センターまで残り100日を切りました。 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2019年 10月 12日 センターまで残り100日を切りました。

さあみなさん、センター100日前を切りましたよ。

 

どうもこんにちは、台風の影響が心配で夜しか寝れません、西岡です。

ネットでいろいろな情報が飛び交っていますが、本当に今回の台風の影響は予測できないものになりそうで怖いですね。私事ではありますが、今週末に予定されていた部活の大会が延期になってしまいました。東工大でも工大祭と呼ばれる文化祭が行われる予定でしたが、中止になってしまったそうです。準備をしていた方々は肩を落としていましたが、それだけ大きな台風ということですよね。大変な事故などが起こらないことを祈るばかりです。

 

さて、今日はその台風の影響で全国の東進ハイスクールが閉館になったのですが、受験生のみなさん、勉強の進捗に台風の影響は及んでいませんでしょうか。

いつも校舎で勉強をしている子たちにとってはいつもと違うところで勉強をするわけですから、なんだか集中できないなぁと思っている人もいるかもしれませんが、そうも言っていられない時期になってきました。

そうです、センター試験まで気づけば100日を切っているのです。

みなさん、現状はどうでしょうか。あと100日で必ずAラインを越えられるという自信はありますでしょうか。志望校に合格するためには100日で必ずセンター試験のAラインは越えなければなりません。そうでなければ国公立志望の子はマイナスからのスタートになってしまうことも考えられるからです。私立志望の子もセンターレベルの知識でAラインがとれなくて合格が取れるのでしょうか。

 

 

今みなさんは何をするべきなのでしょうか。

勉強は勉強でもどのような勉強をするべきなのでしょうか。

まずみなさんがやるべきことは過去問演習です。

センター・二次問わず、今の時期は過去問を解きまくる時期です。どうしてでしょうか。

それはゴールから逆算して勉強していくことが成績の伸び率を最大にする一つの手段だからです。

どの分野が多く出題されているのか、自分に合う傾向なのか。これらのことを今わかっていることはこれからの勉強の質を格段に上げます。苦手でもあまり出題されない分野と特異で出題される傾向がある分野、どちらを優先すべきか明確ですが、それを判断するためには自分で過去問を解くしかないのです。

そのあとは分析して得たデータを基に勉強を進めましょう。

問題集を回す、過去問の二周目を行うなどなどどれに進むのがいいかは過去問演習をしてみてどれくらいできたかを考えて決めるといいでしょう。

 

さて、みなさんはいつまでに10年分解ききりますか?

センター南駅前校の目標は10月中に解ききることです。間に合わなくても悲観的にならないでください。その分、一回一回の質をあげましょう。最終的に同じくらいの成長を遂げて受験本番に臨めればいいのですから。ぜひスケジュールをたててみてください。

 

 

残り100日。

国公立の子は6科目でしょうか。一科目15日程度しかかけられません。

私立の子で3教科受験の子も1教科30日程度。

しかもこれらの計算は寝ず、食べずすべての時間を勉強に費やした場合の計算です。つまり実際にはこの日数よりも少ない時間で勉強をしなければいけないのです。

迷っている時間はありません。成績が伸びないと悩んでいる時間もありません。

成績が伸びないのではなく、成績が伸びるまでの量をまだこなせていないのではないでしょうか。

私は成績が伸びないと相談した覚えがありません。自分は成績を伸ばすことができると信じていたし、伸びるまでその勉強法を辞めなかったからだと思います。

 

ここまできたら周りの意見は正直あてになりません。その人それぞれの特性に合わせて勉強しているし、その人はその人の時代の受験しか経験していないからです。

あなたの本当の力はあなた自身が一番知っているはずです。自分を信じて勉強を進めてみませんか。

 

東京工業大学 生命理工学院 二年 西岡柚香

 

 

**************************************