【一般生】センター同日の復習どうする? | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2019年 1月 22日 【一般生】センター同日の復習どうする?

どうも、こんにちは。

大学生、実際は一年の半分くらい学校行ってない。

 

改めまして、こんにちは。

担任助手2年の下林耕大です。

この前ふと思い立って、夏休み、冬休み、春休み+土日の日数を調べてみました。

そうしたらですね、なんと1年のうち授業があるのはたった160日だけ。

半期で16週授業があるので、それが月から金で5倍(土曜日に授業のある大学もあるけど、横国は無いので)、かつそれを一年で二回繰り返すので2倍。

つまり、16*5*2=160日。

これを一年のうちの割合[%]で計算すると、

(160/365)*100≒44%。

大学生、意外と時間ある説。

大学以外でも色々な事が出来そうですね。

 

さて、そんな風に時間のある大学生活。

大学生になるには、一般的には試験に合格する事が必要です。

その試験の中でも最も有名なのが、「センター試験」です。

それを「同じ日」に「同じ問題」を解く模試が、先日開催されました。

受けられた方も多いのでは。

自分で解いたり東進でないところで受けた方もいらっしゃるでしょう。

でも、総じて言える事があります。

それは、「復習ってどうしている?」という事です。

模試は、成績を見て一喜一憂して終わり、ではありません。

自分の現在の学力レベル、志望校との距離、どの分野がどのくらいの出来なのか・・・

等、自らを客観的に知る事が出来る数少ない貴重な機会です。

だからこそ、復習を絶対にしてほしい。

でもですね、この模試、普段の模試と違って、解説ができていませんよね。

当たり前です。

だって、午前中とか昼間にセンター試験の本番が開催されて、それを半日も経たずに解説って・・・

どんな有名な先生でも厳しい話です。

解説なんかが一般に出回るのは、結構先になると思われます。

 

ここで、朗報です。

東進ハイスクールでは、今度の1月25日の金曜日に青葉台校で、1月29日の火曜日に自由が丘校でセンター試験の英語の生解説授業を行います。

それも、センター同日模試を受けた方なら、誰でも参加可能です。

東進以外で模試を受けた方でも大丈夫!

しかも、参加費は無料です!

授業を行うのは、あの有名英語教師の、西きょうじ先生です。

これのすごいところ、これだけじゃないんです。

先程、解説が世に出回るのは結構先でしょ・・・って言いましたが、この授業にきた方には!

なんと!もれなく!

英語、国語、数学の主要3科目の解説冊子をプレゼントします!

いや、これ本当にすごい事だと思います。

ぜひ参加して、受験勉強に弾みをつけてください!

お申し込み、詳細などはお気軽にお電話、または直接校舎にいらして下さい( ^∀^)

お待ちしております!

 

横浜国立大学 理工学部 2年 下林耕大

**************************************

まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!
**************************************

↓↓特別公開授業についてはコチラ↓↓

↓↓その他各種お申込みはコチラ↓↓