や受験生を見てると「根拠のない自信のなさ」が少し多いように思います(自分も例外ではないんですけどね)。「どうしてかは分からないけど、なんとなく自分に自信がない」というのはあまり得策ではありません。己を過小評価してしまうからです。ところが、自己分析できる人間は自分を過小評価することがなくなります。そういった意味で、かいさんは自己分析がしっかりできているのだと思います。時には根拠のない自信で動いていることもあるかもしれませんけど、あの自身の持ちようには僕も見習わなければと思います
 
②思慮深い
とても思慮深いです。普段話している中でも、「そんなこと考えながら話してたの!?」って思うことがしょっちゅうあります。(笑) 僕なんかは、割とぼけーとしながら話すことが多いんですけど、思考回路が複雑すぎて疲れてしまいそうです。おそらく受験生の時も、惰性で勉強するのではなくいかに効率よく勉強をするのかを心がけていたように思えます。思考停止してひたすら作業をするのではなく、常に考えながら行動する姿勢は見習わなければですね。
 
③夢が大きい
やはりなんだかんだいってもこれが一番大きいと思います。夢というのは、将来的な話だけではなく、日々の目標とかも含めて常に目指しているものがあります。そして、それを他人に感化させる力があります(僕は感化させられました)。大きな夢を持ち、それに向かって周りを巻き込んで取り組んでいくのは大変なことです。ちなみに、かいさんは本田圭佑をめちゃくちゃリスペクトしてるんですけど、こうゆうところからも「本田圭佑感」を感じます。(笑)
 
以上、僕が思うかいさんの魅力ベスト3でした!
本当に見習わなければならないところばかりですね(笑)。もちろん、勉強面でも参考になることが多いと思うので、今までかいさんも話したことがない人も話しかけてみてください!笑顔で答えてくれると思いますよ^ ^
 
早稲田大学国際教養学部 1年 永島純平
 
 

**************************************