【センタープレ模試】 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2019年 7月 7日 【センタープレ模試】

お久しぶりです、山田です。

7月なのに、寒いし雨降るしで気分が下がりがちな今日この頃。
絶賛テスト期間中でさらにまた気分が急降下しております。安定のレポート祭り、私に夜は来なさそうです。

でも、そんな大変な時でも、みんなの顔を見ると、「がんばろう…!」と思えるんです。
頑張るみんなが、わたしの頑張る源なのです。いつもありがとう( ; ; )(唐突)

 

そんなみんなの頑張りを感じた最近のイベントと言えば、、、センタープレ模試です。

センタープレ模試とは、センター南駅前校オリジナルの模試。
6月模試と、志望校Aライン突破が目標の8月模試の間に一回途中結果を知ろう、という機会。

みなさん、ちゃんとプレ模試は受けましたか?
もちろん、ちゃんと会自体に参加して、多くの人が集まっている中で問題を解くというその雰囲気を味わうことにも意味があります。

しかし、プレ模試を受ける意味はそこだけではありません。

6月からの一ヶ月の成果を振り返り、そこからまた大きな壁である8月模試Aラインに向けて勉強方針を再検討できるとても大事な機会なのです。

6月模試からちょうど一ヶ月が経ちました。この一ヶ月を振り返ってみて、いかがでしょうか。100%やりきったと、自信を持っていうことが出来るでしょうか?

この先も6月から今までの一ヶ月と同じように何も変えずに勉強していては、きっとまた一ヶ月経ってもそこまでの成長は期待できないでしょう。

 

だからこそ、このタイミングで勉強法の見直し・改善をする意味があるのです。
受けていない人、問題だけでも用意受付で声をかけてもらえれば渡すことが出来ます。

 

点数として結果に見えるのは、怖いことかもしれない。先延ばしにしたいかもしれない。
でも、ここで自分の実力を目に見える形で実感し、何かしら考える機会になることは間違いないです。この機会を無駄にしてはもったいない。

必ずチャレンジしてください!!

 

そして、当日参加してくれた子たちへ。

ランキングに載った人たち、

コツコツ頑張っている姿をずっと見てきた子たちが6月模試からまた成長し、結果でその努力を示してくれたこと、すごくすごく嬉しかったです。本当にかっこいい。尊敬します。

 

ただ、その一方で現実を突きつけます。

模試のランキングを見て気付いている人も多いかもしれませんが、ランキングに載っている人の点数層がそれほど高いとは言い難いです
私たちの代では、180を超えても10位以上のランキングに載れないことだってありました。

言いたいこととしては、「ここで決して満足して欲しくない」ということです。

受験は全国レベルの戦いです。満足のハードルを自分で上へ上へと自分であげていかないと勝てません。上には上がいるものなのです。

 

よかった部分・頑張って成果に繋がった部分は自分を褒めつつ、

足りないところはどこだろう?あと数点伸ばすためにはどうしたらいいのか?」とさらに貪欲になってみてください。

そうすれば、きっと8月にもっと嬉しい結果が見れると思います。
みんなの努力が報われてほしい。全力で応援しています!!

 

そして、最後にお知らせ。
7月17日(水)19時30分から、自習室にて『過去問演習会』を行います。

これは毎年夏前・夏明けにセンター南駅前校で行われている二次試験の演習会です。

の演習会では、MARCHレベルの問題を扱います。
夏に自分の志望校の過去問10年分と言われていますが、その前にほとんどセンター試験しか解いたことがないみなさんに二次試験のレベルを味わってほしいのです。
そこから感じ取ったことは、きっと夏休みの勉強内容・モチベーションに大きく影響を与えるはず。

 

そして、夏明けの過去問演習会では毎年早慶レベルの演習をしているわけですが。

セン南校の言い伝えとして、「夏の過去問演習会で5本の指に入った者は、早慶上智以上に必ず合格する」というジンクスがあります!

実際、私たちの代も結果的にそのジンクスは実現しました(笑)

 

まあ、もちろんランキングに入っていなくても早慶上智レベルに合格する人だっているのでその結果だけに左右されすぎて欲しくはないのですが。

私を含め、「この演習会で絶対に5本の指に入ってやる!!」という思いで夏の勉強に取り組んでいた担任助手は多いです

ぜひ、今から意識して勉強してみてくださいね!

 

セン南の5本の指に入るものは、受験を制す。

慶應義塾大学総合政策学部2年 山田都葉

**************************************

↓↓各種お申込みはコチラ↓↓