この時期の勉強何してた?〜阿部ver〜 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2019年 6月 15日 この時期の勉強何してた?〜阿部ver〜

こんにちわ、阿部です。

最近期末テストが終わり安心とソワソワな気持ちが両立しています。期末って早すぎん?って思いますよね。そう、僕の大学は四学期制なので、もう期末なんです。授業も全部変わってしまうので環境激変ですね、大変ですわ泣

ところでみなさん、全国統一テストお疲れ様でした!色々な結果だった人がいると思いますがここでは1年前の僕がどのように勉強をしていたのかを伝えたいと思います。(理系よりになっちゃうかも笑)

僕は去年の4月模試で良い科目と悪い科目が明確だったので、6月模試ではその悪い科目を上げようとしようとしてました。その悪い科目というのが物理化学です。

特に化学は受講を取っていなかった事もあり、4月模試後はチンプンカンプンな状態でした笑 そこで自分なりに考えた結果、今の自分に必要なのは土台である理論化学であると考え、全統までの2ヶ月はひたすら理論化学をやってました。言い方を変えてしまえば無機と有機を捨てたのです。

物理も結構同様にやってたんですね。まだ未修の電磁気、原子分野を捨て、やった分野が取れるように勉強をしていました。化学との違いは受講の有無です。

え、そんな捨ててええんか?って思う人もいると思いますが、僕はこれで大丈夫だと確信を持っていました。何故なら、全統の後には夏休みがあったからです。そこでは十分時間があり、残りの分野を完成される計画を予め立てていました。

具体的に何をやっていたか気になる人もいると思うので教えましょう笑

化学は基礎問題精講という問題集の理論だけを2〜3周、物理は受講の復習とテキスト、数学は受講とテキスト、英語は単語帳の鉄壁だけです。

問題を解くときは、予め、解く問題の分野のまとめのページを見てから解きました。そうすることで、自分の理解力を確認できるのと同時に弱い部分を明確にすることが出来ました。無知の状態で解いても分からないものは分からないので先に知識を頭に入れるのはおススメです笑

あと知識問題はすぐに答えを見ていました。これも知らないものは知らないからです笑でも考える問題はじっくりと考えていました。

大問別はあまりやってなかったんですね。理由は簡単で先に受講を終わらせたかったからです笑

こうした勉強をした結果、理科に関してはやった分野はほぼ取れるように、数学は同じくらいの点数を取れました。英語は4月がめちゃ良かったおかげで一切勉強しなかったら圧倒的に落ちました。これに関してはかなりの反省ものでしたね笑

以上がこの時期にやっていた勉強です。結構独特な部分があるとは思いますが、これはあくまでも参照軸にしか過ぎません。大事なのは自分なりの勉強法を考えることだと思います。例えば僕は、各分野の理解を深めて全体をまとめていきました。でも逆に、全体を満遍なくやり、それを何度も何度もやり理解を深めるというやり方もあると思います。自分はどっちが向いているのか、そういう事を自分で考えていく。そういう過程こそが自身を大きく成長させられる機会だと思います。

まあ、いきなり自分で考えろは難しいかもなので、そういったときは周りの優秀な友達や担任助手にヘルプを求めてみて下さい。きっと何かいい助言が貰えるはずです。

そうした助言を自分なりに再度考えて自分なりの勉強を構築していく事が次回の模試で点を上げる近道だと僕は思います。

8月模試という大事な模試でしっかり点数を上げれるように貪欲に勉強していきましょう!

東京工業大学工学院1年 阿部椋太郎

**************************************
まだ東進に通っていないキミ!

東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!

大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。

みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。

お申し込みは下のバナーをクリック!
**************************************

↓↓各種お申込みはコチラ↓↓